Dirty Old Men







"bud"




日本のファンタジックエモコアバンドの1stアルバム。


美旋律を武器とした国産エモコア、ギターロックバンド
これまでミニアルバムをちょくちょくリリースし名を上げてきた
らしく本作が待望の1stフルレンスアルバムとなっている。
音楽的にはバンドサウンドがけっこうハードめなエモコアだが
メロディーラインがやはり日本人らしいクサささえ感じさせる
叙情性を持っておりツボを付いたコーラス、サビのキャッチーさ
特筆すべき部分だろうな!エモ特有の湿り気を帯びたハードロック要素
あるバンドサウンドもエモキッズからメロハー好きまで幅広く
アピールできる
と言えよう!

1曲目のイントロでアコギと共に異様にナヨナヨしたヴォーカル
出てきた時はハズしたかと思ったが(爆)、その後バンドサウンドが
登場しアップテンポになるぞ!ブリッジで聴けるバックのコーラスも
良くテンポダウンしキャッチーなメロディーを聴かせるサビもクサい!
ヴォーカルもたしかにナヨナヨした感はあるがエモとしてはこんなもんだし
十分歌えているぞ。3曲目は再びアップテンポで明るくも叙情的な
キャッチーメロが聴けるぞ!途中コミカルなアレンジも出てくる。
5曲目はミドルテンポだがサビでちょいとテンポアップしやはり
エモーショナルでキャッチーなメロディーを聴かせてくれるな。
8曲目はアップテンポで展開する短い曲だがそれでも叙情メロ、
コーラス、サビ
と必要な要素は全て揃っているぞ!10曲目も
疾走するエモバンドとしてはアグレッシヴなイントロで始まり
ヴォーカルも低音寄りでパワフルさを感じさせる歌い方をしたり
ファルセットを聴かせたりと表現力はあるな。


爆走せず荒くなったLast Allianceと言えそうな芳醇な
叙情キャッチークサメロ
を持った実力派エモバンドである!まぁバラードとか
ちょいと大人しすぎる印象があったりするしアレンジがワンパターン
ダレを覚える部分もありまだまだ未熟な所もあるが実に将来が楽しみな
バンドだと言えよう!とまぁ楽曲自体はいいセンスしとるんだが歌詞の方は
ぶっちゃけ現実逃避しすぎの浮世離れファンタジック要素が強すぎて
パンクとはとても呼べんなぁ・・・!俺はサンホラとかに鍛えられ歌詞を
無視してメロディーだけ聴く
という芸当を身につけてるので
大して気にならないがこのカマ臭ぇ軟弱リリックに中指立てて
ディスりたいド硬派パンクスもさぞかし多かろう・・・!まぁエモなんで
これくらいモヤシな方がそれっぽいと言えなくも無いのだが、勘違いしないで欲しい!
エモ・・・エモーショナル・ハードコアは元は逞しきハードコア野郎
ナイーブになって何が悪いという初期衝動で始まったジャンル!
何だかんだで初期エモは男らしさがあったのだ!背中で泣く男の美学だ!(笑)
炭鉱夫
がクタクタになりながら妻子を思い夕日をバックに家路に
つく時
の、やさぐれた場末の埃臭いバーで人生を投げ出したいと
思ったナイスミドルが涙と共にウィスキーを流し込むBGM
初期エモだ(意味不明)。話が脱線しちまったが、このままメロディー、アレンジセンスを磨き
セルアウトすること無く叙情クサエモを追求していってもらいたいものである!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 moon wet with honey、
elif、to be brave、intentionally







"Time Machine"




日本のファンタジックメルヘンエモコアバンドの過去曲をリメイクしたアルバム。


パンク畑のバンドでありながら去勢されたかのような軟弱なメルヘンファンタジー要素を
大々的に取り入れ、
それでいてよくある3流叙情オルタナ、文系ロック連中と違い
曲の良さもしかとある将来有望な幻想エモバンドの、過去曲をリレコーディングしさらに
新曲も収録したリメイクミニアルバム
である!本作でメジャーデビューしたようで
セルアウト化の危惧があるも逆に良くなったバンドも少なくないんでとりあえずは様子見か・・・!?

