Deviloof







"Purge"




日本のヴィジュアル系デスコア/グラインドコアバンドによる1stミニアルバム。


かつてラウド寄りのヴィジュアル系は例外無く皆DIR EN GREYフォロワーで、
フレーズや曲展開等臆面無くDIRをパクる他、デスメタル的アプローチを
見せつつもホンマモンのデスメタル、エクストリームメタルには遠く及ばず
メタラーから軽く見られていた・・・!
だが本家DIRが海外でも通じる
エクストリームメタルバンド
として開花し、さらにデスコア畑から
NOCTURNAL BLOODLUSTが登場、それ以降安易なDIRフォロワーは淘汰され、
クオリティーに差はあれど近代V系エクストリームメタルは皆メタルコアや
デスコア
の流れを汲むようになった!ギターソロもキッチリとHM/HR然とした
シュレッド
を披露するようになり、ヴォーカルも従来のなんちゃって
デス声(笑)
では無く、いっぱしのグロウル、スクリームがそれなりには
出来るように成長した!
だがそんな中にあり、どうにもクリーンVoだけが
稚拙で弱く、
メロディーラインもありきたりでチャラい売れ線J-POP系
面白味が無く、「V系メタルコアにクリーンVoなんていらねぇよ!」という
意見のリスナーもかなり多いだろう・・・!そんなクリーンVo否定派の皆様、
お待たせしました(笑)。


ここに登場したDeviloof、一聴するとNOCTURNAL BLOODLUSTフォロワー系の
V系デスコア
かと思うだろうが、彼等にそっちのようなデジタル系のチャラさは
微塵も見られず、
楽曲もデスコアと言うよりはグラインドコア系の非人間的な
凶悪さ
を放っており、ヴォーカルも上記の通り「チャラい売れ線クリーンなんざ
願い下げじゃ!」
と言わんばかりにグロウル、スクリーム一本でナヨナヨと
チャラいメロディーを歌うようなマネはしない!スキル的にもV系を超えており、
グロウル、ガテラル
ピッグスクィール、フライスクリーム等
近代的なエクストリームメタルのVoスキル
を一通り発揮している他、
DIRの京の影響かどうかは知らんがホイッスルボイスも一応使うぞ。

1曲目はスラミングデス系の重苦しいヘヴィさを放つ禍々しいスロー曲で、
多様な変態グロウルが見られ、続く2曲目もヘヴィな重苦しさを放つが、疾走もしており
デスメタル、グラインドコアに近いな・・・!3曲目はブレイクダウンが目立った
ヘヴィで重苦しいデスコアで、疾走しつつも基本はスローでピロピロギターソロも聴けるぞ。
4曲目も爆走とスローを交えた勢いあるデスコアで、Voもテンション高めで変態的だな・・・!
5曲目はトレモロリフで疾走し、変態的な呻き声も顔を出すグラインドコア寄り
6曲目もブラストで爆走したりヘヴィなスローテンポになったりするが、怪しさ漂う
ハモリギター
も顔を出すぞ。


ブレイクダウンでクソ重いスラミングデス振り
発揮したり爆走したりで音だけ聴いたら最早完全にV系の要素が無い
本格的なエクストリームメタル、グラインドコアとなっており、V系を嫌うリスナーでも
楽しめるであろう!チャラさが無い分NOCTURNAL BLOODLUSTより
こっちを好むメタラー
も多いだろうな。演奏もタイトでシュレッドソロや
ブラスト
も当然のように飛び出すんだが、当然ながらブルデス、デスコア、
グラインドコア
なんでメロディアスさは微塵も無く、クサいのを求める
メタラーはお呼びじゃないのは言うまでも無かろう!彼等にはこのまま
NOシンセ、NOクリーンVoのガチのグラインドコアを
とことん追求していって貰いたい
モンじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 A.M.D  Ishtar
Syphilischancroidchlamydiaclervicitisprotozoaaids  Ruin







"Devil's Proof"




