Dragon Guardian







"DRAGONVARIUS"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの3rdにしてメジャーデビューアルバム。


ついに・・・ついにこの日が来たかッ!彼らの、Dragon Guardianの
レビューを書く日がッ!!(爆)
うちのサイトを常日頃から
拝見して下さっているダイハードなメタラーにとってはお馴染みの
存在、そう、インディーズでリリースされた2作のアルバムにおいて
この!俺が!!悶絶メタルがッ!!!恐れ多くも
ライナーノーツ執筆の大役を仰せつかった初のミュージシャン・・・
Dragon Guardianメジャーデビューアルバム
今ここにドロップしたッ!!そんなわけでBURRN!形式というわけではないが
ライナーを書いた身としてはこれまでレビューはあえて
避けて来た
わけだがここに来てメジャーという事でメロスピゴッド、
キャプテン和田氏
がライナーを書くことになりお役御免となったため
ようやくのレビューと相成ったわけである!もちろん自腹で、
ディスクユニオンフライング購入したぞ!(爆)
そのためライヴ音源が収録されたCD-Rが特典で
付いてきたのでそれについてもあとで語ろう。

今回のヴォーカルは前々からアナウンスがあったが
LIGHT BRINGER、Unlucky MorpheusのFuki嬢で
アニソン的なキャッチーさを持ちつつも凄まじい声量
披露するかなりの実力派だ!バックのメンバーも2ndで参加した
強者
が揃っておりプロダクションも流石にメジャーだけに
過去2作よりもさらに良くなっておりドラムは打ち込みのようだが
バンドサウンドの説得力が段違いである!
オーケストレーションは前面に押し出されているのではなくバックで
バランスよく鳴り響きここぞと言うところで曲を
盛り上げそしてクワイア系の大仰なコーラスも登場し
シンフォニックであることをガッツリと主張しつつも
メタルの切れ味が損なわれることは無い!1stの頃から
いろんな意味でお世話になっているがまさか
こんな短期間でここまで高いレベルに到達するとは
思ってもみんかったわい!

チェンバロが華麗に煌きストリングス、雷鳴が期待感を
煽りまくる
イントロに続く2曲目はもう早速の疾走しまくり
メロスピ
である!ライヴでもプレイされた曲で打ち込みっぽいと
思ったが実は重ね録りされた生クワイア系
男コーラス
も顔を出しリフワークも非常にキレのあるプレイ
見せているな!中盤ではお馴染みのクッサイ語りも登場だ!
前作ほどの濃厚さは無くなっている(笑)。そしてストリングスと
チェンバロが絡み合う様式美的な超クサクサパートに突入し
ベースも唸り再び疾走!3曲目はマーチングドラムと笛、語りで
始まり大仰なホーン系シンセがクサいメロディーを奏で
ヴォーカルも勇壮なメロディーラインを堂々と歌い上げる!
クワイア系のコーラスが聴けるサビも非常に熱くたまらんわい!
キャッチーでポジティヴな飛翔系の明るいメロスピの美味しい部分が
詰まりまくっているな!クサい!クサすぎるぞ!!ヴォーカルも
滅茶苦茶上手いので曲の良さがさらに引き立っているッ!途中の台詞も
パじゃない(若者用語)のう!4曲目はアコーディオン
聴ける非メタル的なアレンジが施された曲。小洒落たジャジーな
フィーリング
がコンセプトのようだがやはりクサいメロが満点で
どちらかといったらタンゴとかそういった方面の雰囲気である。
だが途中でキレのあるリフが切り込み疾走開始!結局メロスピに
なってしまう美味しい曲だな(笑)。
そして再びジャジーになり
語りも登場、こういう曲はサンホラもよくやるのでその影響が
あるのかも知れんのう。5曲目はドラムが暴れ倒すこれまた
大仰なイントロで始まり笛の音がクサいメロを奏で疾走するも
キラキラシンセを纏いテンポチェンジも頻繁に行われる複雑な
楽曲
である!だが勿論クサさが減退することは無い!大仰で重厚なクワイアも
実に熱くそしてクサい!そして台詞とともに今度は変拍子
交じりのモッシュパート
に突入!オラ回し蹴りだッ!(爆)
そしてチェンバロとオルガンが優雅でクラシカルなフレーズを
披露しストリングス、笛も恐ろしくクサいメロディーを聴かせるぞ!
そして再び大仰なクワイアが登場しシンフォメタルの
矜持をこれでもかというほど感じさせてくれるのう・・・!
タイトルチューンの6曲目は12分くらいある大作
メランコリックなピアノにて幕を開けバラード系の雰囲気を
感じさせるエモーショナルなアレンジが施されるも1分過ぎ辺りで
大仰になりそしてオーケストラと共にやはり疾走!安っぽい
オーケストラヒットではなく迫力あるサウンドを展開しているな。
ベースもかなり目立っているぞ!語りパートではオーケストラが
前面に押し出され非常に大仰だがRHAPSODY OF FIREのような
男臭いマイティ路線ではなくジャパニーズお姉ちゃん
ファンタジー
特有のしなやかな華麗さ、流麗さが基調と
なっている。そして攻撃的なバンドサウンドと一体化し緊迫感漂う
ムードに突入!だがその後はハープの音色でメランコリックな
叙情性が演出される。やはりヴォーカルが上手いのう!後半は
再び疾走しキャッチーで明るいポジティヴなシンフォメロスピ
なるぞ!そしてストリングスが聴けベースが目立つ語りパートで
幕を下ろす。7曲目は一転しメロデス、メタルコアのリフが登場!
だがストリングスオーケストラの壮麗さは変わらずデス声も無く
アップテンポでDragon Guardianらしいポジティヴ系シンフォ
メロスピ
だな。中盤ゴリゴリしたリフがメタルコアの重みを放ち
セリフパートはモッシュパートも兼ねる!オラ手足振り回せいッ!
テコンドーだ!(爆)
その後は再び壮麗ポジティヴサウンドとなるぞ。
ラストはストリングスと語り、クッサイセリフも聴ける(笑)。
8曲目はアルバムの終焉を告げるストリングスとハープ、
語りが聴けるアウトロ的な小曲。そしてユニオンで貰えた特典の
CD-R
についてきたライヴ音源は1stの“聖と邪の決戦”だ。
俺も見に行った渋谷GuiltyでのALHAMBRAとの対バンのテイクで、
ギターに多少のトチりはあれどこうして聴くとやはり
生のドラムはええのう・・・!(笑)


ヴォーカルが若干奥に引っ込んでいるミックスが少々気に
なりつつも演奏スキル、楽曲共に凄まじいレベルに到達
しているぞ!1stの頃から名曲を生み出してきたがここにきて
ついにやりたい事がパーフェクトに具現化できる環境に恵まれたと
言うことだろうか!?メジャー進出とはいえレーベルは
メタルレーベルサウンドホリックなのでセルアウトの
心配はご無用!
もしVapだったらアニソンやらされていただろうが・・・(笑)。
値段が高くなるとか、セルアウトの恐れありとか、リリースペースが
落ちる
とかとかくメジャーにいいイメージの無いリスナーが多いが
SOUND HORIZONしかり、ナイトメアしかり、Dragon Guardianしかり
メジャーで良くなる例だってあるって事だ!しかし・・・
キャプテンのライナーノーツは短いのう!(爆)



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 96% お気に入り曲 全部







"真実の石碑"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの4thアルバム。


うちがライナーノーツを書かせていただいたインディーズ時代のアルバムが
ディスクユニオンで伝説的な売り上げを記録し一躍多くのメタラーに
その存在を認知されるに至った国産ファンタジックシンフォメタルの
次世代を担う旗手
による最新4thアルバムである!本作もまた数多くの
ゲストミュージシャン
が名を連ね参加メンバーは基本的に前作と同じだが
ソプラノVoがバッキングやコーラス等で活躍しておる!今回もやはりドラムは
打ち込み
のようだがDISARMONIA MUNDI等で仕事したアレッサンドロ・べナーラが
ミキシングをしているだけあって前作よりも音色に説得力が出てきており全体的な
プロダクションも向上、個人的にはもう気にならんレベルに達しておるのう・・・!

1曲目はオーケストレーションかと思わせておいて何といきなりドラムが暴れ
バンドサウンドがアグレッシヴに疾走し
キラキラしたチェンバロ、ソプラノも
登場!得意の濃厚な語りも登場しギターリフはモダンなへヴィさを出しておる!
2曲目は早速クッサイリードギターで幕を開け疾走、ベースも唸りFuki嬢の
ハキハキとしたヴォーカルが実にキャッチーなメロディーラインを歌う
ポジティヴ系のメロスピだがバンドサウンドはアグレッシヴでバックのアレンジも
よく練られ実に濃いのう・・・!ドラムは終始ツーバスを連打しベースも
自己主張が激しく
間奏では語りが聴けやはりベースが目立ちまくっておる!
微かに聴こえる笛の音色もまた良いな。3曲目は3連リズムで笛、ハープ、
ストリングスに穏やかなヴォーカルが聴けるイントロに始まりこれまた
ポジティヴなキャッチーさに壮大なオーケストレーション、バンドサウンド、
ミシンのようなツーバスが顔を出すポップシンフォニッククサメタルである!
リフはメロデス、メタルコア風になり憂いを帯びたヴォーカルがクサく
その後のソプラノ、シンフォサウンドがまた壮麗でたまらんのう・・・!
語りのパートはオーケストラになりチェンバロも聴け様式美的な雰囲気
感じられるな。4曲目は鐘の音に始まりこれまたモダンなリフが攻撃性を
出しつつもヴォーカルは実にキャッチーな伸びのあるメロディーを歌う
へヴィさとポジティヴさが同居したアニソンモダンクサメタルである!
手数多いドラムにストリングスが印象的でその後はシリアスなメロディーになり
チェンバロ、ストリングスも良いがドラムが実にアグレッシヴじゃのう・・・!
インストパートは語りにストリングス、チェンバロがこれまたクラシカルさ
演出しやはり強烈にクサいな!(笑)そして再びモダンに疾走する展開となり
ベースも自己主張するぞ。5曲目はピアノに始まりバラードと見せかけておいて
ヴォーカルが低音で太く歌いやはり疾走するアグレッシヴシンフォメロパワである!
今回は語りパートも疾走をやめずストリングス、ピアノも美麗じゃのう・・・!
やはりベースが目立つがドラムも打ち込みだが凄まじく難易度の高そうなプレイ
見せておるな。ソプラノも聴けるぞ!アウトロのピアノ、ストリングスは実に
メロウでメランコリックだ。6曲目はこれまでとうってかわって明るい民謡的な
雰囲気
が前面に押し出されたインストでやらパーカッションやらにホーンの
音色
も聴けバックではやはりベースが目立ち語りも聴けるぞ。7曲目は
いきなりの爆走チューンポジティヴで明るい雰囲気を放ちやはり
ベースも目立っておりこの疾走感はDRAGONFORCEに通じるものがあるが曲調自体は
どちらかといえばPOWER QUESTに近いか!?サビはやはりキャッチーじゃのう・・・!
アグレッシヴかつ複雑なドラムも聴き所だな。8曲目は笛、ストリングスが
珍しくエキゾチックな雰囲気を出しリフもハモリでメタルコア風になりつつも
笛が中東系のフレーズを奏でるがヴォーカルが入ると哀愁を帯びた雰囲気になり
雰囲気を引き摺らない辺り実にしたたかなアレンジである!本人がブログで
言っていた
通りこの手の楽曲は決まって捨て曲になるからのう・・・!(爆)
サビは従来通りのクサクサキャッチーメロディーだ!9曲目はモダン寄りの
リフ
にキラキラしつつもどこか80年代っぽい音色のシンセが聴ける
シリアスなアップテンポ曲でスローパートではソプラノが登場し神秘的な
雰囲気
を演出するぞ。後半ではブラストビートも聴け本作中最もアグレッシヴな
展開
となり語りにオーケストレーションも乗りライヴではかなりの盛り上がり
期待できよう・・・ライヴやってくれればの話だが(爆)。10曲目はラストにして
なぜかポジティヴな雰囲気を持ったオーケストレーションにクッサイ笛、
語り
が聴けるアウトロのインスト。ちなみに俺はディスクユニオンで買ったので
2曲目の語り無しギターソロありヴァージョンのCD-Rが付属、ソロは短いが
やっぱメタラー的にはこっちのほうが好みだといったら本末転倒か!?(爆)


