DRAKKAR







"Razorblade God"




イタリア出身のクサメタルバンドによる3rdアルバム。


かつてイタリアンB級クサメタルが話題を呼んでいた時期に姿を現したB級バンドの
一つ
で、音楽的にはしなやかなメロスピ系とは異なるエピック系の力強さを持った
イタリアンメタルとしては珍しいタイプ
なんだが、例によって例の如く音質は悪く
ヴォーカルも相当に苦しそうなヘナチョコ唸り声
となっており、楽曲面でも大した
フックは感じられず
やはり相当にB級じゃのう・・・!

1曲目は音質こそ例によってアレだが(爆)、意外と骨のある正統派メタル的リフ
顔を出しシンフォニックなシンセも一瞬切り込むがヴォーカルは相当に苦しそうな
呻き声で(爆)
何ともB級である。途中聴けるピアノはなかなかにメロウで良いな。
その後のシンセはいかにもエピックメタルな勇壮さを見せるぞ。2曲目もちょいと
勇壮さを感じさせるストロングなリフ
が聴けるも、ヴォーカルがやはり素っ頓狂な事
この上無い下手糞ヘナチョコ振り
を発揮しており実にチープである!(爆)サビは疾走し
B級メロスピ、クサメタルムードを醸し出しマニアには嬉しい展開か!?ギターソロ、
バックのシンセはなかなかに悪く無く
それなりにクサさも醸し出しているな・・・!
3曲目は何とリリカルさ満点のメロウなピアノで幕を開けその後はスラッシーに疾走!
骨太でパワフルな印象
があるもヴォーカルが凄まじくヘナチョコ説得力は皆無だ(爆)。
まぁクサさは感じられるしマニアにはたまらん音だろう・・・!ギターソロ、ハモンドの
バトル
も聴けこういう部分はツボを押さえておるな・・・!4曲目はベースで幕を開け
ハモンド系のシンセ
も登場、淡々とした正統派寄りのミドルチューンで、長々と続く
ソロパートの冗長さ
がまたB級だ(爆)。5曲目はエピック系シンセが聴けるミドル曲。
コーラスは男臭くベースソロも登場するぞ。
6曲目は荒いギターにピアノ、アコギに
ストリングスシンセ
が顔を出すバラード。ソフトに歌うヴォーカルは勿論上手くは無いが
無理矢理の呻き声
ヘナチョコハイトーンよりは好印象だな。マンドリン風の
ギターソロ
もなかなかに悪くないのう・・・!7曲目は骨太なリフハモンドが顔を出す昔ながらの
様式美風なシャッフルリズムの曲。
8曲目はなかなかに勇壮なリフ、シンセが顔を出す
アップテンポ曲で、サビはとりあえずは疾走もするぞ。中盤顔を出す穏やかで叙情的な
シンセ、ピアノ、ポジティヴなギターソロ
が聴き所だろうか!?9曲目は無駄にスラップを決める
ベース
で幕を開け正統派ライクなリフ、リズムになりハモンドも顔を出すミドル曲。
10曲目はMAGNUMのカヴァー。曲展開に起伏があって良いがやはりヴォーカルがダメで
説得力に欠けるのがアカンな(爆)。



いかにも当時のイタリアンB級クサメタルな感じで、音質劣悪、並程度の演奏スキル、
ヘナチョコ稚拙ヴォーカル、大してフックの無い楽曲
いい所無しなんだが(爆)
まぁ当時からして評価は低かったし、こういうバンドもまたシーンには必要か!?(笑)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 58% お気に入り曲 Man and Machine  To the Future  







"When Lightning Strikes"




イタリア出身のクサメタルバンドによる4thアルバム。


イタリアンB級クサメタル全盛期に姿を現し、力強いエピック要素を見せつつも
例によってのショボ過ぎるB級サウンドその他大勢となっていたバンドなんだが
何と10年経っての新作が世に放たれた!音楽的にはかつてと変わらぬエピック系の
パワーメタル
なんだが、流石に10年と言う歳月の経過は人を大きく成長させるようで
マイナー臭さを残しつつもパワフルさ、説得力を増しておる!