“moon wet with honey”、“elif”等と言った彼等独自の個性を打ち立てた
クサメロメルヘンファンタジーエモチューンタイトさ、洗練度を増した
アレンジ、演奏
で蘇りオリジナルの持つ野暮ったさに潜むどうしようもなく
ファンタジーがしたいんだ!
的な初期衝動が薄れてしまっているのが気になるも元の曲自体は
良いんでさほど気にせず楽しめるだろうか!?新曲である1、2曲目は共にまぁ無難な出来
元々特別クオリティーが高いバンドではないんでこんなモンか!?


メジャー行きという事でインディーズ時代の曲をリレコーディングしリメイクアルバムとして
リリースする
というのは何気にジャンル問わず多くのバンドがやっており、名刺代わりとしては
丁度いいのだろうが問題はこの後である!果たして彼等もまたセルアウトの毒牙にかかって
しまうのか、それとも芯を曲げずクオリティーだけそっくり上げる事に成功するのか・・・!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 moon wet with honey、elif







"somewhere"




日本のファンタジックメルヘンエモコアバンドのミニアルバム。


意外とタイトでハードなバンドサウンドにちょいとクセあるソフトなヴォーカル、
女々しいメルヘン、ファンタジーを題材にしたゲイのような(爆)歌詞が特徴の国産エモバンドの
5曲入りミニアルバム
である!前作が過去曲のリメイクだったのに対し本作は新曲で
構成されており
さらに叙情性、ファンシーさがアップした姿を見せてくれるのであろうか!?

1曲目は軽めのドラム、ギターで軽快に疾走しベースラインが目立ったライトなアップテンポ曲。
エモ
というかオルタナ的なムードを醸し出しているな・・・。歪みの薄いメロディー重視の
ギターソロ
も聴けるぞ。2曲目もまたギターの音は軽くハードさの無い音作りになっており
メロディーもあまり面白くは無いなぁ・・・!3曲目はクリーンギターが聴けヴォーカルは
ウィスパーで歌うバラード曲。4曲目は明るくポップながら叙情性も備えなかなかに
キャッチーな要素がありメロディーも良いアップテンポ曲。5曲目は過去曲
“elif”みたいなノリ、雰囲気を持った彼等の持ち味、個性が存分に発揮されたポップチューンだ!


どうにもバンドサウンドが軽くなってしまっており前作までのハードロック寄りとも
言えそうな硬質さが失せ、エモと言うよりはよくある叙情系オルタナサウンドに
接近してしまっている
ような感じに仕上がっておりBUMP OF CHICKENの亜流のような
歌詞だけの3流バンド共と同じようなスタイルになり下がってしまっており
どうにも首を傾げたくなるのう・・・!メロディーも弱くなりファンタジーライクな
フックが消えてきている
のが気になるわい!センチすぎる歌詞だけが評価され曲の良さという
自分達の本来の持ち味を見失ってしまったのだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 60% お気に入り曲 残した君の夕影







"GUIDANCE"




日本のファンタジックメルヘンエモコアバンドの2ndアルバム。


同じファンタジーでもRHAPSODY OF FIREのようなハリウッド系勇壮マッチョエピックモノではなく、
Dragon GuardianのようなジャパニーズRPGでもSOUND HORIZONのようなアキバ・ギーク&シニカル系
暗黒ファンタジー(?)
でもない、天使、妖精系少女マンガファンタジーを題材とし実に女々しい
世界観
を演出、“ぼくのエリ 200歳の少女”のエリのように去勢されたエモをプレイし
パンク界に本格的に環境ホルモンの変化を到来させた(!?)国産バンドの待望の2ndフルアルバムである!
ギターが全然歪んでおらずメロディーもクソつまらなくなりよくある歌詞だけの
叙情オルタナ、文系ロック
に堕してしまった前ミニアルバムと比べると多少はハードさが
戻ってきた
感がありメロディーも彼等らしいフックが帰ってきておる!