1曲1曲の情報量が凄まじく一聴してクサさ、アグレッシヴさに身悶えし
さらに聴き込む事でまた良さを見出せる濃厚極まる1枚である!クサいと言うよりは
ポップでキャッチーな方向に傾いており明るい曲が大半を占め哀愁はあんま無く
さらに似たタイプの楽曲が並んでおりもうちょい各曲に差が欲しいと思うが
その一方でDRAGONFORCEばりの金太郎飴状態がまた嬉しくもあるな(笑)。
また前作までにあったこっ恥ずかしいアニメ臭い台詞が消滅し男声による語りのみに
なっておりガチのジャパニーズ・ナードには不満だろうが俺等ノンケのメタラー
とっては良い事である!だがどっか寂しく感じるのもまた道理か!?サンホラのアレ
違ってそこまでウザくなかったしなぁ・・・!前作ほどのインパクトは無いが
刃牙勇次郎の強さを思わず「誇りたくなるほどッッ」などと言っていたのと同様
かつてインディーズ時代にうちがライナーノーツを書いていた事を
誇りたくなるほどのクオリティー
を持っておるッッ!俺等にとってユリアと言えば
北斗の拳しか思い浮かばん
のがアレだが本作に心突き動かされるのは
雲のジュウザだけではないのは確かである!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 92% お気に入り曲 全部







"蒼之志士"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの企画ミニアルバム。


RHAPSODY OF FIRE、SOUND HORIZONの影響下にあるシンフォニックメタル
アニソン的クサくキャッチーなメロディーを持ち込み非常にクオリティーの高い
ファンタジックなサウンドを聴かせてくれうちとも交流の深いギタリストにして
名コンポーザー、勇者アーサー氏
が元LIGHTNING、現STUDIO BURNING、SUM RIZEの
JUN氏とコラボし作られたミニアルバムで、Dragon Guardianは大仰なオーケストレーション、
サンホラの影響下にあるアニメティックな語り、女性Voで構成されギターソロが無い
こっちはその逆を行き熱くも哀愁を感じさせるパワフルかつエモーショナルな男Voとなっており
語り、オーケストレーション、シンセは無くギターソロを大々的に取り入れた
男のパワーメタル
を追求しているのだ!ゲストで交流も深いLIGHTNING、IRON ATTACK!の
IRON氏、KNIGHTS OF ROUNDの野人氏も参加しており印象的なギターソロを披露しているぞ!

1曲目は雨のSEにチカチカしたシンセ、ベース、ドラムが入り和音階を用いた
叙情的なギター
が登場し疾走するイントロで続く2曲目は早速熱くエモーショナルな
ヴォーカル
が聴け疾走開始!リフ、リードギターはいかにも屍忌蛇氏っぽい
慟哭系の叙情フレーズ
で曲調自体もVOLCANOの影響がかなり強いのう・・・!
3曲目も実にクサいギターで幕を開け疾走する熱き哀愁メロパワでこの泣きの
ギターはGALNERYUS的にも聴こえるがどちらかといったらアーサー氏が多大に
影響を受けている韓流ポップスのクサさがあるな。ギターソロはミュートフレーズで
どこかジャーマンっぽいがその後は泣きのメロディーを奏でタッピングも登場、
IRON氏の影響も濃い泣きまくりのフレーズも登場し音は奥に引っ込んでいるが
Dragon Guardianでは聴けないしかとしたテクを備えた実にエモーショナルな
メロディー重視のソロを聴かせてくれるぞ!野人氏がゲストでギターソロを弾き
曲のラストでソロバトルとなりずっとギターソロが続きこの辺はGALNERYUSっぽいか!?
4曲目はパワフルなリフで疾走しヴォーカルも早速力強いシャウトを披露!モダンさ、
スラッシーさ
もあるがジャーマン的な質感も濃いな。サビはキャッチーでこの曲も
また泣きまくりのギターソロが長く実に嬉しくなるのう(笑)。ここではIRON氏がゲストで
プレイし全体的にDragon Guardianが弾いていない分を取り返すかのようである(笑)。
5曲目もリズムはどこかスラッシーだがリフはモダンさを持った慟哭メロデス系
ヴォーカルは低く入りパワフルさの中に哀愁があり男泣きの風情を醸し出している!
ギターソロはメロディアスだが速弾き要素も濃くピロピロ弾き倒しそして泣きの
クッサイフレーズ
で閉め実にドラマティックじゃのう・・・!ヴォーカルメロディーが
また叙情的なクサさを持っているな。6曲目はどうやらかなり昔の曲のリメイクのようで
どこかキャッチーさを持ったリフで幕を開け哀愁を感じさせるヴォーカルが聴ける
ミドル曲で1曲目を除けば本作中唯一の非疾走チューンである。ギターソロは
やはり泣きまくりで実にクサいフレーズを連発しベースラインも良いな!


壮麗アニソンシンフォメタルのDragon Guardianとは異なりVOLCANOLIGHTNINGからの
影響を感じさせる慟哭叙情男泣きパワーメタルスタイルにチェンジしておりリフは
本業でも見られたメロデス的なフレーズも多くそして何よりあっちじゃ聴けない
ギターソロがかなり目立っており速く弾くより何倍も難しいエモーショナルな
泣きのメロディーをバンバン聴かせておる!Dragon Guardianでやらない分を
ここで補うかのようなフィーチャー振り
が嬉しくなってしまうのう・・・!
JUN氏のヴォーカルも音楽性に見事にマッチし素晴らしいがそれでもあえて本作は
ギターが主役のアルバムだ!と言い切ってしまいたいがどうだろうか!?
オーケストレーションが無いからか曲のアレンジはちょいとシンプルめ
ヴォーカルメロディーもDragon Guardianほどキャッチーではない
このギターだけでお釣りが来る・・・と言ったら言い過ぎだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 蒼ノ志士、宿命、新しき時代、京に生きる者







"新選組散華録"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの2nd企画ミニアルバム(シングル)。


RHAPSODY OF FIRESOUND HORIZONを融合させアニソン臭満点のメロディーラインで
味付けし質の高いシンフォニックメロスピを聴かせてくれる話題の実力派プロジェクトが
KNIGHTS OF ROUNDの野人氏とコラボして作り上げたミニアルバム・・・というかシングルである!
前作のミニアルバムは元LIGHTNING、現STUDIO BURNING、SUM RIZEのJUN氏
シンガーに迎え熱く硬派な世界観を見せ付けていたが本作は同じ和の要素を持ちつつもジャケを見て
判る通り実に軽薄な、軟派なオーラプンプンで面食らうどころか一刀両断されてしまう
自称硬派のメタラーも多かろう・・・!トレーニングジムで汗を流そうと中に入ったら
そこはキャバクラだったみたいな感じだが(爆)、気になる音楽性のほうは何ら
問題無く従来通りのクサクサメロスピを徹底して貫いておりこの辺は安泰だと言えよう!

尺八、三味線の音色が和の空気を放ちつつも語り、台詞が登場しアニソン要素
そこはかとなく放つ妙に長いイントロに続く2曲目はストリングスシンセ、
泣きのトーン
で奏でられる叙情的なリードギターが登場するも疾走はせず
笛の音、ベースが目立つメロディアスな女性Voチューンである。メロハー寄り
言えなくも無いがサビはお約束のように疾走しかなりクサくキャッチーな
メロディー
を聴かせてくれるぞ!3曲目は笛、シンセ、語りで展開し途中で
リズムチェンジし3連リズムでタンゴ、ポルカ風のクサいフレーズが聴け
基本は語りばっかメタルでも何でもないバックはやはりクサいな・・・!
4曲目はイントロのヴォーカルから早速強烈にクサく三味線も登場し和風クサクサ爆走メロスピ
言えそうな曲調に仕上がっているぞ!ヴォーカルもなかなかにパワフルで良いな。JOJOバキ(というか花山)を
思わせるワードがちょくちょく出てくる台詞が長いのが気になるもその後のギターソロは熱いのう!
5、6曲目はヴォーカル曲のカラオケヴァージョンだ。


見てくれこそまぁこんな感じこっ恥ずかしい語り、台詞もバリバリだが
軸の部分は一切ぶれる事の無いクサクサアニソンメロスピに徹底しており
久々に再開したかつての旧友が知らんうちにチャラいギャル男化し激しく
面食らう
根底の部分は変わらず一安心するみたいな心境を味わえよう・・・!
これでテクノ、トランスヒップホップ化してたら心底ガッカリなれど
この程度の方向性の変化などメタラー視点では変化の内に入らんわい!
難点は篭り気味の薄いプロダクションと妙に多い語りだけのトラックマトモな曲は
2曲だけ
と、同時期に出たRHAPSODY OF FIREのミニアルバムと同じ方向性を
向いている感
があるがクサさはこっちのほうが上か!?あくまでもシングルと
考えて聴いたほうがいい
1枚だろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 明日を駆け抜ける空、護国の刃







"新選組悲恋歌"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの3rd企画ミニアルバム(シングル)。


シンフォニックメロスピとアニソン要素を融合させクサメタラーに強烈なインパクトを与え
安心のブランド(?)として名を馳せたDragon GuardianKNIGHTS OF ROUNDとコラボした
企画シングルの第2弾である!メジャー行きを達成したメインのほうはルーツである
RHAPSODY OF FIREやSOUND HORIZON
同様ヨーロピアンなエピック要素を感じさせるのに対し
スピンオフ的な本企画は和の要素を取り入れており、ジャケを見れば判る通り非常に
軟派で、軽薄な(爆)
ムードに包まれているが楽曲の方向性、クオリティーは変わる事無く
Dragon Guardianのアルバムで悶絶したクサメタラー
ならば期待を裏切られる事は無い!

