EDEN LOST







"Breaking the silence"




スペイン出身のメロディアスハードロックバンドの2ndアルバム。


何と直々にうちにメールをくれたスペイン産のバンドで、過去に1枚アルバムを
リリースした
オムニバスコンピレーションアルバムに楽曲を提供しており
活動暦はなかなかに長いようだ・・・!音楽的には奇をてらう事の無い王道を行く
メロハー
スペインらしい土着性は無く普通にワールドワイドで活動出来そう
洗練されたムードがあり高品質ではあるがスパニッシュメタルらしい垢抜けない
濃厚なクサさは無く
ある意味物足りなさもあるかも知れぬ・・・!歌詞も
英語詩巻き舌は皆無、声質も暑苦しさとは無縁の甘みを持っておるのう・・・!

1曲目は意外とモダン寄りのリフが顔を出すがその後のリードギター実に
キャッチーでさわやかな印象
がありヴォーカルも線は細めだが甘いトーンを
携えた声質
メロハーにマッチしておるのう・・・!ギターソロもメロディアスで
良いな。
2曲目は淡々としつつもロック的なムードを放つギターが聴ける
ミドル曲。ちょいと大人しめだがマイルドな味わいがあり昔懐かし80年代
産業ロック然
とした感じである!3曲目はシンセを交えつつキャッチーで叙情的な
ギター
が聴けリフ、リズムは軽快なノリの良さを見せるアップテンポ曲だ。サビもいかにも
80年代アメリカンメロハー
で実にキャッチーじゃのう・・・!ギターソロも
メロディアスさ
があるぞ。4曲目はオルガンの音色がバックで漂いつつリフは少々
モダン寄り
だがゴリゴリではないミドル曲。ベースも目立っておりロックンロール的な
空気
も漂っているがヴォーカルが甘いメロハー然としたムードを放っておりあくまでも
根底にあるのはキャッチーなメロディアスハードである!5曲はこれまた憂いを湛えた
リードギター
甘みを帯びた哀愁を放ちアダルトさも漂うメロウなスロー曲。
サビがまた80年代メロハーのバラード的で良いのう・・・!6曲目はハードさのあるリフが聴け
ギターソロも早速飛び出すワイルドさを醸し出すミドル曲。サビがまたキャッチーである!
7曲目はシリアスなムードで幕を開けメロディアスなギターソロも早速飛び出すがやはり
基本は哀愁漂うキャッチーなミドル曲だな。8曲目はアダルトな空気漂う大人の
バラード
と呼べそうなスロー曲。9曲目は爽やかさのあるリードギター
幕を開けバックでオルガンも顔を出しリズムは淡々としているがリフはなかなか細かいな。
ギターソロはメロディアスかつ速弾きも見せており構築美を感じさせるぞ。10曲目はちょいと
ダークなムード漂う曲でリフがなかなかにワイルドだがこういう曲調だと音質が軽めに
感じられる
のう・・・!ヴォーカルはやはりキャッチーだな。11曲目は早速のギターソロ
幕を開け勢いを見せるもその後は落ち着いてしまう明るめのメロハーチューン。サビがまた
いかにも80年代産業ロックである!ギターソロもドラマティック聴き所じゃのう・・・!
12曲目はアダルトな穏やかさを見せるポップスにも近いマイルドなバラード。


上記したよう王道中の王道を貫くメロディアスハード、80年代アメリカン産業ロック
要素を踏襲しており新鮮味は無くスペイン臭さも無い洗練度は相当なもので、これといった
キラーチューンは無いが80年代メロハーが好きなら気に入るであろう高品質バンドである!
エクストリームメタルメロスピ、クサメタルを好む層には物足りないかも
知れんが80年代に青春を過ごしたオッサンメタラーなら食いつくであろうな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 Starting again  Breaking the silence  Sun keep shinning







もどる


inserted by FC2 system