Desperado







"Desperado T"




日本のヴィジュアル系メタルユニットの1stミニアルバム。


かつてうちでもmp3レビューでその恐るべきクサさを取り上げた
ヴィジュアル系メタラー皇兵交響楽団とこれまた以前アルバムをレビューした
テクニカルギタリストyu-suke氏によるプロジェクトで、音楽的には
どちらかと言えば皇兵交響楽団のスタイルに近い音作りが施されており
ヴィジュアル系ヴォーカルフラッシーな速弾きギター
混ぜ合わせ全体的にHR/HMと言えるアレンジが施されつつもメロスピ、クサメタル
キラーチューン
もあればポップなV系ライトロック、打ち込みのインダストリアル曲
フュージョンライクなインストとさまざまなタイプの楽曲が収録されているぞ。

1曲目はHR/HM的なバンドサウンドV系ヴォーカルが乗った
キラキラシンセも聴けるネットで聴けたポップ寄りのライトな曲だが2曲目は
かつてmp3レビューでクサいクサいと取り上げたネットクサメタラーにとって
伝説とも言える様式美メロスピキラーチューン“Bloodstain〜血痕のフーガ”である!
かつてネットで聴けた曲だが録り直しているようだな。3曲目はデジタル要素
感じさせつつメタリックなギターも聴け加工されたヴォーカルがデスVo
言うよりはV系的な雰囲気を感じさせるインダストリアル系の曲。4曲目は
ファンク系のスラップベースとシンセ、ギター、ピアノが聴けるフュージョン寄りの
シンプルで短いインスト。
5曲目はネットで聴けた曲で演歌的とも取れる
クサいメロディー
が聴ける泣きのV系バラードだ!6曲目はスラッシーな
疾走感
を持ったメロパワ的な楽曲で、パワフルなバンドサウンドに比べて
いかにもV系な弱いヴォーカルが気になるが新曲の中では当然これが
一番好み
である!(笑)一転してミステリアスになるギターソロも良いな。
ツインリードも熱いぞ!


半分の曲がネットでも聴ける
という事で若干価値が落ちているし2、6曲目のような
クサクサメロスピのみではなくポップなV系曲インダストリアル等
非クサメロ曲も多く
2曲目みたいな音を求めて本作に手を出すと
火傷してしまうだろうなぁ・・・!美味しい曲はネットで聴けるというのも
マイナス点だな。クサメロ系の新曲で纏めたアルバムを出せば元来の質の高さもあって
かなり喜ばれるだろうが本作は正直微妙だな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Bloodstain〜血痕のフーガ、SNOW、Re-Birth







"Desperado U"




日本のヴィジュアル系メタルユニットの2ndアルバム。


その恐るべきクサさ、才覚でもってネットクサメタラーの間でも
知る人ぞ知る存在であった実力派によるプロジェクトの2作目で
前作がネット音源が大半を占めていたミニアルバムだったのに対し
本作は新曲が多数を占めたフルレンスアルバムのボリュームで、
楽曲のほうもメロスピのみならず打ち込みインダストリアル
フュージョン風インスト、明るめV系ポップロック散漫さが目立った
前作と異なりスタイルの差はあれどどれもHR/HMスタイルを踏襲しており
メタラーに喜ばれるのは本作のほうであろう!

ピアノ、笛などのシンセがリリカルさを出すイントロに続く2曲目は
V系ヴォーカルによる明るめのメロスピキラキラしたシンセに
切れのあるリフ
が登場し疾走、軽めの音作りだがこの手のスタイルにしては
リフがきちんとしているのも好印象である!ジャーマン系のリフワークだな。
長めのソロもメタラー好みじゃ!3曲目はミドルテンポでやさぐれたリフ
どこか退廃的な雰囲気が印象的な曲。サビはノリが良くなるぞ。4曲目は
オールドスクールのハードロック的なブルージーさを持ったスロー曲。
5曲目はアップテンポのキャッチーなメロハー系の曲でギターフレーズが良く
バッキングのシンセはいかにも80年代風で実に懐かしいな。メロディーも
なかなかにキャッチーである!6曲目は打ち込みサウンドで面食らうも
ギターはカオティック寄りでパンク、ハードコア的な疾走パートもあり
黒夢の“親愛なるデスマスク”タイプの楽曲と言えるかも知れない
アグレッシヴな要素を持った曲だ。7曲目は重ねられたハモリリードギター
エモーショナルなV系寄りのメロウでライトな曲。哀愁を帯びたメロディー、
サビで聴ける琴の音色がもの悲しくいかにもV系で音は軽いが良い曲だな。
ギターが薄い分ベースラインが目立っておりリズムは打ち込みっぽい
雰囲気
になっている。8曲目はドラマティックなギターがいかにもクサメタル的な
空気を放ち疾走する待ってましたのメロスピチューンだ!サビはキラキラした
シンセ
も登場しリフはちょいとモダン寄りだが音自体はジャーマン系だな。
9曲目はアンビエントなシンセがアトモスフェリックな要素をかもし出し
アコギ、ベース、ドラムも登場する穏やかなバラード。泣きのギターソロも聴けるぞ。
10曲目は狙っているのかちょいとダサめ(爆)のオーケストラヒットが聴け
ウォーウォー言うコーラスが登場し曲調はメタルながらもポップ寄り
JAM PROJECTを意識したかのようなサウンドである。11曲目はドラムで始まる
これまた昔のハードロック的なブルージーさを持ったハモンド入りのスロー曲。
こういうタイプの曲は実はV系バンドもよくやったりするんだがやはり
ホンマモンのHR/HMで育ってきた耳だとヴォーカルが物足りないなぁ・・・!