1曲目は祭りのようなドラムに笛が和のノリを醸し出し語りも聴けるイントロで
続く2曲目はネオクラシカルな速弾きギターで始まり疾走!バックでストリングスシンセの
白玉コードも聴ける王道を行くメロスピ、クサメタルチューンでヴォーカルメロディーが
やはりクサくギターソロは短いがスウィープを使ったネオクラ風のフレーズが聴けるぞ!
3曲目はポジティヴな明るいクサさを放つエモーショナルなギターで始まるも疾走はせず
妙にポップな曲調となっており彼等にクサくシリアスなメロスピを求めていると肩透かし
なるだろうが部分的に疾走する箇所もあり何気にドラムが手数多くサビはツーバス連打で
飛翔系メロスピの要素満載
になるぞ!ギターソロはエモーショナルな泣きのトーンが
素晴らしく
メロディーもクサさ満点語りが邪魔に感じられるほどじゃ!(爆)
4曲目は笛(尺八?)と琴など和楽器とバンドサウンド、ストリングスシンセがシリアスなムード
醸し出しつつメインは台詞、語りになっているな。ギターフレーズがドラマティック
中盤で聴けるリフもカッコよく疾走し基本は台詞のトラックなんだがメタラーの意見を
取り入れた
のか(?)曲としても起承転結ありちゃんと聴けるのは良いな。後半の泣きの
ギターもたまらんのう!
5曲目は2曲目のヴォーカル違い別ヴァージョンで、かつて
大仰なクワイアを取り入れたシンフォメロスピでクサメタラーを大いに喜ばせた
国産シンフォニックメタルバンドMASTERPIECE
のシンガーAGENE氏による朗々とした
ハイトーン男Vo
が聴け語り、台詞が消滅しその代わりギターソロが拡張されており
メタラーに優しいヴァージョンに仕上がっているのう・・・!


見た目はアレでも中身は変わらない良質のクサクサメロスピで今回は語りオンリーのトラックも
ちゃんとバックのアレンジが曲として機能しておりこの手の語りが聴けるリスナーならば
普通に聴けるだろう!今回特にギターの泣きっぷりが素晴らしく速弾きでもその艶やかな
音色
は変わる事無くIRON氏、屍忌蛇氏とはまた異なるエモーショナルなプレイを披露しており
ギターキッズは学ぶ部分が多かろう・・・!どうやら近いうちに本企画のフルアルバム
リリースされるようなのでこれまた楽しみである!Dragon Guardian本体では聴けない
流麗なギターソロが最大の魅力
と言えそうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 煉獄、織姫と彦星、煉獄(ハイトーンボーカル&ギターソロver.)







"Destiny Of The Sacred Kingdom"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの1stをリメイクしたアルバム。


先日のライヴも大成功に終わった国産ファンタジックシンフォメロスピの雄Dragon Guardianによる
インディーズ(同人)名義でリリースされたデビューアルバム“聖邪のドラゴン”を現在の技術、
センス、プロダクションでリアレンジ、リレコーディングし新曲も追加したリメイクアルバムである!
これによりかつてライナーノーツをうちが書いていたという事実が黒歴史になりそうだが(爆)、
まぁそれはともかくアニソン要素満点だったセリフ、語りが消滅しその代わりギターソロになり
THOUSAND LEAVESのテクニカルギタリストBach氏がソロで全面参加、さらにヴォーカルも
先日対バンした国産超絶テクニカルプログレクサメロスピバンドMinstreliXに復帰したハイトーンシンガー
Leo Figaro氏が参加し歌詞も書き直され完全英語詩になっており(俺含む)メタラーが大喜び出来る
スタイル
に生まれ変わっておる!SOUND HORIZONもこういう試みやって欲しいわ(爆)。ちなみに
正式リリースはちょい先だがライヴ会場で先行発売されていたんでこのタイミングでレビューだ(笑)。

ホーンの音色が追加されさらに大仰さを増したシンフォニックなイントロに続く
2曲目は早速の新曲でちょいモダンなリフが一瞬聴けたのちドラマティックな
ツインリードで疾走!
ヴォーカルが入るとテンポダウンしストリングスのバッキング、笛のオブリも印象的で
サビで再び疾走だ!勇壮かつ劇的なメロディーが良くギターリフの刻みもアグレッシヴさがあり
その後はストリングス、鐘の音、オルガンがシンフォニックに彩りスウィープやツインリードを
聴かせる起承転結あるギターソロが登場するぞ!ラストもシンフォニックなパートである。
3曲目は“いざ!旅立ち”のリメイクで早速の速弾きギターフレーズで幕を開け
これまた疾走!
ストリングスもバックで顔を出しオーケストラヒットも登場、笛オブリも良く
原曲の持つ牧歌的なイメージはそのままに説得力、クオリティーが段違いである!ギターソロは
劇的なシーケンスフレーズから明るくも泣きが実に強烈なエモーショナルプレイが炸裂!
表現力もかなりのもんじゃて・・・!ラストのクワイアは普通のコーラスワークになっているな。
4曲目は泣きのピアノ、ストリングスが哀愁をプンプンに放ちまくりそしてドラマティック
極まりないツインリード
と共に疾走開始!1stでも特に強烈なキラーチューンだった
“聖と邪の決戦”のリメイクじゃ!Bメロ、ブリッジのチェンバロも実にクサく美しく
ギターソロは強烈な泣きが発散され誤解を恐れずに言えばブルージーとすら形容できそうなほど!
その後はテクニカルな速弾き、スウィープも登場だ!ラストのギターも良くそして再びピアノと
ストリングスがメロウさを放ち幕となる。5曲目はポップかつ哀愁漂う“遠い掌”のリメイクで
最近のDragon Guardian本体にはあまり無くサイドプロジェクト等で聴けるタイプの曲である!
どこかメタルコア系に通じる叙情ハモリリフ、ベースラインが印象的でチェンバロもバックを
キラキラと飾り得意の笛オブリもやはり良いのう・・・!6曲目は“魔法の書”のリメイクで
ハープの流麗な調べが早速美しくそしてホーンの音色と共にアグレッシヴな疾走感を見せ
ベースも自己主張、ピアノの速弾きパートも強烈なインパクトを残すぞ!ヴォーカルメロディーも
非常にキャッチーであの頃からメロディーセンスは優れていたなぁ・・・!サビはさらに
シンフォニックな盛り上がりを見せ憂いを帯びたヴォーカルもたまらんのう!ソロ前のリフ、
速くも劇的で構築されたギターソロも聴き所だ!ラストはピアノソロで締めとなるぞ。7曲目は荘厳な
オーケストレーション、チェンバロ
からブラストで爆走する“ダリア城”のリメイクで
オリジナル以上にアグレッシヴでツーバスもかなりの速度でズタズタと連打されまるで
ミシンのようだ(爆)。ベースもやはり目立っておりブルータルな印象を増強させており
それでいてヴォーカルはクリーンでかなりクサいメロを歌っているのだからたまらんわい!
中盤ではノリの良いリフにストリングスがオブリを入れギターソロはテクニカルな
プログレメタル的ムード
も醸し出されその後のストリングスがまた壮麗で美しいのう・・・!
ラストもブラスト、トレモロブラックメタル的風味を放つぞ。8曲目はバンドの代表曲
言えそうなキラーチューン“我らが嘆きのカルミア”のリメイクでさらに大仰さ、ドラマティックさを増した
ツインリード、オーケストレーションが素晴らしくチェンバロ、笛のバッキング
メロスピにあるまじきよく練られたリフワークが嬉しくなるな(笑)。サビは派手な
ホーン系オーケストレーションにポジティヴなメロディーが乗り疾走!この曲から
Dragon Guardian伝説が始まったのじゃ!!(爆)
中盤ではダークで重々しいパート
顔を出しそして泣きのギターソロも登場!ラストも実に大仰である!9曲目はアウトロを
飾るシンフォニックなインストで原曲より当然音が良くなっており説得力が違うのう・・・!


2nd以降は疾走シンフォメロスピチューンが殆どを占めているDragon Guardianだが
何気に1stはバラード風というかキャッチーかつ憂いを帯びたハードポップ曲があったりして
そこそこ幅広い音楽性を持っていた印象があるが改めて本作を聴くとやはり疾走、疾走である!(爆)
元アルバムはプロダクション、ヴォーカルこそ非常に弱かった曲の良さがあり、そして何より
初期衝動が半端ではなくそこが多くのメタラーを惹き付けたのやも知れんが本作では
曲の良さはそのままに格段に成長した姿を見せておる!まぁオリジナルの拙い部分が良かったと言う
マニアックなリスナーも多そうだが多くのメタラーにアピールできるのは間違いなく本作である!
うちが元のアルバムでレビュー書いたなんて事は忘れて(爆)本作を楽しんでくれい!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 90% お気に入り曲 全部







"新選組魔戦記"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの企画フルアルバム。


KNIGHTS OF ROUNDとコラボしていつものヨーロピアンファンタジーではない
和の世界アキバスタイルにて追求した企画プロジェクトの待望のフルレンスアルバムである!
Dragon Guardian本体以上に語り、台詞が多くメタラーの意見は分かれそうだがクサさは保障済み
この企画、和の要素を強く取り入れた琴や笛、和音階を見せつつも音楽性は普段のDragon Guardianと
大差ないアニソン風女性Voをフィーチャーしたシンフォニックな疾走メロスピでヴォーカルこそ
アニメ寄りではあるがそこまで媚びた感じではなくまだ普通に歌っているので語りがダメなら別だが
クサいメタルが好きなら十分以上に楽しめるだろう!

