DYNAZTY







"Renatus"




スウェーデン出身のメロディアスハード/メロディックメタルバンドによる4thアルバム。


スウェーデンはストックホルムで2008年に結成されたバンドで、当初はかなり
メロハー寄りなサウンドでありつつスリージー寄りでもあり、SKID ROWが引き合いに
出されるようなタイプの音楽性だったようだが、通産4作目の本作辺りから方向性に
変化
が見られ、よりストロングなHM/HR路線に接近したらしく、本作で聴けるサウンドは
北欧らしくも今風なシンセモダンなヘヴィさを導入、それでいてヴォーカルメロディーは
かなりキャッチーなメロハーで、なおかつギターにはどことなくネオクラシカル
味わいがあり、ヴォーカルも若干ハスキーで伸びのある、HM/HRを歌うのに相応しい声質
相当に上手く俺好みのタイプだな・・・!

1曲目はシンセと共にモダンな質感を放ちつつ様式美的なフレーズが登場、
基本は北欧らしいキャッチーなメロハーで、2曲目はアメリカンメタルに接近した
リズミカルなノリの良さが見られつつキャッチーさもあり、ヘヴィさも見られ
ギターソロはテクニカルかつ流麗だな・・・!3曲目もヘヴィかつキャッチーで、
ミステリアスさ
もありソロパートはネオクラ系である。4曲目はヘヴィでシリアスな
印象
もあるが、やはりキャッチーで5曲目は淡々とした印象があるが、サビ等
これまたキャッチーでギターソロも流麗だな。6曲目はヘヴィなノリの良さが見られ、
シンフォニックでクサいシンセも登場!7曲目もヘヴィ寄りのリフ、今風なシンセが聴けるが
やはり軽快なキャッチーさがあり、8曲目は神秘的かつヘヴィな感じでどことなく
エピック寄りな勇壮さがあるか!?9曲目は北欧民謡ライクなクサさを放つ
アコギ、Voに始まりヘヴィなアップテンポのメロハーと化すぞ。こういうメロは
まさしく北欧のバンドならではだな・・・!10曲目はホラーテイストも感じられる
怪しげなダーティーさ、ヘヴィさを見せつつキャッチーさ満点のアップテンポだ!


ギターリフにはモダンなヘヴィさがあり、シンセの音色も今風のデジタル寄りなんだが
楽曲自体は相当に質の高いメロハー寄りのキャッチーさ、フックを見せており、
曲によってはアメリカンロック風のノリがあり、その辺がSKID ROWに通じる部分だが
ギターにはネオクラ系の味わいが見られ、こういう部分がアメリカのバンドには無い
北欧産バンド
ならではの魅力だな・・・!どの曲も相当にクオリティーが高く、
キャッチーさが嫌味にならずメロハーとして高い水準を満たしているのが良いな!
チャラい売れ線なんかでは無い、本当に優れたキャッチーさを堪能出来る1枚である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 全部







"Titanic Mass"




スウェーデン出身のメロディアスハード/メロディックメタルバンドによる5thアルバム。


SKID ROWが引き合いに出されつつもそのサウンドは極めてメロディアスで、
北欧メロハーの美味しい所が全て詰め込まれた
かのような芳醇さを誇る
キャッチー極まりない美メロに適度なモダンさ、そしてネオクラシカルな
技巧とドラマ性、流麗さを持ったギターソロ
を堪能出来るハイレベルな
メロディックメタルバンド
による通産5作目のフルアルバムである!
本作の方向性もまた前作の流れを汲んだ、圧倒的なレベルの高さを誇る
北欧美旋律メロディックメタル
で、この手のHM/HRの必須条件と言えるであろう、
個々のスキルの高さも健在でVoも前作同様相当に上手いのう・・・!

1曲目から早速ヘヴィなノリの良さを放ちつつ、人懐っこさの塊としか形容出来ん
キャッチーさが見られ、2曲目はヘヴィなストロングさがあり正統派に接近、
3曲目もヘヴィさがあるが、やはりキャッチーさは相当なモンでサビなんか
甘ったる過ぎて糖尿病になりそうである(爆)。4曲目はドラムに始まり
ヘヴィなノリの良さを見せ、どことなくRUNNING WILD風な面があるか!?
5曲目は叙情的なツインリードが聴け、判り易い北欧メロハー感が漂っており
6曲目はスローテンポで淡々としつつメロウさが見られるな。7曲目はヘヴィなノリの良さがあり
ストリングス系のシンセがバックで聴け、サビはメロパワ風だろうか!?
8曲目はヘヴィ寄りのリフワイルドな印象を放ちシンセも登場、ギターソロは
エキゾチックな細かさが見られるのう・・・!9曲目は80年代メロハー感がありつつ
リフはヘヴィさがあり、ギターソロはドラマティックかつ流麗だな。10曲目も相当に
キャッチーなメロハー寄りで、シンセは今風なエレクトロニカ系となっており11曲目はピアノ、
ストリングスシンセ
が聴けるメロウなバラードだが、途中からヘヴィリフが顔を出し
シンフォニックな盛り上がりを見せるぞ!


パワーメタル路線に走って大成功を収めた前作に続き、本作もまたしても
今風のヘヴィさを適度に交えつつ芳醇極まり無いキャッチーな美旋律
大々的に導入し、それでいてギターはネオクラシカルな流麗さ、技巧を見せる
超高品質メロハー/メロディックメタルをプレイしておる!BURRN!では
NOCTURNAL RITESSYMPHONY Xが引き合いに出されていたが、これら両者よりも
圧倒的にフック、キャッチーさがありメロディー派が好むのはこっちのほうだろう・・・!
80年代メロハーを好む層には些かヘヴィ過ぎるかも知れんが、モダンさ、今風な要素も
あくまでも味付け程度なんで、本当に良いメロハーを求めるのであればそういう点は
些細な問題じゃろう・・・!前作が気に入ったなら本作も存分に楽しめるぞ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system