ギターリフ、ソロが主体の古き良き王道タイプのHR/HM疾走メロパワ、
メロスピチューン
から昔風のブルージーさを持ったハードロック等
オッサンメタラーも好みそうな要素を感じさせ前作よりも
格段に良くなっているな・・・!だがHR/HMに接近したが故に高音主体ではあるが
V系寄りの鼻にかかった弱いヴォーカルが音楽性にマッチしておらず
どうにも気になってしまうのう・・・!決して下手なシンガーではない
ミドル曲ではミスマッチな印象になってしまうな・・・。こういうタイプのHR/HMには
ハスキーでパワフルな純然たるメタルシンガーがマッチするんだが
そういった歌い方できるアマチュア、インディーズ、同人系のシンガーは
あんま(まったく?)見かけん
しなぁ・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 Truth in the scarlet、FATE、
亡国の預言者、Dust to Dust







"Desperado 2.5"




日本のヴィジュアル系メタルユニットのミニアルバム。


ヴォーカルのみちょいとクセのあるV系スタイルだがバックのサウンドは完全にメロスピ、
メロパワ、様式美クサメタル系
メタラーにアピールするプロジェクト5曲入り
ミニアルバム
である!1stこそ散漫な内容だったがアルバムを重ねる度に方向性が
統一
されていきメタラーが求めるタイプの楽曲がメインとなってきた感があるが
本作はミニアルバムという事で思い切りメタルのスタイルから逸脱した楽曲もあり方向性も再び
散漫になってしまっている印象があるがそれでもメタラーが求めるキラーチューンもしかとあるぞ!

1曲目はいきなりのギターとシンセがユニゾンするネオクラシカルなフレーズで幕を開ける
様式美系のアップテンポチューンチェンバロもバックでキラキラ舞いギターソロは
速弾きメイン
シンセもソロを披露するぞ。2曲目はモダンというわけではないがどこか
へヴィな印象のあるリフ
が聴けるミドル曲ハモンドも登場し決して今風にはならず
キチンと正統派HM/HRの流れを踏襲した感じだな。ヴォーカルのみV系なのだが・・・!
3曲目はノイジーながら哀愁を感じさせるギターに始まるバラード的な淡々とした
ムード漂う曲。
ヴォーカルの声質のせいか歌謡曲的なフィーリングもあるな。
ギターソロは泣きのプレイなかなかにエモーショナルじゃのう・・・!
4曲目はなぜかMCみたいな声に始まりメタルというよりはV系ライクな明るさのある
ポップチューン
でこの曲は非メタルと言いたくなる感じじゃのう・・・!
5曲目は前作収録曲のリミックスで何と打ち込みデジタルビートが聴けるトランス、
ダンスチューン
になってしまっておる!メタラーにとってリミックスは敵じゃ!(爆)


ネオクラシカルな様式美チューンからへヴィさのある正統派HM/HR、泣きのバラード
V系色濃い明るすぎなおちゃらけポップチューン、打ち込みトランス曲とやはり様々なタイプの
楽曲
が収録されており残念ながら見事に統一感の無いバラバラな、散漫な事この上ないアルバムに
仕上がってしまった
感があるのう・・・!まぁ5曲だけのミニアルバムなんでまだ目を潰れるが
これがフルアルバムだったらかなり評価は厳しくなってしまうじゃろう・・・!1曲目は
キラーチューン
なんでこの曲のために本作をゲットするのが正解かも知れんな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 65% お気に入り曲 Undead Rhapsody II







"Desperado III"




日本のヴィジュアル系メタルユニットの3rdアルバム。


ネットで楽曲を公開しそのクサさで一部のクサメタラーを沸かせたものの1stアルバムは
メタル、メロスピのみならず様々なスタイルの楽曲が収録されており散漫気味で
あまり評価は芳しくならんかった・・・!
だが2ndで方向性の焦点が絞られ始め
ここに紹介する本作はシングルを除けば通算3作目に当るアルバムである!
その方向性は2ndのスタイルを踏襲しさらに進化し徹頭徹尾HM/HRのスタイルを追求!
ヴォーカルこそちょいとクセのあるヴィジュアル系スタイルながらシンフォニックな
メロスピ、アグレッシヴで剛直なパワーメタル
オーソドックスなHRまで顔を出し
バラードもあるが基本はメタル・・・それもメロパワ、メロスピがメインの
熱い1枚に仕上がっておるわい!