1曲目はバンドサウンド、琴、語りが聴ける恒例の(?)オープニングでリフは結構
正統派に近い
感じで笛のシンセクサいメロディーを聴かせてくれるな。続く2曲目はちょいと
メタルコアに近いモダン寄りのリフが聴けシンセも目立ち疾走するぞ!女性ヴォーカルは
なかなかにパワフルな歌唱を披露しておりサビは飛翔系の明るいメロスピ然とした
メロディー
で実にクサいのう・・・!中盤は台詞のバックでノリの良い和のフレーズが聴け
プログレ的なテクニカルさも発揮されるぞ!是非ともNO語りで聴きたいわい!(爆)
3曲目は明るくもクサいツインリードで幕を開けポップな要素も強いがやはり異様に
クサいメロディー
が聴けるアップテンポ曲だ!ベースも適度に目立ちシンセストリングスも
バックでオブリを入れギター以上にドラムが前に出てきているのう・・・!語りのバックで
顔を出すギターソロもメロディー重視でやはりこれもNO語りのヴァージョンが聴きたくなるな(爆)。
4曲目は語りのバックでドラマティックなシリアスさを持ったバンドサウンドが聴ける
アップテンポ曲でやはりこの曲もメロディーが良くリフもカッコいいぞ!台詞の後のギターソロが
またエモーショナルに泣いており短いが語りと被らないんで純粋にフレーズを楽しめるのは良いな。
5曲目は勢いのあるリフでどこかスラッシーに疾走しメロディーラインはこれまでの曲以上に
Dragon Guardian要素が強く聴き覚えがあるようなフレーズが多くやはりクサいのう・・・!
シンセアレンジもそんな感じである!ギターソロは速弾き主体でどこか和の要素があるフレーズを
弾いておりその後は語りをバックに泣きのタッチを披露するぞ!6曲目は叙情的なシンセストリングス、
語り、台詞
で構成された繋ぎのトラックで中盤以降バンドサウンドが登場するぞ。7曲目は非メタルな
オルタナ風のバンドサウンド
から妙に明るくポップなアニソンと化してしまいヴォーカルもそんな
ノリでこれはメタラーの(俺の)好みには合わないなぁ・・・!(爆)まぁベースは唸っておりドラムは
タイト、ギターソロは流麗でメロディアスなんでこの辺が良い部分か!?8曲目は再びメタルに
舞い戻り笛の音をバックにドラマティックなリフが聴けるアップテンポ曲となっておりブリッジは
琴の音色と共に疾走開始!サビは明るめのポジティヴメロが聴けるぞ!ヴォーカルもパワフルに
声を張り上げておる
のう・・・!9曲目はアグレッシヴなリフで幕を開け琴も流麗に舞い和音階を
取り入れたパワフルなフレーズ
が印象的だがヴォーカルメロは爽やかなクサい要素が強いな。
サビはストリングスと共に非常にクサくファンタジックなムードを醸し出し語りのバックで笛が
和音階を奏でているぞ。
後半聴ける泣きのツインリードもたまらんわい!10曲目は
ストリングス、シンセ、語りが聴けるアウトロ的な終曲。


語り、そこまでの媚びは無く意外とパワーのあるアニメ色濃い女性Voを除けばメロスピ、クサメタルとして
極めて高いクオリティーを保持しており語りトラック以外ほぼ疾走、アップテンポなのも潔し!
和である事意外はDragon Guardian本体と変わらないがKNIGHTS OF ROUNDとのコラボだからか
ギターソロがちゃんとあるのも好印象じゃのう・・・!どうやらコンセプトとしてはこれにて劇終
ようだが次なるコンセプトは一体どうなるのであろうか・・・というか次があるのか!?期待して待ちたい所じゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 紅き涙、桜咲く場所、粉雪二吠エル義士、破邪の瞳、
五稜郭の戦い、悲しく微笑む風の旋律







"桜牙列伝"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの企画リメイクベストアルバム。


Dragon GuardianKNIGHTS OF ROUNDとコラボし“桜牙”名義で一連のコンセプトの元
ミニアルバム数枚、フルアルバム1枚をリリースしとりあえずの完結を見た
プロジェクトの楽曲を集め
さらに新曲も2曲収録されたベストアルバムだが本作は以前行われた
Dragon Guardianの1stアルバムリメイク同様恥ずかしすぎる台詞、語りを全てカットし
変わりにさらなるギターソロを導入、ヴォーカルも1stリメイク同様MinstreliXのLeo Figaro氏
歌い直しギーク、ナードに媚びない我々のためのしかとしたメタルとして生まれ変わっておる!
まったくもってサンホラにこそこういう試みをやって頂きたいモンじゃて・・・!
だが歌詞は和風メタルというコンセプトのため日本語のまま変化は無い。

1曲目は尺八、三味線和のムードをプンプンに放ちバンドサウンドも登場し
盛り上がるイントロだが見事にあのこっ恥ずかし過ぎる台詞が無い!こいつは
(我々非アキバ系にとっては)非常にありがたいのう!これで曲そのものを純粋に
楽しめるって事だ
HAHAHA!ギターリフは正統派寄りで後半は疾走!2曲目は新曲
早速泣きのギターが舞いバックで尺八も聴こえそしてドラマティックにクサく疾走し
モダンなリフ
も顔を出しストロングな印象もあるがLeo氏のヴォーカルは意外と
低いキー
で日本語詞だとヴィジュアル系というかJ-POPに近いムードが感じられ
マイルドな印象があるな。サビはまた疾走笛もバックでオブリを入れまくり
ギターソロは鋭い切り込みを見せつつやはりメロディアスな泣きを見せているのう・・・!
3曲目以降はまた過去曲のリメイク笛が舞い琴の音色も登場しヴォーカルは
早速のハイトーン歌唱を披露!これまで女性Voだった曲男Voで歌い直すという
難度の高い暴挙を堂々と行うのがまた凄いな・・・!普通はガッツリキーを
下げるもの
なんだがねぇ・・・!原曲とキーも歌い回しもなんら遜色無いサビ
実に凄い!そして語りパート新たなギターソロが導入され和のコードに合わせて
縦横無尽に弾き倒す!実に構築されたドラマティックなソロでその後は
プログレパートに突入するぞ!4曲目は早速の流麗なギターソロで幕を開け疾走、
ヴォーカルはどこか朗々とした歌唱を披露し明るめの曲調となりやはりギターソロが良いのう・・・!
ドラマティックに泣きつつポジティヴなツインリードも披露されるぞ!5曲目は
ストリングス系の音色のシンセが明るさを出しDragon Guardianに接近した感がありつつも
どこかポップなフィーリングを感じさせる明るめのミドル曲だがサビでやはり爆走!
シンフォニックさも強い壮麗なアレンジ
でベースも目立つぞ。6曲目はこれまた新曲
ダークな空気を感じさせスラッシュメタル寄りのムードで琴と共に疾走、ヴォーカルは
本来のキーなのか低音で歌いちょいと埋もれ気味なのが気になるがサビはストリングスの
音色と共に詰め込みタイプのヴォーカルメロがクサさをプンプンと放つぞ!ギターソロが
また流麗でドラマティックなプレイを見せておりメロディーが恐ろしくクサい!
クサいギターソロ
と言えばDARK MOORだがあっちのような様式美、ネオクラ系ではなく
アニソンタイプのメロディーを見せておるぞ!7曲目はDragon Guardianらしさ満点の
リフ
で疾走、勇壮なムードを醸し出しメロディーがヒロイックでやはりクサいのう・・・!
ギターソロがやはり聴き所で和音階フレーズを流麗に弾きエモーショナルな泣きも発散するぞ!
8曲目は妙に明るいポジティヴな疾走感を見せるポップフィーリング満点の
ちょいと横道に逸れたアレンジだがやはり途中からメタリックな爆走を見せ
ギターソロも見事なまでにドラマティックな泣きのクサメロを聴かせてくれるぞ!
9曲目はアグレッシヴでダーティーなへヴィさを持ったシリアスな疾走チューン
煌びやかな琴の音色和のムードを放ちヴォーカルメロはやはり
ハイトーンキャッチーなクサさを見せているな・・・!憂いを帯びた
哀愁のサビ
がまたたまらんのう!笛をバックにドラマティックな和のフレーズを
奏でるギターソロ
も強烈じゃ!ラストのギターの泣きっぷり原曲でも最高だったがこっちは
余計な語りが無く純粋にソロを楽しめるぞ!実にありがたい!10曲目はイントロから
既に盛り上がりまくり
でクサさを放ちまくり笛、琴にシンセで爆走!勢いあるサウンドで
ベースも結構目立っているのう・・・!ギターソロで急にムードが変わりシリアスな
緊迫感
が醸し出され笛をバックに華麗に弾き倒し泣きも見せてくれるぞ!


Leo Figaro氏はメタルのハイトーンシンガーではあるが声質的に線が細いため
メタラー的に賛否分かれるかも知れんがクサメロ重視の楽曲だと馬力系の
パワーヴォーカル
よりもこういう繊細にメロを歌い回せるシンガーのほうが
マッチしているだろうしそもそも男で女性Voのキーを出せるシンガーなんてそうは
おらんからのう・・・!楽曲自体のアレンジは変わっておらずヴォーカルの頑張りの
おかげで原曲とあまり印象に変化が無いのが特徴だな。プロダクション的に
もっとストロングな音になっているかと期待していたがまぁしょうがないな。Dragon Guardianと異なり
元々ギターソロもしかと導入されている楽曲だけにさらなるソロが追加された形となり
ギターキッズにはたまらん1枚になったわけだが本作のソロはテク、勢いに任せて
弾きまくる
だけの青臭い技巧主義に非ず!しかと構築されテクニカルさ十分にして
それ以上に強烈なエモーションを放ちまくる、VOLCANOやLIGHTNINGの慟哭とはまた異なる
輝くような泣きを発散しておる!楽曲の良さ(クサさ)、見事なハイトーンVoと聴き所満載だが
個人的にはギターソロの増量に注目して聴きたいアルバムである!普段アキバ系にアピールしまくる
要素入れまくりアルバム
を出す一方でこういうリメイクをやってくれる勇者アーサー氏には
まったく足を向けて眠れんわい・・・!サンホラにも是非とも見習って頂きたい!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 89% お気に入り曲 全部







"聖魔剣ヴァルキュリアス"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの5thアルバム。


メディアファクトリーと契約しメジャーの場に活動のフィールドを移した一方で
ここ最近はKNIGHTS OF ROUNDとコラボして和のフィーリングを持ちつつこれまた
クサさ満点のミニアルバム及びフルアルバム、リメイクアルバムをリリースしていた・・・!
そしてここにリリースされた本作はDragon Guardian本体による通算5作目の
フルアルバム
である!メロスピ、クサメタル、シンフォニックメタルサンホラ的な
語り、台詞、ファンタジック要素、
さらにアニソン的キャッチーさ、その上まだ日本で
セルアウトしていないK-POP
哀愁クサメロをもドッキングさせ独自のスタイルを確立、
非常に高いクオリティーを見せてくれるほどに成長したが、本作ではヴォーカルが変わり
企画プロジェクト桜牙で歌っていた女性シンガー陣
が参加、さらにゲストも豪華
KOUTA氏・・・BACH氏に加え何とVERSAILLESのTERU氏もギターソロを弾いており
そして今回ドラムがようやく生となりこれまで残っていた打ち込み臭が消滅しているぞ!