1曲目はいかにもエモライクな叙情性を放ちつつタイトなドラム退廃的ムードを
醸し出し
ヴォーカルメロディーはポップス系のキャッチーさがあるな。ギターソロ
顔を出しメロディーをなぞるプレイを聴かせてくれるぞ。2曲目は早くもメロウさが
全開になったバラード
クリーンギター、ウィスパーVoが聴けそしてバンドサウンドも
多少の盛り上がりを見せメロディーもなかなかに良いな。3曲目は前ミニにも収録された
軽いギターと共に疾走する叙情エモファストチューン。4曲目は退廃的なムード漂う
バンドサウンドで始まり哀愁漂うヴォーカルメロディーが顔を出す実にメランコリックな曲
メロディーが良いな。後半の恥ずかしいガキンチョのコーラスもまぁ彼等らしいのう!(爆)
5曲目はヘナチョコなホイッスル系の笛の音に軽快なバンドサウンドが聴けこっ恥ずかしくなる
ファンシーメロディー
が乗る彼等らしいアップテンポ曲だ!“elif”、“MY HERO”の流れを組む
まるで自分までオカマになったかのような心境にさせられる(!?)、去勢パンク、2丁目パンク
言いたくなってしまいそうな出来ですわねあらやだわ奥様ったらウフフ(笑)。6曲目はオルタナ的な
軽めのバンドサウンドが穏やかな叙情性を演出、途中からアップテンポになりサビのメロディーは
なかなかに良いな。7曲目は本作としてはアグレッシヴなムードを持った疾走曲でバンドサウンドは
軽くメロディーは典型的ポップス風セルアウトしたV系バンドのようなノリなのが気になるが
まぁ悪くは無いな。ギターソロも顔を出しドラムも何気にいい仕事しておるのう!
8曲目はクリーンギターが穏やかさを出すバラード系の曲。途中でバンドサウンドが盛り上がり
メロディーはこれまたJ-POP要素が強すぎるもやはり悪くは無いだろう・・・!9曲目は
軽めのギターのカッティングがノリの良さを出しアップテンポで展開、バッキングギターが目立った
エモというかオルタナ系でこれまたサビメロがポップス寄りのキャッチーさを見せているのう・・・!
10曲目はアコギ、ベースで始まる穏やか系のソフトな曲。これもポップス系のサビが聴けるぞ。
11曲目は前々作のリメイクミニに収録された曲だがあっちのヴァージョンと比べるとどうも
音が軽くなりまったりした雰囲気になっているなぁ・・・!


歌詞だけの文系オルタナに接近してしまった前ミニアルバムと比べるとまだ1stの頃の
ファンシー要素、メロの良さが戻ってきておりとりあえずは胸を撫で下ろせる
それでも1stのような垢抜けなくもハードめのバンドサウンド、メルヘン系のフックある
ファンタジックなメロディー
は薄れており、セルアウトというか往年のB級クサメタルのように
洗練された事によってつまらなくなってしまった典型例かも知れんのう・・・!
アルバム後半でダレを覚えるし、サビメロがありがちなセルアウトJ-POP風になってしまっており
サビしか印象に残らない、聴き所の無い典型的J-POPバンドに成り下がってしまうのではないかという
危機感もありこのままだとちょいとヤバいかもなぁ・・・!シンセに頼らず
ファンタジーなムードを出そうとしている
のは努力の跡が見られるな。恥ずかしがらず(?)5曲目のような
個性ある曲をバンバン増やして独自の去勢エモ・・・ゲイ・パンク(褒め言葉)を
確立したほうが成功するんじゃないだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 約束の唄、ことばのうえ、chocworld







"doors"




日本のファンタジックメルヘンエモコアバンドの3rdアルバム。


パンク・・・エモ/オルタナ畑出身でありながらも男らしさを徹底的に排除し
女々しいファンシーでファンタジックなメルヘンワールド
を構築し独自性を放つ
幻想妖精系バンド通算3作目のフルアルバムである!どうやらメンバーチェンジ
あったようでリズム隊が一新されたが音楽性に影響はあるのか!?今もまだ
彼らの目に妖精チャンは映っているのか!?それとも・・・!?

