DUELJEWEL







"Louminous"




日本のヴィジュアル系バンドによる4thアルバム。


1997年に結成された古株のベテランヴィジュアル系バンドで、この手のバンドと
しては初めて海外進出したようだ・・・!音楽的には多少はハードロック的なれど
基本はライトなバンドサウンドソフトさを見せつつそこにシンセサウンドが被さり
神秘的で煌びやかなムードを醸し出しており、ガチのメタルでは無いが演奏はなかなかに
タイトで
ギターは流麗な速弾きソロを披露する曲もあり、ヴォーカルはほぼクリーン一本だが
この手のバンドとしては上手く、裏声を多用する辺りはどうにもキモいんだがそれでも
エモーショナルな歌い回しを披露しておる!

1曲目は軽快なバンドサウンドシンセも交え穏やかかつメロウなムードを
醸し出すアップテンポ曲。
バックで聴けるストリングス系の音色神秘的で良いな・・・!
2曲目は多少ハードさを見せるバンドサウンド、シンセピアノがこれまた
煌びやかさを見せサビはキャッチーさがあるぞ!3曲目はそこそこハードな
バンドサウンド
トランス系のシンセが乗り、エモ的なタッピングも披露され
ヴォーカルは穏やかさを見せているのう・・・!サビはこれまたキャッチーで
ギターソロもメロディアス
だがその一方で流麗な速弾きも披露するぞ!
4曲目はそこまでゴリゴリでは無いがモダンな要素を持ったリフが聴けるも
ヴォーカルはどこかオシャレ感があり淡々とした側面が強いな。サビは一気に
チャラくなりこの辺は鼻に付くわい!(爆)
ギターソロはこれまたピロピロと
シュレッドを披露しているな・・・!
5曲目はいきなりアニソン的なキャッチーさを
見せるヴォーカル
が顔を出す軽快な曲で、ヴォーカルが上手く全盛期のGacktを
彷彿とさせる深みのある表現力
を見せておるのう!ハモンドの音色も顔を出し
ギターもHM/HR的なソロをプレイするぞ!6曲目は和のムードを醸し出す琴の音色
これまたモダン寄りのバンドサウンドが聴けテクニカルなリズムも炸裂!
音は軽めだがこの曲は相当にメタル寄り加工に頼った弱弱しいV系シャウトも聴けるぞ。
7曲目もハードさのある音作りでモダンな要素も見られシンガロング、加工Voも登場する
デジタル要素入りのへヴィ寄りな曲だ。弱弱しい加工シャウトも顔を出すが
サビはナヨナヨしつつもキャッチーだな。8曲目は相当にナヨナヨしたチャラい軽薄さ、
女々しさ
が目立った売れ線軟弱ポップ曲。9曲目はアトモスフェリック系の出だしから
メタリックなギターが顔を出しメロスピばりに疾走開始!ストリングスも
バックで舞いシンフォニックメタル的なムードを強烈に醸し出すV系クサメタルとなるぞ!(爆)
摩天楼オペラを彷彿とさせるメロスピチューンじゃのう・・・!中盤ではベースが
スラップソロ
を披露した後ギターがまんまRHAPSODY OF FIREなクッサイソロを披露するぞ!
10曲目はストリングスの音色クラシカルな叙情性を放つメロウな繋ぎで、
11曲目はプログレメタル的なテクニカルさを放つメタリックなバンドサウンド
顔を出しヴォーカルは声量こそ無いもののGacktタイプの艶やかな低音エモーショナルに
歌っておる!
ストリングスも顔を出し加工Voによるサビ様式美的なクサさを放ち
シンフォニックメタル的な側面も見られ、中盤ではファルセットがまるでカウンターテナーのような
オペラティックな響きを見せ確かな歌唱力を見せ付けているぞ!
12曲目はドラムに始まる淡々としたムードを醸し出すミドル曲で、ギターと
ベースが自己主張
しつつ途中から疾走、ヴォーカルは東洋的なクサさを感じさせてくれるのう・・・!


シンセ主体ながらバンドサウンドもそれなりに骨がありHM/HR的なタイトさ、
テクニカルさも垣間見られ、
曲によってはシンフォニックV系メタル的な要素もあり
ガチのHM/HRと呼ぶには軽い
もののクオリティーは高いぞ!
ライトになった摩天楼オペラ
と言えそうなバンドだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 eternal  Polaris  雪の波紋  朧月
ASHTAROTH  深淵のノクターン  Room-1145







もどる


inserted by FC2 system