1曲目は早速のホーン、オーケストレーション勇壮かつ優雅なムードを醸し出し
笛の音叙情味を演出するイントロで続く2曲目は重厚なバンドサウンド、
オーケストラ
荘厳さを放ちリードギターと共に疾走!ベースや笛も目立ち
非常に分厚い音作りとなっておるな・・・!数人いる女性Voはやはりアニソンライクな
ムード
が強いが歌唱力は高くサビは非常にキャッチーである!中盤はピアノのような
音色
モダンなへヴィさも醸し出されその後のヴォーカル、笛がまたクサいぞ!
ラストは平和的なムードがあり笛の音もまた印象的じゃのう・・・!3曲目はこれまた
どこか明るめの雰囲気が漂っておりやはり疾走!バックではホーン系の音色優雅な
ムード
を放ちつつヴォーカルはポップさすら感じさせるぞ!サビ後は本作初の
語りが登場、
前作には無かった声優によるアニメライクな台詞も復活しておるな・・・。4曲目は
笛、アコーディオンが強烈なクサさを醸し出し民謡メタル、ヴァイキングメタル的な
軽快なノリ
を見せる新機軸と言えそうな曲調になるぞ!まぁヴォーカルが入ると
普段通りのDragon Guardianになりやはり疾走!バックの笛オブリがまた
インパクトあるのう・・・!中盤は語りと共に再びアコーディオンがフガフガと
クサく暴れ台詞も登場、
その後のパートもやはりクサくさらに台詞パートのバックでは
これまたクサさ満点のスキャットが舞いキャッチーに展開するぞ!ラストの
アコーディオンもやはりクサすぎるわい!5曲目はストリングス、オルガンをバックに
語りが聴ける繋ぎのシンフォニックなインストで6曲目はイントロからまるで
DRAGONFORCEを思わせる勢いを見せつつもギターフレーズやオーケストレーションは
やはりDragon Guardian以外の何者でも無く明るいキャッチーさを持ったヴォーカル、
得意の笛オブリも印象的である!そしてギターソロはTERU氏によるもので何とも目の覚める
鮮烈なシュレッド
を披露しておるわい!メロディアスなプレイも良いな・・・!7曲目は
1stリメイクアルバムに収録された新曲“TREASURE LAND”ヴァージョン違いと言えそうな曲で
これまたDragon Guardian節と言えそうなメロディーのギターで疾走!中盤はチェンバロ、
ストリングス
のユニゾンにオルガン、語り、鐘の音も登場し様式美ライクなムード
見せてくれるがコーラスはややチープか!?8曲目はアコーディオンが独特の優雅な
雰囲気
を演出、牧歌的な空気を放ちギターのカッティングも顔を出す前々作の
“港街バッカス”タイプの非メタルな曲。9曲目は大仰なオルガンのイントロから
メタルコアというかデスラッシュ的なアグレッションを感じさせるリフが聴けるも
ヴォーカルが入るとキラキラチェンバロが顔を出しかなりのクサさを放つぞ!
リフはパワフルだがシンフォニックというよりはメロスピ系の曲でヴォーカルの
メロディーも相当にクサいのう・・・!中盤は何とビートダウン恥ずかしい語りが
乗る前代未聞の展開
になるぞ!ライヴで一体どう乗ればいいんだ!?(爆)そして
台詞垂れ流しのままシンフォニックなパートになりそして疾走再開!
さらにチェンバロ、ストリングス、ヴォーカルがこれまた強烈なクサさを放つパートに
持って行きドラマティックに展開、後半では再びデスラッシュ的爆走を見せ付け
アグレッションのほうも相当なモノじゃのう・・・!ラストはKOUTA氏による超強烈な
泣きのハモリギターソロ
が登場!テクニカルなシュレッドは無いがそれ以上に価値ある
ヤバいくらいのエモーショナルなプレイ
を聴かせてくれるぞ!10曲目は平和的な
笛、ストリングス
台詞、語りが聴ける牧歌的なアウトロだ。

初回盤には俺も足を運んだ今年(2011年)行われたライヴの映像が収録された
DVD
が付属、ダイジェストと言える内容だがなかなかにボリューム感はあるぞ!
音は軽め
だがミスもそのまま収録されており無修正なのかどうかは判らんが
生々しい臨場感は伝わってくるな・・・!


相変わらずの爆走、爆走の連続アニソン的なポップフィーリングすら持ち合わせた
クサメロ、得意の笛オブリ、Dragon Guardian節満開のリードギター、
オーケストレーション
をこれでもかというほど見せ付けており金太郎飴状態一歩手前の所で
曲中盤の展開に違いがあるといった所だろうか・・・!?また前作は中東ライクなフレーズ
聴ける曲があったが本作ではヴァイキングメタル的なフレーズを取り入れた曲があり毎回新機軸を
取り入れようとする貪欲さ
もあるな。ヴォーカルメロが哀愁クサメロと言うよりはアニソンの
ポップなキャッチーさ
が強くこの辺がメタルファンとアニソンファンで評価が分かれるだろうし
また今回ベースはHibiki氏ではないので過去作と比べてあまり目立っておらずこの辺も
不満に感じられるリスナーはいるだろうが9曲目はこれまでのDragon Guardianの楽曲の中でも
最高峰の出来と呼べる恐るべきキラーチューンである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 93% お気に入り曲 全部。特に“聖魔剣ヴァルキュリアス”







"FAIRYTALE"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの2nd企画アルバム。


Dragon Guardian他のミュージシャンとコラボして制作する本隊とは異なる
別プロジェクトの新たなるアルバムである!前企画アルバム“桜牙”が一段落し
続いて制作されたのは何とオールドスクール極まりない前時代的なファミコンの
ピコピコデジタルサウンド
をあえてHM/HRサウンドと融合させDragon Guardian本隊とは
様相を異にするRPGメタルを追求、かと言って根底にあるのはあくまでもシンフォニックな
メロスピ、クサメタル
なので今流行りのピコリーモ系ともまた異なるムードを放っているな。
リードシンガーは以前のリメイクアルバムでも歌っていたMinstreliXのLeo Figaro氏
さらにゲストギターでKOUTA氏が参加している。

1曲目は早速本作のコンセプトを如実に現すピコピコしたオールドスクールな
ファミコン直系のデジタルサウンド
で幕を開けるが続く2曲目はリードメロこそ
ピコピコ音
なれどしかとメタルのバンドサウンドも登場し疾走!ヴォーカルは
低音寄りで淡々とした歌唱を披露しつつやはり哀愁漂うクサさがありこの辺は
アーサー氏が影響を受けている韓流クサメロ系の流れを汲んでいるな・・・!中盤は
シンフォニックなストリングスシンセが聴けるもその後はまたピコピコ音になり
そしてギターソロに突入だ!3曲目はピコピコ音がクラシカルなフレーズを奏で
バンドサウンドもシリアスなムードを放ちヴォーカルはハイトーンでクサく歌い上げ
勇壮なRPG的メロディーも披露されるぞ!
ギターソロはエモーショナルな
泣き
を披露しつつ速弾きも流麗で流石はKOUTA氏だな・・・!ベースも何げに
目立っているぞ!
4曲目はポジティヴなムードを放ちつつやはりピコピコシンセ
メロディーはクサく明るい疾走感を見せるメロスピチューンハモリギターの
泣きっぷり
がまた見事じゃのう・・・!5曲目はピコピコサウンド優雅さのある
ヴォーカル
3連リズムタンゴ的な空気を演出、ピコピコシンセメイン
バンドサウンドは無いがそれ以外はこれも見事なまでにDragon Guardianスタイルである!
6曲目はこれまたピコピコシンセポジティヴかつファンタジックなメロディーを奏で
そしてバンドサウンドと共に疾走!勇壮な中に哀愁漂うフレージングはもはやDragon Guardianの
専売特許
になりつつあるな・・・!ヴォーカルもまたクサさに満ちたキャッチーな事この上無い
メロを歌い
サビがこれまた強烈なフックを放っておるのう!インストパートはピコピコ音で
ソロもこの音
だがクラシカルなクサさがありそしてギターソロも登場!7曲目は過去の名曲
“暗黒舞踏会”
ピコピコサウンドのみでアレンジしたボーナストラックだ。


ピコピコサウンドを導入という事で不安に感じたメタラーも多そうだが蓋を開けてみれば
ヴォーカル以外のリードメロディーがピコピコ音なだけでそれ以外は従来のDragon Guardianと
何ら変わらない疾走感とクサさに溢れた高品質ファンタジックメロスピである!
またKOUTA氏のギタープレイが相当に光を放っており確かな流麗さに加え凄まじく強烈な
泣きを披露、
この手のメタルらしからぬペンタトニックの使い方が上手くこの辺は
70年代ハードロックの影響だろうか・・・!?まぁ個人的にはこのピコピコ音は
やはり好みじゃない
んだが曲の良さがそれを押さえ込めるレベルに達しており
Dragon Guardianの過去作が好きなら本作も十分に楽しめる1枚である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 THE CURSED PRINCE  DOLL  DIVINE CASTLE  FAIRYTALE







"POLYPHONY"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの3rd企画アルバム。


Dragon GuardianKNIGHTS OF ROUNDのコラボレーションによる企画プロジェクトの
第3弾
となる本作、前回は昔のファミコンのようなピコピコしたデジタル音を大胆に
導入したメタルサウンド
を披露、リスナーを戸惑わせつつも根底にあるのは変わらぬ
シンフォニックなメロスピ、クサメタル
安心させてくれた・・・!そして続く本作は
音楽性こそ奇をてらう事の無いいかにもDragon Guardian、KNIGHTS OF ROUNDらしい
シンフォニックでファンタジックなメロスピ、クサメタル
だがゲストシンガーが
強力なアピールポイント
となっておりお馴染みLeo Figaro氏に加え何と国産ハイトーン
メロスピの雄AzraelのAkira氏、
元メンバーが摩天楼オペラで成功を収めている
元MASTERPIECEのEizin氏
が参加、ハイトーンVoに定評のあるシンガー3人
顔を揃えておりそれぞれソロで歌うトリプルVo掛け合いやハモリを見せておる!