1曲目はライトさのあるクリーンギターで幕を開け軽快なアップテンポになり
軽めの音作りではあるがギターやベースが結構バッキングで主張を見せており
ヴォーカルは明るさがありサビはあざといJ-POP的キャッチーさを放っているのう・・・!
中盤以降のパートが哀愁を感じさせ最もクサさがあるか!?2曲目はこれまたどこか
明るめ
なムードがありリズムがダンサブルイマドキっぽい部分があるミドル曲。
3曲目は珍しいデジタルシンセが聴けこれまたダンサブルな軽薄さを放ち激しく
微妙だがヴォーカルパート従来の彼らのようなメロウさがあるな・・・!
4曲目はツインリードが聴けるも曲調自体は落ち着きがありメロディーにフックは
無い
淡々とした叙情性も感じさせてくれるのう・・・。5曲目は穏やかなクリーンギターが
エモさ
を出しつつ落ち着きを見せか細いファルセットのスキャットも登場するバラード。
6曲目もアコギ、クリーンギターソフトさを見せる淡々とした穏やかな曲
7曲目は明るさを出しつつもテンポアップしようやくロックらしいムード
垣間見られるもAメロで例のごとくテンション急降下の淡々アレンジ登場!(爆)
サビは再びバンドサウンドが聴けるも明るいポップス化しておりイマイチだな。
中盤以降はギターソロが顔を出しちょいエモ、スクリーモっぽさが出ているのう・・・!
8曲目は穏やかな中にどこかオシャレ感を放つクリーンギター、ベース、ドラムが聴ける
アッサリ風味のミドル曲。結構ベースが目立っておりこの辺は良いな。
9曲目は疾走感を放つ本作随一のファストな出だしが期待を煽りヴォーカルパートは
テンポダウンするも緊迫感を残しサビはキャッチーさを見せつけるぞ!
10曲目はこれまた穏やかで大人しい落ち着きのある淡々としたスローテンポ曲
11曲目はアコギに叙情的なシンセが聴けるやはり大人しさ満点のバラード。
12曲目は穏やかかつ軽薄なムード漂う売れ線のポップさが濃いミドル曲で微妙じゃのう・・・!


どうやらメンバーチェンジの影響かどうかは知らんが歌詞の方向性が変わったらしく
今までのような妖精チャ〜ン的ファンシー要素から女、女、女な軽薄ラブソング志向
チェンジしたらしいがそんなん知るか!どっちもどっちじゃ!(爆)それよりも曲調が
メジャー行ったせいでメロウさが減退し明るいポップさ、ソフトな大人しさが
前面に出始めちまった事のほうが問題である!
まぁまだ哀愁寄りの曲も残ってはいるが
全体的に無難でメロディーにフックは無く彼らの大きな持ち味であったいい意味で
ゲイっぽい曲
も消滅、さらにダンサブルさまで見せるようになっちまってもう彼らには
妖精チャンは見えなくなっちまったのか!
妖精チャンに手を伸ばさず代わりにオマンコチャンに
オチンポクン伸ばしちまったのか!?
フェアリーの国ではなくデリバリーヘルス
フェアリー学院
を選んだというのかい!?せめて素人童貞のままでいてくれい!
下ネタばっかでスマンコ!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 58% お気に入り曲 doors  コウモリ







もどる


inserted by FC2 system