1曲目はストリングスリフが早速煌くように顔を出しオーケストレーションが壮麗な
盛り上がりを見せそのままキレのあるバンドサウンドメロスピ的に疾走!ヴォーカルは
やはりヴィジュアル系スタイルだがそれ以外は完全にメタル、メロスピである!
バックでやはりシンセストリングスも聴けシンフォニックさも持ち合わせているが
サビはどちらかと言えばポップ寄りのV系ってな感じだな。リフが意外とジャーマン的な
刻み
を見せる箇所もありソロはシンセに始まりギターも顔を出しツインリードも登場だ!
2曲目はモダン寄りとも言えそうなパワフルなリフで疾走、ヴォーカル以外はまさしく
パワーメタルと呼べそうなムード満点で男臭いシンガロング、ツーバス連打も熱くサビは
キャッチーかつ勇壮な空気がありこれでヴォーカルがホンマモンのメタルシンガーだったら
さらに完成度は上がっただろう・・・!ギターソロは切れ味鋭いシュレッドでこれまた熱いぞ!
3曲目はハモンドも顔を出す意外とオールドスクール風味のあるキャッチーなハードロック
タッピングを披露するベースソロがかなり目立っておりギターソロとバトルを繰り広げるのう・・・!
4曲目は再び登場の疾走メロパワチューンだがAメロはまんまV系だしヴォーカルスタイルは
低音寄りで他の曲以上にV系色が濃くちょいと首を傾げてしまうがそれ以外はまさしくメタル!
ギターソロもメタリックなシュレッドメインでキャッチーなツインリードも聴けるぞ!
5曲目はピアノで幕を開けアコギも顔を出しヴォーカルもV系の味を出せているバラード
途中からバンドサウンドも盛り上がりHM/HRバラードの王道を行くアレンジになっているな。
ギターソロも泣きのメロディアスなプレイだ。6曲目はこれまたモダン系に近い剛直でパワフルな
へヴィさを持ったリフ
が聴けヴォーカルも男臭いデスVo風味の掛け声風な歌唱を披露するも
その後はV系になりサビはシンガロングも聴けるがどちらかと言ったらダークなモダン寄りの
V系ラウドロック
に近いか!?加工された呻き声の後はベースがスラップも披露し
モダンな空気
を出しギターソロもアーミングで唸りを上げる!7曲目はどこかRAINBOWの曲で
ありそうなリフ
に始まりキラキラシンセも切り込みヴォーカルが早速クサめのメロディーを歌い
様式美系のムードをプンプンに放つ疾走チューンでシンセもバックで舞うサビがまたクサいのう・・・!
インストパートはイングヴェイもやったバディネリのようなストリングスが聴けその後
速弾きソロでこれでもかというほど弾きまくりシンセとネオクラシカルにユニゾンする!
8曲目は勇壮かつ哀愁も感じられるギターフレーズで始まるジャパメタの味が醸し出された
キャッチーなハードロックでギターソロは速弾きメインながらドラマティックさがあり
ラストはメロディー重視の泣きのソロが聴けるぞ。9曲目はベース、ドラムで幕を開け
へヴィかつノリの良いギターリフ、ハモンドも顔を出すシャッフル系のアップテンポチューン。
曲が進むに連れて意外とテクニカルなリズムになりサビはまた雰囲気が変わるのう・・・!
ギターソロはどこか怪しいムードを感じさせるメロディー重視のプレイシンセソロも顔を出し
どこかプログレッシヴな要素が強いのも特徴だ。10曲目はスペイシーなシンセから
HR/HMリフが顔を出し電子音を微かに乗せつつ疾走開始!リードギターがポジティヴで
明るいムード満点
のフレーズを奏でるキャッチーなメロスピとなるぞ!ギターソロは
タッピングで鋭く切り込みメロディアスなツインリードも披露されるのう・・・!