1曲目はギター2本とチェンバロ1台による対位法を見せるクラシカルさ満点のイントロ
いきなりミュージシャンシップの高さを見せつけ続く2曲目はキレのあるギターの刻み
始まりシンフォニックなストリングスも登場、早速のトリプルVoによるハイトーンの共演
見せており楽曲自体もいかにもDragon Guardianな感じの明るくポジティヴでクッサイ
シンフォニックメロスピ、クサメタル
となっておりインストパートはクラシカルな空気
放ちギターソロは流麗なプレイを見せてくれるぞ!3曲目はどこか正統派寄りなムード
感じさせるギターリフにキラキラ系のシンセが顔を出し80年代メロハーを思わせる
キャッチーなアップテンポ曲となりヴォーカルをとるLeo Figaro氏の声質にマッチした
曲調と言えそうだな。
4曲目はAkira氏が歌う曲でイントロのギターから早速勇壮でクサく
ハイトーンも炸裂!
アレンジ自体はシンプルだがやはりクサさはしかとありギターソロが
またクラシカルでベタなクサさを放っておりたまらんのう・・・!ラスト付近のハイトーン連発も
実に凄まじいわい!
5曲目はデジタル系のシンセモダンさのあるリフと、これまでの
彼らのスタイルとは異なるイントロで幕を開けるもその後のリードギターはやはり
勇壮なクサさがあり重さを纏いつつもファンタジックさはしかとあるな・・・!
ヴォーカルはEizin氏で結構朗々とした歌唱を披露しておりギター、シンセソロは疾走し
クサく盛り上がる
がその後のヴォーカル、シンセはトランス系でこれまた意外性を
見せているな。
6曲目はこれまたデジタル音で幕を開けやけに明るくポップなムード
漂わせた軽薄さのある曲に仕上がっているがそれでも部分的に勇壮な箇所も
あるか!?
ヴォーカルはLeo Figaro氏だがやけに引っ込み気味な印象があるな・・・!シンセソロは
クラシカルなフレーズを聴かせてくれるぞ。7曲目は早速のトリプルVoによる
ハモリ
を見せポジティヴさ満点のメロを披露、その後は疾走しクッサイギター、
ヴォーカル
が聴ける飛翔系のメロスピと化すぞ!インストパートはベースソロに始まり
明るくもエモーショナルなタッチを見せるギターソロに突入だ!


意外とメロスピ一辺倒ではなくデジタル音入りのモダンな要素や80年代メロハー、
打ち込みポップス系の要素
を取り入れた曲もあるがそこまで奇をてらっている訳ではなくやはり
根底にあるのはファンタジックで勇壮かつ明るくポジティヴなクサさに満ちた
メロスピ、クサメタルスタイルとなっており、さらにゲストシンガーが線こそ細めなれどハイトーン系の
まっとうなメタルシンガー
なのでいかにもアキバ系なナード、ギークに媚びたような部分が無いのは
メタラー的には好印象である!勿論語り、台詞やSEは無くギターソロもしかとあり
ギターフレーズがまたいちいちクサく嬉しくなってくるのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 HARMONY OF DEATH  FATE  BERSERKER  約束の園







"THE BEST OF DRAGON GUARDIAN SAGA"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトのリメイクベストアルバム。


うちが恐れ多くもライナーノーツを書かせて頂き、それ以降ライナーノーツ依頼が
同人メタル界隈において少しずつ増えてきた
感があるが、そんな同人クサメタル界の
パイオニア的存在
であるDragon Guardianも気づけばメジャーデビューしその後も
相当な枚数のアルバムを世に放っておる!本作はそんなDragon Guardianのベストアルバムだが
ただのレーベル金儲けのためのベストでは無く、新曲2曲が収録された上過去曲もキッチリと
リメイク
されておりヴォーカルはそのままに楽器も録り直し、ギターも7弦打ち込みだった
ドラムも生、
さらに語りやSEが排除され代わりにギターソロ、キーボードソロに
差し替えられている
というメタラー歓喜のアレンジを見せておる!ソロを弾いているのは
LIGHTNING等で活動しているKOUTA氏で本作も例に漏れず実にエモーショナルなソロ
プレイしている他、ゲストシンガーアニソン畑の鈴木このみに加え何と音楽性(精神性?)に
共通点が一切無い
ハズのHEAD PHONES PRESIDENTのANZAが参加しておる!ちなみにヴォーカルが
致命的に弱かった1stの楽曲
はキッチリとヴォーカルも録り直しているので安心だ。

新曲は4曲目“追憶の黒き魔剣士”と9曲目“運命の女神”で、前者は実に恥ずかしく微妙な(爆)
PVが物議を醸し出した
ものの曲は当然のように素晴らしくイントロからクサく勇壮かつどこか
憂いも湛えた泣きのギター
が顔を出し疾走!ヴォーカルの声質もあってかどこかポップな
印象
もあるがやはり基本はメロスピでインストパートのヴァイオリンに続くメロディアスな
泣きを発散するハモリギターソロ
が良いのう・・・!後者は3連リズムタンゴ的ムードを醸し出し
HEAD PHONES PRESIDENTのANZAが歌っているが凶悪エモーション歌唱では無く楽曲にマッチした
歌唱
を披露しており意外さを見せておるのう!曲も非疾走のマイルドなメロディアスさを
重視しておりシンフォニックでありつつ淡々とした印象もあるがやはりメロディーがキャッチーだな。
2曲目“暗黒舞踏会”なんか泣きのギターソロが実に素晴らしいがその代わり原曲の
チェンバロ、ストリングス
によるクラシカルなパートが何故か昔のファミコンのような
ピコピコ音
に差し替えられておりこれはガッカリじゃのう!(爆)折角のリメイクベストなんで
ここは生のヴァイオリン、チェンバロで美しく彩って頂きたかったわい・・・!3曲目“神話”
デモではバッチリ聴こえていたが原曲では思いっきり埋もれていたサビのクワイア
しっかりと蘇っておる!6曲目“魔法の書”と12曲目“我らが嘆きのカルミア”原曲の
ヴォーカルが稚拙過ぎる
のでヴォーカルも録り直しており、モロにアニソン声質の女性シンガーだが
当然前よりも良くなっているな。Dragon Guardian最強曲と名高き11曲目“聖魔剣ヴァルキュリアス”
最近の曲なんであまり変わった印象は無い語りがギターソロになっているのが良い!


上記したようただの過去曲寄せ集めベストでは無く完全リメイクアルバムとして見事に
蘇っておりアルバムを一通り持っているリスナーも楽しめる好ベストとなっておる!
やはりドラム生テクニカルかつエモーショナルなギターソロがあると違うのう!
Moi dix MoisARCH ENEMY六弦アリスも前に録り直しリメイクベスト出しておったが
こういうやり方なら純粋に新譜としても楽しめるしアリだろう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 89% お気に入り曲 全部







"SWORDMASTER FROM THE ETERNAL SKY"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの4th企画アルバム。


本隊以外にも何気に手広い活動をしている印象のあるDragon Guardianによる
新たな企画ミニアルバム
で、本作は何と出世作となったメジャーデビューアルバム
“ドラゴンヴァリウス”
スピンオフ的な側面を持ったコンセプトとなっており、
音楽的には和の要素も無ければピコピコサウンドも無い、まさに純度100%の
シンフォニックでファンタジックでクッサイDragon Guardian
らしさ満点の仕上がりを
見せているが、定番の語りや台詞は無く歌詞も英語詩が目立っておりギターソロも
しかと存在しておる!
ヴォーカルを務めるのはDragon Guardian企画モノの
定番シンガー
となりつつあるLeo Figaro氏で、さらにゲストギタリストでまたKOUTA氏も
参加しておりエモーショナルな泣きを披露してくれるぞ!

1曲目は民謡フレイバーも湛えた早速のファンタジー丸出しなクッサイシンセが舞う
イントロで、続く2曲目は頭からヴォーカルと共に勇壮に疾走!バックで笛の音
顔を出しストリングスオブリも聴けポジティヴな印象があるのう・・・!
中盤のインストパートもクサさを放っておりメロディアスなギターソロも聴けるぞ!
3曲目はチェンバロ、ヴォーカルで幕を開け軽快なバンドサウンド、煌びやかな
シンセも登場、
ヴォーカルは結構抑え気味の低音で歌っているが次第に曲が
盛り上がりを見せ始め当然のように疾走!明るめの前曲とは異なりシリアスな
雰囲気が漂っているな・・・!
中盤はチャーチオルガン鐘の音も顔を出し
かつてのドラゴンヴァリウスで聴けたようなフレーズも登場するぞ!
4曲目は珍しく正統派のハードロックらしいリフが顔を出し意外とシンプルに展開、
だがサビはそれなりに盛り上がりもありギターソロは疾走しクサさを見せつけるぞ!
5曲目は早速のクサさ漂うストリングスで幕を開け壮麗に疾走!やはりドラゴンヴァリウスで
あったような雰囲気
を感じさせメロスピの定番、飛翔感漂うポジティヴさを見せるのう・・・!
ギターソロは歌謡曲と言うか勇者アーサー氏が敬愛するK-POP的な哀愁も感じさせるぞ。
6曲目はうって変わって今風のデジタル系シンセ、へヴィリフが暴れ疾走!だがヴォーカルパートは
本作の方向性から大きくずれる事の無いファンタジック&シンフォニックなクッサイ疾走感
見せており、何気にベースラインも目立っておるのう・・・!中盤のインストパートで聴ける
ヴァイオリンシンセ叙情的なクサさを見せており良いな。


