DeGrace







"Fight Against"




日本のメロディックデスメタルバンドによる1stアルバム。


日本におけるHM/HRの聖地的存在、関西から登場した新進気鋭の実力派バンドで、
イタリアのDESTRAGEを始め海外バンドとの競演もこなしており今後に期待出来る
若手と評判である!音楽的には近代的なメタルコアの要素もあるが、比重的には
メロディックデスの要素が圧倒的に強く、昔ながらの叙情慟哭タイプのハモリリフ
共に疾走感を放ち、軽めの声質だがテンションの高いスクリームが乗ると言う
王道路線を見せているが、ブレイクダウンクリーンVo
メロデス以外の要素も一部で顔を出すのう・・・!

1曲目はシンフォニックでメロウなイントロで、2曲目はヘヴィに刻まれるリフで
幕を開けメロデスらしさを演出、疾走するがブレイクダウン的なパートも見られ、
3曲目もメロデスらしいリフが聴け疾走!4曲目はニュースクール寄りの
青臭い情緒
が見られ淡々としているが、その後はやはりメロデス的に疾走!途中で
あまり巧くは無いクリーンVoも顔を出しこの辺はメタルコア的だな。
5曲目は勢いを感じさせるギターと共にメロデスらしく疾走!これまたクリーンVoも
顔を出すのう・・・!6曲目もまたメロデス的叙情リフが目立ち、デスラッシュ的な
突進力
があるな。7曲目は珍しくアコギが聴け、微妙なクリーンVoと共に
淡々としつつもヘヴィさ、疾走感もあるニュースクール風パワーバラード。
8曲目は加工された呻き声による繋ぎで、9曲目はテクデス寄りのピロピロギター
顔を出しストロングに疾走!Voも珍しく低音寄りのグロウルで中盤は
ブレイクダウンとなるぞ。10曲目は疾走メロデスに舞い戻るが、シンガロング風の
クリーンVoやテンポダウンも見られ途中クリーンギター、スキャット、喚きVo
怪しさを放ち微妙なハイトーンVoも聴けるぞ。11曲目もデスラッシュ風の
勢い
がある疾走メロデスで、途中ブレイクダウンになるのう・・・!
12曲目はブラストも交え本作最速と言える疾走感を放っているが、
やけに爽やかなニュースクール風のスロー、ミドルパートもあるな。


部分的にメタルコアだったりニュースクールだったりするものの、基本的には
叙情慟哭タイプの疾走感あるメロディックデスメタルとなっており、
近代的なチャラくてヘヴィな没個性メタルコア、ポストハードコアに辟易する
リスナーの溜飲を下げさせてくれるバンドである!まだまだ個性がある訳では無く、
質は高いがよくあるメロデス止まりなのが惜しい部分か!?こういう音なら
極端なブレイクダウンあまり巧いとは言えない
クリーンVoは不要
じゃろう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Fight Against  Terminate Nightmare
Mellowed Enough for Downfall  First Gunfire in the Fortitude







もどる


inserted by FC2 system