EISREGEN







"Todestage"




ドイツ出身のアヴァンギャルドゴシック/ブラック/ペイガンメタルバンドによる10thアルバム。


IN EXTREMODIE APOKALYPTISCHEN REITER等と同格に扱われるドイツ産の
変態メタルバンド
で、キャリアが長く結構な枚数のアルバムをリリースしており
本作は10作目のフルアルバム
らしく、音楽的には基本的には軽い音質ゴシックメタル
ブラックメタルのようなダークさを内包しつつシアトリカルな側面も見せ付けたり
ペイガン、フォークメタル的なノリも放ったりと実に怪しく胡散臭くも大仰な
曲展開を見せているな・・・!


1曲目はストリングスシンセ怪しさ満点の語りが顔を出しシアトリカルな
ムードを醸し出すイントロ
に続きバンドサウンドも登場、ヴァイオリンや
ピアノ
の音色を交えゴシックメタル風のメランコリックさを演出するも、
そこに乗るヴォーカルが前述の胡散臭さ満点の語り風で、ブラックメタル的な
しわがれ声
強烈な如何わしさを見せつけさらにブラストビートで爆走する
パート
も聴けるぞ!2曲目は胡散臭くも淡々としたリズムノイジーさのある
ギターリフ
も登場、ペイガン系のフォークメタルに接近した雰囲気を放ち始め
ヴァイオリンダミ声ヴォーカルも聴けるのう・・・!途中でこれまたブラストも
顔を出すぞ。
3曲目はスローテンポ淡々としつつもこれまたペイガン風味を
感じさせる曲調
で、やはり途中でブラストビートが放り込まれ中盤以降では
珍しくギターソロも顔を出すぞ。
4曲目はブラックメタル色濃いノイジーなトレモロリフ、
ブラスト
で幕を開け爆走、音の軽さもそんな感じでこの曲は終始疾走しているのう・・・!
5曲目はスローテンポペイガン、フォークメタル的な雄大さを感じさせストリングス系の
シンセ
も顔を出し、後半では怪しげな母国語クリーンVoも聴けるぞ。6曲目は暗く淡々とした空気を放ち
ピアノと共にベースが目立ちつつ呟くような胡散臭いヴォーカルも登場、この曲はどこか
ニューウェイヴ、ポジパン的な印象もあるか!?中盤は20世紀FOXのBGMをバックに
音外しまくりのド下手リコーダーが乗り変態要素を強烈に発散しておる!(爆)7曲目はイントロから
早速のトレモロ、ブラストで爆走するブラックメタルとなるぞ!8曲目はピアノが淡々とした
暗さを放つスローテンポのゴシックメタルで、9曲目は怪しさ満点のピコピコした
チープなシンセ
が目立つダークかつ軽快なノリのミドルチューンで、メランコリックゴシック
色合いもあるがやけに怪しくもノリの良さがあるな・・・!10曲目はチェロの音色クリーンギター
暗くもの悲しいムードを放つ叙情的なゴシックメタルで、11曲目もダーティーな
スローチューン
だがこっちは如何わしいムードが感じられ、その後はブラストで爆走する
ブラックメタルと化すぞ!
全体的に見るとペイガンメタル系の曲調だな。12曲目は穏やかさのある
ピアノ
が印象的な牧歌的スローチューンだが、ヴォーカルが怪しさ満点のダミ声なんで
結局は変態色濃い胡散臭い曲調じゃのう・・・!(爆)後半は淡々とした怪しげな語り
シンセオーケストレーションが聴けるぞ。


変態系メタルではあるが基本はブラックメタルペイガンメタルで、そこに一部フォーキッシュな
要素
ゴシックメタル的な面を導入した感じになっており、音は軽く演奏もそこまで上手いと
言う訳では無くプログレッシヴな面も薄く、
特にカオティックでも前衛的でも無いんだが
とりあえずブラックメタルゴシックメタル、ペイガンメタル全部纏めて
聴こう
と考えるのであれば本作が丁度良い1枚だろう(爆)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 75% お気に入り曲 Waldgott  Hollenfahrt  Familienbande: Vater Tod & Mutter Nacht







もどる


inserted by FC2 system