名盤“ドラゴンヴァリウス”スピンオフ的アルバムだけに音楽的にも共通しており
実にDragon Guardianらしいファンタジックなシンフォニックメロスピを披露、
ミニアルバムなのが惜しいクオリティーを有しておるわい!それでいて企画モノだけに
語りや台詞が無くギターソロがあるのもメタラー的に好印象だな(笑)。あのアメコミ最高傑作
ウォッチメン
スピンオフの前日譚をリリースしたし、モンスターズ・ユニバーシティ
前作モンスターズ・インクの前日譚だしな(笑)。時代はスピンオフか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 聖魔百年戦争  傭兵街グランディアス  不死なる英雄  五聖剣







"忠臣蔵鬼倒伝"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの5th企画アルバム。


何気に本隊よりも企画プロジェクトのほうが多く音源をリリースしている感のある
Dragon GuardianKNIGHTS OF ROUNDとコラボした和風スタイル“桜牙”名義による
最新アルバム
で、前回のコンセプトが一段落ついた後にリリースされた本作のコンセプト
何と日本人の心の故郷である忠臣蔵だ!この手のコンセプトに悉く疎かったこの俺だが、
正直言って忠臣蔵には結構うるさい方で、かつては毎年年末にやってた時代劇や映画等を
ガンガンに観まくっていた過去
もある程である!キアヌ・リーブス主演“47 RONIN”
一足早く公開され実にタイムリーなコンセプトじゃのう!音楽的には俺を満足させて
余りある才
を誇るDragon GuardianKNIGHTS OF ROUNDだが、果たしてコンセプトでも
この俺を唸らせる事は出来るのか!?
とは言いつつうちはメタルサイトなんで、
コンセプトは置いといて単純に楽曲のみで判断しよう(笑)。


1曲目は尺八の音色語りや台詞が乗る長めのイントロで、続く2曲目は琴の音色に加え
ストリングス
も顔を出しつつ疾走する明るめの女性Voメロスピだが、意外とアッサリ風味で
尻すぼみ的なアウトロを見せているが
3曲目はシリアスさ漂う和風メロスピとなり
デスVoっぽいシンガロング風のパートも登場!4曲目は明るめのポップなムードが漂う
軽快なアップテンポ曲で、シンセも目立っておりアニソン要素が相当に強い曲だな・・・!
5曲目はいかにも和なムード漂うクサメロが顔を出しミステリアスでモダンな面も見せ、
ガテラル寄りのデスVoもどこかお経っぽさがあるが、やはり基本的にはキャッチーで
クサい曲である!
中盤以降はちょいモダン寄りのリフ、リズムをバックに台詞が聴けるぞ。
6曲目は和の風味漂うリードギター怪しさを醸し出し疾走開始!ヴォーカルメロディーも
クサさ、フックに満ちておりツボを突いておるわい!中盤以降の語りの後に聴ける
泣きのツインリード
もまたたまらんのう・・・!7曲目は大仰なシンセ台詞が乗り
どこかポップなムードを醸し出すもリフは叙情性があるな。8曲目はポジティヴな
ムードを漂わせた疾走チューン
で、リフがなかなかにドラマティックで中盤は結構
ストロングな印象
もあるか!?9曲目はクサい哀愁を漂わせたリードギターが聴ける
イントロ
に続き疾走開始!ギターがまた相当にクサいがその裏でベースも目立っており
チャーチオルガン
も聴けるのう・・・!中盤では台詞をバックにモダン寄りのへヴィリフ
顔を出し、後半はストリングスによる叙情的なパートも登場、その後はまたへヴィに
展開し劇的さも見られるぞ。
10曲目はクワイアっぽいコーラス風のシンセで幕を開け
軽快なアップテンポキャッチーさを見せる明るさ叙情性を内包した曲である。
サビはツーバスも連打されるぞ!


音楽的には流石に国産メロスピ、クサメタルシーンにおいてトップクラスの
クサさ
を誇るDragon GuardianKNIGHTS OF ROUNDだけあって流石のクオリティーを
見せているが、
コンセプト面ではあんま忠臣蔵っぽさは無いなぁ・・・!(爆)
大石の息子
不破数右衛門はどこに行ったのだろうか・・・!?堀部安兵衛
江戸に向かう最中にチンピラに絡まれるも、事を荒立てないためあえて股を潜った
漢エピソード
や、大石が垣見五郎兵衛の名を名乗って旅籠に止まるも、本物の
垣見五郎兵衛
が来て一悶着ありそうになるが、垣見五郎兵衛が大石の討ち入りの
意図を悟って引き下がる超カッコイイエピソード
とか一体どこに行ったんや・・・!
討ち入り当日の朝、大石浅野内匠頭のカミさんである瑤泉院の所に討ち入りの
報告に行くも、
喋ろうとした瞬間女スパイが紛れ込んでいる事に気付き、咄嗟に
アドリブで「ようやく仕官が決まりまして、枕高うして寝れまっせ!」等と
心にも無い事を吐き瑤泉院をブチキレさせるも、その後大石が置いて行った
書状
女スパイが盗もうとした所を瑤泉院らが取り押さえ、書状を見てみたら
赤穂浪士の血判状だった・・・みたいな激熱漢エピソードてんこ盛りなんだけどなぁ・・・!
忠臣蔵は反幕・・・反体制、反権力の物語なんだがそういうエッセンスも無いな(爆)。
陥れられ切腹させられた主君の無念を晴らすのが本筋で、自身の復讐のため
闘う事
リベンジと言うか、他者の復讐のため闘う事アベンジと言う!
そういう意味では赤穂浪士とは日本のアベンジャーズなのだ!!(爆)

メロディー面ではやはりクサさ、キャッチーさが強く和の要素を感じさせる
フレーズ、アレンジ
も出てくるがちょい大人しめな印象もありシンプルな感じで、
過去作のようは派手さ
は感じられないか!?ギターソロが少ないのもメタラー的には
気になる
が、イベントや通販サイトで手に入る特典CDは何と本作の全曲から
語り、台詞を抜き、
さらにVocchang氏によるヴォーカルヴァージョンも収録された、
まさに我々メタラーのために用意してくれたかのようなテイクとなっているので
メタラーはこの特典CDが手に入る入手方法で是非ともゲットして頂きたい!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 いつの日か  天誅  永遠の願い  決戦、討ち入り







"Dragon Guardian feat. Leo Figaro / Eternal Sword"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの企画シングル。


メジャー、インディー双方でグイグイ来ている超絶ファンタジックシンフォニック
クサメタルプロジェクト
による企画シングルで、かつてリリースされたピコピコ音を
多用した企画アルバム“FAIRYTALE”
海外盤ボーナストラック3曲に加え新曲を
1曲プラスした4曲入りのシングルとなっておる!
Dragon Guardianがたまにやりたがる昔の
ファミコンみたいなピコピコサウンド
海外でウケるようで、ピコリーモなんかもそんな
流れで出てきたサブジャンルだしチップチューンなんかも盛り上がっているのは海外だしな・・・!

1曲目は過去曲ピコピコしたデジタルサウンドでリアレンジし、
そこにLeo Figaro氏のヴォーカルを乗せたテイクとなっているが、完全にピコピコ音
アレンジ
という訳では無く、リードシンセがファミコンサウンドと言うだけで
それ以外はちゃんとしたバンドサウンドである。2曲目は純然たる新曲で、早速勇壮な
フレーズ
が聴けるも本作に合わせてこれまたピコピコしたファミコンシンセがメインで
個人的にこういう音は好みじゃないなぁ・・・!(爆)Leo Figaro氏のヴォーカルも聴け
アニソン要素よりもエピックメタル的な勇壮さを放っており、サビは疾走しメロディーが
かなり良い
だけにこういう音ではない、ちゃんとしたシンフォニックメタルでいつの日か
アレンジし直してもらいたい
のう・・・!3、4曲目は共に過去曲のピコピコ音アレンジだが
これまた完全にシンセオンリーでは無くバンドサウンド、ヴォーカルもしかと聴けるぞ。


昔のファミコンのようなピコピコしたチープなシンセを前面に押し出した企画シングルで、
個人的にこの耳に刺さるデジタル音まったくもって好みじゃないんだが、最近の
チャラいピコリーモ、デジタルメタルコア等で育ったリスナーには逆に新鮮で
楽しめる
のだろうな・・・!やはり俺は同じシンセでもシンフォニックなサウンド
好みなのだ!ヴィタリ・クープリのシンセの音あんま好きじゃないしな(爆)。
上でも書いたが新曲の2曲目はそのうちシンフォニックにアレンジし直して頂きたいのう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Battle Of Sword







"輪廻のウロボロス"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトの6th企画アルバム。


今やこっちの企画モノである“桜牙”のほうが活発な印象のあるDragon Guardianなんだが、
KNIGHTS OF ROUNDともども日本人的な感性ではあるがどちらかと言ったらヨーロピアンな
スタイルのファンタジックさを追求している反動か、
こっちのほうはこれまでずっと和の
要素を前面に押し出したスタイルを見せてきた・・・!
だがここに来て新たにリリースされた
通産6作目の本作
では一気に雰囲気を変え近未来的なSF要素をコンセプトにしておる!
ルカ・トゥリッリ
もかつてソロで同じような事やってたがそれはともかく、SFという事で
スターウォーズスタートレック的な世界観に仕上がっているのだろうか!?それとも
“銀河ヒッチハイクガイド”か去年公開されたマーベルコミック映画の最新作
“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”
だろうか!?(爆)「俺、グルート」

1曲目はコンセプトを表現するかのようなインダストリアルな質感のあるデジタル音に
語り
が登場、続く2曲目もデジタルシンセモダンなヘヴィリフが聴けエフェクトが
かけられたヴォーカル
も登場、Aメロはスローだがその後は疾走し従来のDragon Guardianに
近い空気も放たれ、
中盤は語りの後にギターソロも聴けラストは語りをバックにクサめの
シンセ
が顔を出すぞ。3曲目はピコピコしたシンセにこれまたヘヴィなギターが聴け疾走!
メロディー自体はDragon Guardianっぽいポジティヴなクサさがあるのう・・・!中盤のソロは
シンセがピコピコと舞う感じだな。4曲目はチープながらも笛っぽいシンセ民謡風の
フレーズ
を奏で疾走!アレンジはシンプルだがクサさはしかとあり、部分的にベースが
目立っているぞ。
中盤は語りをバックにギターソロが聴け、ポジティヴでクサいツインリード
顔を出すのう・・・!5曲目はどこか正統派HM/HR然としたノリでワウを効かせたリードギターも登場、
リフが無くアッサリした感じだがキャッチーさはあるな。6曲目は叙情的なストリングスが
本来の彼等らしさを放ち疾走!
リフが使い回し感あるが(爆)Dragon Guardianらしい
クサさ、勢い、ファンタジックさ
がありヨーロピアンなクサさをしかと放っているぞ!
女性Voは結構落ち着いた歌い回しだな・・・!7曲目はまるでRAINBOWの“KILL THE KING”みたいな
リフ
で幕を開けるが、その後はキラキラしつつもサイバーなシンセが聴けるポップ寄りの曲である。
8曲目は哀愁漂うストリングス、ピアノが聴けつつも穏やかさを見せるバラードとなり、
9曲目はシンセがスペイシーながらも煌びやかさを放ちゲスト参加のspetsnaz氏による
デスVoと共に疾走!
そこまでヘヴィでは無いメロデス色濃い叙情的なギターも顔を出し
初期IN FLAMESと言うかSERPENTっぽい感じだが(爆)、ギターソロも勢いがありなかなかに流麗だな・・・!
10曲目は叙情的なシンセ、クリーンギターに始まり淡々としたムードを演出、語りをバックに
泣きのギター
も聴けるアウトロ的な楽曲である。