1曲目はシンフォニックなシンセオーケストレーション壮麗かつ勇壮なムードを放つ
イントロで、続く2曲目は意外にもアコギ、シンセ民謡ライクな牧歌要素を演出、
ヴォーカルはまだ何処か頼り無くB級レベルに留まっているが、楽曲のスケールは
10年前のアルバムよりも流石に向上しており、3曲目はエピック然とした勇壮さ
見せ付ける力強いバンドサウンドが登場するミドル曲となり、まぁプロダクションとかもまだ
良好とは言い難いんだが過去作よりはマシである!得意のハモンドのみならず厚めのクワイアまで
顔を出し実に勇壮な漢エピックメタル振りを見せ付けておる!4曲目はSEによる短い繋ぎで、
5曲目はこれまた穏やかなアコギで幕を明けるもその後は勇壮なバンドサウンドが登場、
正統派メタル的なノリ
を見せるアップテンポチューンとなりどこかIRON MAIDENっぽいか!?
ヴォーカルもまだ荒いがそれでも頑張って歌い上げどこかスパニッシュメタル風の熱唱
見せ付けておるわい!ハモンド、シンセソロはどこかエキゾチックさがあるか!?
6曲目はSEに始まりストロングな疾走感を見せる正統派寄りのメロパワとなり、
途中で荘厳なクワイアやシンセ大仰さを放ちシンフォニックメタル的な部分
持ち合わせておる!7曲目はまるで競馬のようなイントロからこれまた勇壮さ溢れるフレーズが聴け疾走!
やはり正統派要素が強いもののヴォーカルはまだB級ライクな弱さが残っており
無理矢理のハイトーンシャウト
も顔を出すぞ!サビはクワイアも登場し中盤はまるで宮廷のような
雰囲気
を醸し出しエキゾチックさも強烈に漂わせておる!8曲目は何と琴の音色胡散臭すぎる
日本語語り(!?)が登場!まぁその後はIRON MAIDENライクな正統派メタルとなるのだが・・・!
9曲目は波のSEに続きヴァイキングメタルとまでは行かないがそんな感じのフレーズが
顔を出すペイガン風ミドル曲。
中盤は穏やかになりアコギ、シンセソフトなヴォーカルが聴けるも
やはり声がどうにも怪しいのう・・・!(爆)10曲目は荘厳なオーケストレーション
幕を開けバンドサウンドも登場、淡々としたリズムシンフォニックメタルとなるも
やはり基本は正統派HM/HRだろうか!?サビは勇壮なクワイアも顔を出しエピックメタル化するぞ!
11曲目はアコギ、シンセ、ヴォーカル穏やかさを放つ短めの牧歌的な哀愁バラード。
そのまま続く12曲目は正統派ライクなリフワークを見せるもマイルドな要素も内包した
ミドルチューン
だがサビはクワイアと共にクサさを放ちドラマティックに疾走!
ハモンドソロ
も顔を出すぞ!13曲目はまた大仰なシンセオーケストレーションヴォーカル、
クワイア
が顔を出す短い曲で、14曲目は怪しげなギターのみによる短い繋ぎ。
15曲目は勢いのあるギターが聴け疾走するメロパワチューンとなり、サビはシンセや
クワイア系コーラス
も顔を出しクサさを見せるぞ!インストパートも何気に充実しており
か細い
ながらもメロウなストリングスエキゾチックなギターソロが聴けるのう・・・!


10年前の過去作の流れを汲んだスタイルで、確かにまだB級っぽさは強く残っているが
それでもクサメタル所かクソメタルの領域にすらあった以前と比べると相当にマシに
なっておる!
部分的に短いSEの繋ぎを入れる辺りがまた前時代的なんだが、そこもまた
昔ながらのエピックメタル風だろうか!?クオリティーは向上しているが、かと言って
完全に洗練された訳では無く、まだB級っぽさ、マイナー臭さを残している辺りも
クサメタラー的に嬉しい部分だな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 The Armageddon Machine  When Lightning Strikes  Winter Soldiers
My Endless Flight  New Frontier







もどる


inserted by FC2 system