DREAMSGARDEN(Сад Грёз)







"Time Punishes All(Время карает всех)"




ロシア出身のネオクラシカル様式美HM/HRバンドによる1stアルバム。


ギタリストのMaxim Perepyolkinによって2011年に結成されたバンドで、
本作は自主制作のCD-Rで製作されたデビューアルバムをSublimity Recordsが
改めてCD化した1枚らしい。
音楽的には今時珍しい位に王道を貫きまくる
コッテコテのネオクラ様式美
となっており、メロパワ、メロスピ要素も無ければ
メロデス、メタルコア要素もプログレメタル要素も無い、まさしく絵に描いたような
往年のイングヴェイフォロワーで、そこかしこでパクリフレーズも顔を出すが
当然ながら近年の豚貴族なんざよりも遥かに音楽的にしっかりしており楽しめるのは
言うまでも無かろう!ちなみに歌詞はロシア語である。

1曲目はシンセによるミステリアスなイントロで、2曲目はネオクラムード満点の
ギター、シンセ
が目立ったアップテンポとなり、ソロパートもまさしくイングヴェイである(笑)。
3曲目もネオクラシカルなキメが見られ、北欧風シンセも顔を出しアップテンポで展開、
ラストは“Braveheart”のフレーズが聴けるぞ(笑)4曲目も聴き覚えあるリフが聴ける
アップテンポとなり、Voラインも“Never Die”だな。5曲目はイングヴェイがアルバム1枚中1〜2曲やる
似非ブルース風で、ノリ的には“Bedroom Eyes”だな。6曲目は“Judas”なシンセが
聴けつつチェンバロ系の音色も登場、7曲目も細かいネオクラギターが聴ける
アップテンポで、リフは地味だが様式美の美麗さを放つソロパートが聴き所じゃのう・・・!
8曲目はクリーンギターがメロウさを放つバラード。9曲目は唐突にチャラいビッチVo
軽薄なムードを放ち、その後は淡々とした地味なミドル曲となるがやはり軟派な空気が強く、
恐らくポップスか何かのカヴァーだろう。クソつまらん捨て曲だな(爆)。
10曲目はネオクラ要素満点のギター、シンセが聴けるインストだ。


全盛期のイングヴェイを今に蘇らせたかのような、フォロワー丸出しのネオクラ様式美
ARK STORMMAJESTIC、TIME REQUIEM辺りに連なるサウンドを出しており、
今のイングヴェイがクソなのに対し、良かった頃のイングヴェイスタイルでやっているんで
パクリ云々を気にしなければ楽しめる1枚である!まぁこの手のバンドは今やもう
「イングヴェイが大好きでパクリました!」では無く「今のイングヴェイが
クソだから良かった頃の音を再現するぜ」
という気持ちでやっているんだろうな・・・!
HM/HR辺境地出身ながら音も演奏も良く、母国語VoながらB級っぽさが無いのも好印象だな。
全盛期のイングヴェイが好きなネオクラ者にオススメの1枚である!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Время Карает Всех  Игры Без Правил
Символ Жизни ...  Поверь В Себя!  Эволюция







もどる


inserted by FC2 system