DUST IN MIND







"Never Look Back"




フランス出身のインダストリアルメタルバンドによる1stアルバム。


女性シンガーをフロントに据えたフランス出身のバンドで、2013年に結成され
その年にEPをリリース、本作はその後にリリースされた初のフルレンスアルバムで、
音楽的には気だるい女性Voとギターによるグロウルを交え、デジタルサウンド
押し出したインダストリアル系なんだが、リズムやヘヴィリフ等は普通に
エクストリームメタル
しており、女性Voの声質もあってゴシック的な印象もあるな・・・!

1曲目はピアノ、セリフ、デジタルリズム等によるイントロで、2曲目は意外にも
エクストリームメタル然としたアグレッシヴなヘヴィさ、疾走感を放ち
グロウルも顔を出すが、女性Voは気だるい声質ピコピコ音も聴けるぞ。
3曲目もデジタル音が顔を出しつつヘヴィリフノリの良さを放っており、
4曲目は怪しいスローテンポだが、ギターリフがやはりエクストリームメタル、
メタルコア
にかなり近く、男Voも低音で怪しく歌っているな・・・!5曲目はデジタル音を交えつつ
ストロングでヘヴィな疾走感を放つぞ!6曲目はオシャレでキャッチー
Voラインに退廃的かつヘヴィなバンドサウンド、シンセが聴けるミドル曲。
7曲目もヘヴィでノリの良い女性Voメタルコアにデジタルシンセが乗る
アップテンポ〜疾走曲となり、8曲目は怪しくヘヴィで退廃的な空気を演出するスロー曲だ。
9曲目はマイルドな女性Voパートが聴けつつ爆走もする両極端さが印象的だな・・・!
10曲目は気だるさと共に今風なヘヴィさも見られるスロー曲。11曲目は重厚な
退廃ムード
を演出するシリアスでヘヴィなスロー曲だな。


気だるい女性Voがゴシック的な怪しさを放ち、ピコピコしたデジタル音が
目立ったインダストリアルメタルなんだが、ギターがメタルコア、
エクストリームメタル
に近く、リズム隊もインダストリアルメタルにありがちな
デジタル加工をしておらず、女性Voのメタルコア、エクストリームメタルに
デジタル音を塗したような印象があるな・・・!かと言ってイマドキ系の
メタルコア、ポストハードコア
のようなチャラさは無く、そこはゴシック、
インダストリアル
特有の怪しい退廃ムードが主体となっており、曲によっては
普通に疾走しているのも好印象である!プロダクションはやや不鮮明な部分
無きにしも非ずだがあまり気になるレベルでは無く、近代的でありながら今風のチャラさを
嫌うリスナー
でも楽しめるであろうサウンドになっているぞ!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 How Can You  The Slave of Man
Frozen Smiles







もどる


inserted by FC2 system