1stの頃が嘘のように徹頭徹尾HM/HRを追及した1枚となっておりその中でも特にメロパワ、
メロスピチューン
に力が入っておりリフワークがジャーマン寄りでシンセ主体の
メロスピバンドにありがちなリフの弱さが感じられないのも良いな!ただそれだけに
やはり気になるのはまんまヴィジュアル系のヴォーカルだろう・・・!V系スタイルとしては
十分な力量
があるがバックのサウンドが完全にメタルなんでどうにもパワー負けしている
印象が強く
つくづく本格メタルシンガーの不在が悔やまれるのう・・・!まぁ元々日本の
メタルシーンは昔からシンガー不在が嘆かれているんでこの辺はどうしようもない所か!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Valiant wings、Stand up for your life、ホシニネガイヲ、
HOLY WORD、Forever、Cosmic story







"Desperado IV"




日本のヴィジュアル系メタルユニットの4thアルバム。


かつてはネット上に音源をアップしそのクサさでコアなクサメタラーを
喜ばせていたプロジェクト
による通算4作目・・・ミニアルバムを入れれば
5作目にあたる最新アルバムである!
初期のアルバムはHM/HRチューンのみならず
V系色濃いポップ曲インダストリアル系のデジタル曲まであり
どうにも散漫な印象があった・・・!だが前作からヴォーカルこそV系寄りなれど
楽曲は完全にメタルで統一されようやく本格的にメタラーにアピール出来る
クオリティーを見せ始めるようになった!
本作もそれに漏れずガチのHM/HRで
統一されている
が全体的にやはりV系寄りでメロディアスなので硬派さよりも
しなやかさが強い印象
があるな・・・!

1曲目は語りとSEに始まり正統派ライクな勇壮さを持ったリードギターが登場、
様式美っぽくなったJUDAS PRIESTと言えそうなムードを放ちメロスピ、メロパワ然とした
疾走を見せるぞ!
ヴォーカルは低音で入り鼻にかかった声質でまだV系っぽさ
残しているがメロディーはキャッチーでギターソロは速弾きを交えつつ
メロディアスさもしかとあるぞ!2曲目はアップテンポで軽快なノリを見せる
ハードロック然とした曲でリフはカッコいいがヴォーカルはマイルドな印象
あるな・・・!インストパートはプログレメタル寄りか!?3曲目はメロウな
ピアノ
で幕を開けバラードと思わせておいて疾走!クサさ漂う泣きのギター
顔を出しリフはアグレッシヴだがAメロは思い切りスローになり勢いを削がれて
しまう
のう・・・!サビもクサいがどうにもV系色が強いなぁ・・・!ギターソロが
またドラマティックでクサくエキゾチックなシンセソロも聴けプログレメタル的な
テクニカルさもあるぞ!
4曲目はキャッチーな哀愁を漂わせるリードギターが聴けるが
ヴォーカルはメロディアスなV系ってな塩梅でギターソロも聴き所だ!5曲目は
正統派ライクな硬派さを見せるタイトなリフが聴けるがやはりヴォーカルは
まんまV系
なのでその落差が個性か!?メタル然とした無骨さは無い
メロディーはキャッチーだな。6曲目はちょいプログレ的かつ
しなやかな単音ピアノ
と共にせわしなく疾走するメロスピだ!メロディーが
またクサく
ギターソロも構築美あるメロディアスさ、ドラマティックさを見せつつ
速弾きもタイトじゃわい!7曲目もまたストレートでクサいメロスピ
ギターはネオクラシカルさのあるフレーズを披露!シンガロングも熱く
ヴォーカルはV系だがジャーマン的なストロングさがあるのう・・・!8曲目はチェンバロ
様式美的なクサさを見せやはり疾走!ジャーマンメタルな7曲目と異なりネオクラ色濃い
しなやかなメロスピ
サビも相当にクサくメロスピとヴィジュアル系双方の
良い部分を混ぜ合わせたかのようなクサクサキラーである!9曲目は正統派に
接近したリフ
が聴け落ち着きを見せるハードロック系のアップテンポ曲だが
ギターソロ後はベースがスラップを披露しプログレメタル風の風変わりな展開
見せるのう・・・!10曲目はエモ、スクリーモ的な軽いギターが顔を出し
ハードでありつつ穏やかなムードを醸し出し泣きのギターも聴けるバラード。


疾走するメロパワ、メロスピチューンもあるが正統派メタルハードロック等
HM/HRのスタイルの中で幅広さを見せている
がやはりヴォーカルがメタルと
言うよりも声質やメロディー、ついでに歌詞モロにヴィジュアル系である!
ジャパニーズメロパワ、メロスピと言うよりも今流行りのヴィジュアルメタルと
割り切って聴くのが正しいだろうな・・・!
リフやソロ等ギタープレイがまた
ハイレベル
ドラマティックさ、流麗さ、エモーションをしかと備えており
クオリティーは高くV系に偏見の無いメタラーならば楽しめるだろう!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Beginning of the Nightmare  Bloody Cross
Don't Look Back  Judas  Break Down!!  大東亜ルネッサンス







もどる


inserted by FC2 system