DREAMSTORIA







"Dreamstoria"




日本のメロディアスハードロックバンドによる1stアルバム。


MinstreliX等で知られるハイトーンシンガー、Leo Figaro氏セッション等で
スキルを見せるギタリスト、綿貫正顕氏
と共に結成したバンドで、立ち位置的には
バンドと言うよりもユニット、プロジェクト的な側面が強いだろうか!?
音楽的にはLeo Figaro氏がこれまでやってきたメロスピ、クサメタルとはまた一線を画す、
かなり本格的なメロディアスハードとなっており、疾走感も無ければやり過ぎな
クサメロも無いが、メロハーとしてかなり高品質な楽曲が取り揃えられており、
エモーショナルかつスカイギター的な高音を聴かせてくれるギター等かなり
FAIR WARNING的な印象もあるな・・・!歌詞は完全英語詩オンリーでVoもまた
伸びのあるハイトーンで楽曲にマッチしており、実に良い仕事をしているぞ!

1曲目は煌びやかなシンセエモーショナルなギターが登場、キャッチーかつ
メロウさを放つ王道メロハーとなり、ギターソロはスカイギター的な高音
聴かせてくれるぞ!2曲目は軽快なアップテンポ爽やかなコーラスも登場、
3曲目は北欧的なシンセが目立った淡々とした曲調で、サビにフックがあり
4曲目は再び軽快なノリの良さが見られ、ギターも劇的だが全体的にかなり
明るめ
だろうか!?5曲目はなかなかにストロングなリフが聴けるパワフルな
曲調
で、ギターソロがまた相当に素晴らしくエモーショナルだな・・・!6曲目は叙情ギター
幕を開け憂いを溜め込んだようなメロハーとなり、サビの開放感あるコーラスも印象的である。
ギターソロはクサメロの領域に足を突っ込みつつスカイギター的な高音を楽しめるぞ!
7曲目はバラード的なスロー曲で、これまたギターソロが実にエモーショナルで良いな。
8曲目もサビが日本人らしいキャッチーさのあるミドル曲で、9曲目もギターが印象的
叙情メロハーとなり、10曲目はかなり明るめポップ寄りメロハーである。


スカイギター風の高音等かなりFAIR WARNING風ではあるが、メロハーとして
かなりの完成度の高さを見せており、この手の叙情HM/HRが好きなオッサンメタラーが
歓喜するであろう1枚
である!この手のサウンドは結構バラードが多くなりがちで、
1曲1曲は良いがアルバム単位だと途中でダレたりもするんだが、彼等の楽曲は
適度に軽快なノリの良さがあり、各曲の質も極めて高く捨て曲は一切存在しない!
上記したようメロスピ、クサメタルとは異なるので、そういう音を求める若い
ナード、ギーク系メタラー
がどう思うかは判らんが、これもまたメロディー重視の
HM/HRの一つの完成系
なのだ!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Go  Ride On Time  Another Way







"Dreams Never End"




日本のメロディアスハードロックバンドによる2ndアルバム。


MinstreliXのLeo Figaro氏とJ-POP畑スタジオミュージシャン業を行う
ギタリスト、綿貫正顕氏の両名によって結成されたバンドで、本作はおよそ4年振りに
リリース
された2作目のアルバムである!国産メロスピ、クサメタルシーンで知られる
Leo Figaro氏だが、ここでは純度100%混じりっ気無しのメロディアスハード
徹しており、綿貫正顕氏は普段J-POP畑で活動しているとの事でメタラー的には
ピンと来ない部分
もあるだろうが、スキル、センス共にかなりのもので、
メロスピ、クサメタル
オタク向けになり、エクストリームメタル
次第にチャラいものになりつつなる中にあって異例とも言えそうな、王道中の王道を行く
上質メロディアスハード路線
は本作でも普遍である!

1曲目は正統派に近いソリッドなリフが聴けるも、Voやシンセはメロハーらしい
穏やかなキャッチーさ
があり、2曲目もエモーショナルなギターが早速聴ける
マイルドな良質メロハーだな・・・!3曲目は軽快さを放つアップテンポチューンで、
サビのコーラスがまたツボを押さえたキャッチーさを漂わせており、ギターソロでは異例の
メロスピ的ツーバス連打で疾走もするぞ!4曲目はオーソドックスな印象の
ミドル曲で、やはりコーラスが爽やかさを見せておりギターソロの構築美も流石だな。
5曲目はハードさを増したリフシンセも目立ち、デジタル風味も見られるが
決して今風には染まらず、メロハーらしさをしかと踏襲しており、6曲目はシンセの音色が
80年代を髣髴とさせ、楽曲自体もそんな感じのソフトな美麗さが見られるだろうか!?
7曲目はうって変わってハードなギター正統派HM/HRに近い勢いを放つ
軽快なアップテンポ曲だ!8曲目はエモーショナルな泣きを放つギターが聴け、
シンセがいい意味で古臭い淡々とした80年代メロハー風である。9曲目もまたギターが
エモーショナルな昔ながらの叙情メロハーで、10曲目は明るく爽やかな
キャッチーさ
を放つミドル曲。11曲目は穏やかでマイルドなバラードである。


4年振りの新譜だが、前作の路線をしかと踏襲したメロディアスハードで、
FAIR WARNING直系の完全英語詩による本格サウンドは本作でも健在、
スカイギターばりの高音でエモーショナルさを放つギターも変わらず素晴らしい
トーン
泣きのプレイを聴かせてくれるぞ!一部のパートでメロスピ的に疾走したりと
新機軸も取り入れられてはいるが、基本的には前作の流れを汲んでおり、
クオリティー面でも何ら遜色は無く捨て曲皆無のハイレベルなメロハーを
全編に渡って堪能出来る力作
である!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Through the Fire  It's Gonna be All Right!







もどる


inserted by FC2 system