日本のヴィジュアル系デスコアバンドによる1stアルバム。


昔は下手糞な連中が大半だったV系だが、2010年代に入ってようやく
マトモに演奏出来るバンドが増えては来たものの、肝心の楽曲は形骸化
いい所で、どのバンドもリフやグロウルはまぁ悪くないものの、サビで急に
クソつまらん
在り来たりな売れ線ポップスメロ大して巧くも無い
ナヨナヨクリーンVo
チャラく女々しく歌い上げるケースが圧倒的に多く、
MALICE MIZERMoi dix Mois、RAPHAELのクサさやDIR EN GREY
ダーティーさに心酔してきた俺等にとってはクソ歯がゆい気分で一杯だった・・・!だが、
ここに来てついにV系の味でもあるが、同時に最大の弱点でもある軟弱ナヨナヨ
オカマクリーンVoを完全排除し、ガワだけV系で中身は超本格的なデスコア、
グラインドコア
をやってくれる、待望の存在である彼等Deviloofが登場した!
ロリコン野郎で例えるなら、モロに20過ぎの女が無理矢理ロリっぽく振舞う中にあって、
ついに完全に外見がロリな20代のAV女優が出て来たみたいなモンか!?(爆)

だが先日公開されたMVにおいて、あろう事か禁忌とされたナヨいクリーンVo
大々的に導入してしまい、さらに音もライトになり脱デスコアし、メタルコア、
ポストハードコア
寄りのサウンドに変化し、賛否真っ二つに分かれたと言うか
否のほうが圧倒的に多かった・・・!さらにはヤカラ感漂いつつも絶妙にタルく
つまらんラップメタルのMV
まで公開、早くも迷走している感が漂い、俺等全員
パルプ・フィクションジョン・トラボルタユマ・サーマン
ツイストを踊っている時のような表情で本作を迎える事になってしまった・・・!

1曲目はヘヴィかつ今風なデジタルリズムも見られる、嫌な予感がするイントロで、
2曲目は問題とされたMVの曲で、上記したよう素人臭さの残る下手なクリーンVo
サビでかなり主張し、ファルセットまで登場し音作りもマイルドになっちまっているなぁ・・・!
3曲目は勢い良く疾走し、トレモロギターも目立ちテンションは高いが、前EPと比べて
やはり毒気が抜けちまった感があるか!?4曲目はさらにシンセまで登場!曲自体はヘヴィだが
再びナヨいクリーンVoも登場、5曲目はアグレッシヴに疾走するが、これまた
ナヨナヨクリーンVo女々しさを放ち、かなりナヨいV系寄りになっちまい
ガッカリである!6曲目は前作の流れを汲んだデスコア路線で胸を撫で下ろせるものの、
サウンドにはダーティーさが見られずそこが気になるなぁ・・・!7曲目はギターがソロを
弾き倒し
音作りもデスコア寄りな、V系らしからぬインストで8曲目はリフが多少の
モダンメロデスっぽさ
を放ち、ブラストやトレモロも聴け好印象だが、ナヨい語りは不要だな。
9曲目はMVで公開された、クソかったるいイキってるだけのつまらんラップメタル。
10曲目はモロにDIR EN GREYっぽいグロウルが聴ける、タルいコーラス入り疾走曲。
11曲目は前EPを思わせるデスコア曲で、やっぱこういう路線こそDeviloofらしさじゃわい!
まぁぶっちゃけ焼き回しな印象も無くは無いが・・・!(爆)


クリーンVo導入、サウンドのライト化で賛否分かれたMVの方向性をそのまま本作に
持ち込んでしまっており、V系のナヨさ、チャラさ、軟弱さが押し出され前EPで
見られたダーティーなコアさ、残虐さ、暴虐さは完全に消滅!大して巧くも無い
素人のカラオケレベルのクリーンVo
が目立ったナヨいV系ポストハードコア
成り下がってしまっており激しくガッカリである!ギターがメロディアスになったのは
メロディー派にはいい事だが、前作のヘヴィでダーティーな、クリーンVo皆無の
路線
でそうなってくれれば理想だっただけに、本作の路線はただひたすらにガッカリである!
一応はまだクリーンVoの無い、本格デスコアチューン多少は残っているのが救いだな。
ガワだけV系で中身はガチのデスコアだったからこそここまで話題になったという事実を
忘れやがって!もし最初から本作の路線だったらその他大勢に埋もれていただろうよ!
これだからV系はダメだな!やはり期待を裏切らないのはガチのHM/HRバンドだけだ!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 Natural Born Killer  LOVER  EGOIST
HERO=MURDERER







もどる


inserted by FC2 system