クサいメロディーや疾走感Dragon Guardian、KNIGHTS OF ROUNDらしさが残っているも、
音楽的にはSFコンセプトに合わせてかインダストリアルでサイバーなデジタル系の
モダンサウンド
となっているも、半端にシンフォニックなクサメタル要素もあり
結構どっちつかずな印象があるだろうか!?ヘヴィにするなら徹底的にゴリゴリにするべきだが、
そうなってくるとヨーロピアンな情緒を好むクサメタラーには敬遠されてしまうだろうし、
かと言ってアニソン臭さを出し過ぎると今度はインダストリアル側のリスナーにダサいと
思われる
だろうしで何気に難しいコンセプトなのかも知れんな・・・!スターウォーズとかのサントラ
物語っているように、この手のコンセプトもシンフォニックなオーケストレーションこそが最もマッチする
思うのだがいかがだろうか!?ここ最近の桜牙関係全般に言える事だが、全体的にどうにもリフに乏しく
シンプルさが強いのも気になる所だな。
そろそろ本隊Dragon Guardianのほうで
以前のようなガッツリと気合の入った名盤をリリースして頂きたい所じゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 碧狼の暗殺者  贖罪の聖女  Fates Of Tragedy







"少年騎士と3人の少女の英雄詩"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトによる6thアルバム。


ついにDragon Guardianがあるべき姿で帰ってきた!前作“聖魔剣ヴァルキュリアス”より
およそ4年、その間ベストアルバムを出したり、コンピレーションを企画したり他にも
別名義で桜牙DRAGON EYESで音源をリリースしては来たが、Dragon Guardian本隊としては
実に久々じゃのう!
DRAGON EYESは良かったが、桜牙やその他の企画では正直精彩を欠いていたのも
事実である・・・!だが本作は久々の快進撃と言えるアルバムで、何とこれまでメタラーには不評だった
語り、台詞を完全に廃し、
本格的な女性Voモノのシンフォニックメタルとしてキッチリと
仕上げてきており、ジャケのこっ恥ずかしさはともかく最もメタラーにオススメ出来そうな
1枚
になっているだろうか!?どうやら日本のライトノヴェルの何かとコラボしており、
当然ながら俺はサッパリ判らんがアレだ、多分アドベンチャータイムみたいなモンだろう(爆)。

1曲目は早速のエピカルなオーケストレーション大仰さを放つイントロで、2曲目はギターが
クサいフレーズを奏で疾走!オーケストラも有機的に絡みギターソロは無いがオーケストレーションによる
インストパートが実にクラシック的で良いぞ!3曲目もオーケストレーションと共に疾走しており
途中タンゴ的なパートも登場、女性Voはナヨナヨ気味の媚び声イマイチだが・・・!(爆)
4曲目は意外にもメロハー然としたシンセ、リードギターがどこか80年代っぽさを演出、
サビは疾走し中盤はエモーショナルなツインリードも顔を出すぞ。5曲目は勇壮なストリングスが
クサい幕開けを見せ爆走!女性Voは無理矢理低いピッチで歌っているような感じで
音を外し気味なのが気になるなぁ・・・!6曲目は民謡ライクなアコーディオンが聴ける短い繋ぎで、
7曲目はメロウな印象があり笛の音も登場、サビはやはり爆走しておりクサいギターも
顔を出すぞ。
8曲目はよりシリアスで壮大なオーケストレーションが顔を出しつつ
今っぽいシンセも登場、ヴォーカルラインはアニソン寄りな面があるな。9曲目はメロウさ満点の
ストリングス
で幕を開けキラキラシンセも聴けつつ爆走!ARCH ENEMYの“Ravenous”みたいな
フレーズ
も顔を出し本作中最もクサいメロディーが楽しめるキラーチューンじゃのう・・・!
10曲目は優雅な幕開けから穏やかなムードを醸し出すアウトロ的なインストである。


上記したよう語り、台詞の類が完全に消滅しており、Dragon Guardian本隊としては最も
恥ずかしくない1枚
になっており好印象である!まぁそれ故にイロモノ、キワモノ的な
要素
も減退し賛否分かれる部分かも知れんが、メタラー的には嬉しい所だな。ただそれでも
ギターソロが目立っているような事は無く、ヴォーカルメロディーもそこまで強烈なクサさ、
フックは
見られず、本作はオーケストラアレンジとバンドサウンドの絡みを重視したような
楽曲で固めてきた感があるな。女性Voがどうにも弱く説得力に欠け、全曲似たような
テンション
な上に展開的には相当にシンプルで、かつてのような良い意味で複雑な劇的さ、
ドラマティックさ
が無く1曲1曲が短くなっちまっているのが欠点だが、それでもクオリティーは高く
クサメロを追うよりもオーケストラアレンジの妙を楽しむシンフォメタルとして聴くのが良さそうだな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 英勇に憧れた少年の物語  伝説の竜姫
世界録を巡る冒険  炎崖都市ジオ  決戦、炎の将魔







"ラグナロク〜神々の黄昏〜"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトによる最新企画ミニアルバム。


去年(2015年)において、ようやく本隊名義で最新フルアルバムをリリースし
久々にライヴも続けて2度行われ、全国のクサメタラーを歓喜させたアニソン系
シンフォニッククサメタルプロジェクト
が早くも最新作をリリース!本作はまた
企画系のミニアルバムで、何かと縁のあるMinstreliXのシンガーLeo Figaro氏
ゲストに迎え男Voで製作されたクサメタルアルバムに仕上がっておる!

1曲目は勇壮なオーケストレーションによるイントロで、2曲目は哀愁漂う
リードギター
と共に疾走!落ち着いたパートもあり、ギターソロは勢いがあるぞ!
3曲目はチェンバロ、歪みの無いハモンドオルガンに始まりこれまた疾走!ギターが
またメロウな哀愁を感じさせ、途中ストリングスのパートも聴け淡々とした面もあり、
後半の爆走パートがまた熱いぞ!4曲目は荒々しいヘヴィ寄りのギター、デジタル音
顔を出すも、サビはキャッチーさがあるか!?5曲目はアコーディオンに始まり
民謡要素の無い疾走メロスピでありつつバックでフガフガ目立ち、中盤でまた
ミュゼット風のパートが聴けるぞ。6曲目は哀愁漂う出だしから壮麗な
ストリングス、ドラマティックなギター
も登場!ダークな雰囲気があり、
この曲のみ女性Vo勇壮な歌唱を聴かせてくれるのう・・・!


Leo Figaro氏のハイトーンVoをフィーチャーしたシンフォニックメロスピだが、
従来のDragon Guardianと比べて哀愁漂うリードギターが押し出された印象があり、
オーケストレーションはバッキングメインな感じで“少年騎士と3人の少女の英雄詩”とは
また異なる雰囲気が感じられるだろうか!?過去の企画盤で見られた和風な要素や
デジタル、チップチューン要素
が無く、一部風変わりな曲も見られるがあくまでも
シンフォニックメタルで攻めているのも好印象だな。




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 時空の旅  血塗られた聖職者
ラグナロク  古城への扉







"Tactics Of God Wars"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルプロジェクトによる最新シングル。


2015年に新譜をリリースし、待望のライヴも行ったシンフォニッククサメタルの
大物プロジェクト
による久々の音源である!とは言えDRAGON EYESとしては去年にアルバムを
リリースしており、本家Dragon Guardianもその後企画盤をリリースしていたんでそこまで
期間が開いた訳では無いんだが、何故か久々に感じるこの本作、フルアルバムでは無く
シングルではあるものの、何と14分ある大作とヴァージョン違いが収録されており、
実質1曲のみではあるがボリューム満点な歯応えを感じられよう・・・!ちなみに
ギターでKOUTA氏が、VoでLeo Figaro氏がゲスト参加しているぞ。

そんなわけで14分の大作、早速の荘厳なオーケストラ、クワイアで幕を開け
ポジティヴかつクサいリードギターと共に疾走!Voパートで落ち着きを見せるが再び
壮大に盛り上がり疾走し、クワイアによるシンガロング(?)はややダサく感じるが、
そこで聴けるギターソロメロディアスな泣きを見せており良いな・・・!その後
チェンバロ、Voによる穏やかなパートを挟み、ヘヴィなテクニカルパートが見られ
大作チューンのお約束的なプログレメタル要素が垣間見られるが、シンフォニックな
クサいパート
に続き疾走するぞ!ラストは泣きのギターに続き穏やかな終焉となるのう・・・!
2曲目はRADIO EDITで短い5分の短縮ヴァージョン、3曲目は8bitのピコピコアレンジだが、
全部ピコピコでは無くリードギターのみそういうシンセで逆に中途半端か!?


よくある長尺曲のようなダレをなるべく生まないように作ったと勇者アーサー氏御本人様が
仰っていたように、大作ではあるがプログレメタルにはならず、あくまでもクサメタルとしての
ツボ
をしかと突いた仕上がりになっており、途中でヘヴィなテクニカル要素が見られはするんだが、
あくまでも一要素に過ぎず基本はクサく壮大なシンフォニックメタルなんで、
クサメタラーに優しい大作だろうな・・・!元からそうだが、全体的に明るくポジティヴな
雰囲気
が強いため憂い、哀愁を好むタイプのクサメタラーにはイマイチピンと来ないだろうし、
もうちょいリフも凝って欲しかったが確かにダレは無い大作だったわい!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Tactics Of God Wars(1、2曲目)







もどる


inserted by FC2 system