DRAGON EYES







"DRAGON EYES"




LIGHTNING、THOUSAND EYESのKOUTA氏とDragon Guardianの勇者アーサー氏によるプロジェクトの1stアルバム。


LIGHTNING、THOUSAND EYESで名を馳せる実力派ギタリスト、KOUTA氏Dragon Guardian
壮絶なクサメロ、シンフォニックアレンジを見せてくれる実力派コンポーザー、勇者アーサー氏
コラボして新たに結成されたプロジェクトである!スタイル的には異なれどそれぞれが
高いレベルを持ったミュージシャン
だけに期待も高まるが、その音楽性はまさに両者の
良い所をそのまま融合させた
かのようなシンフォニッククッサイメロデスとなっており
ヴォーカルもデスVoと女性クリーンVoのツインVo体制だ!

1曲目は早速のシンフォニックなオーケストレーション勇壮なムードを演出、
そして絶叫と共に疾走しブラストビートモダンなへヴィリフも登場し
THOUSAND EYESスタイルのデスラッシュストリングス等のオーケストラを
導入したような曲調になるぞ!
ギターソロはKOUTA氏らしいドラマティックな構築美、
エモーショナルな泣き
を見せつつも実に流麗なプレイである!2曲目は意外にも今風のシンセ
顔を出しイマドキらしいモダンなメロデス、デスラッシュ風味を演出、道元氏のデスVoのみならず
女性クリーンVoも顔を出すがエフェクト強めな辺りがこれまた最近っぽいのう・・・!
サビなんかかなりアニソンっぽさがありこの辺はDragon Guardianらしい部分だろうか!?
3曲目はドラマティックなシンセアコーディオンのフガフガした音色も顔を出し
劇的なクサさを見せ、リフはモダンながらもメロデス的な慟哭を見せているがビートダウン的な
へヴィパート
も取り入れられており後半のアコーディオン、ギターソロは相当にクサいぞ!
4曲目はこれまた今風のデジタルシンセを取り入れつつもストレートな疾走感を見せ
モダンな勢いを放っておる!
女性Voもサビでちょいと顔を出しオシャレ感を演出しているな・・・!
中盤はまんまトランスで実にチャラいシンセ、ギターソロクサいメロディーを奏でているぞ!
5曲目はクサさを放つリードギターキラキラしたクラシカルなシンセが舞い
様式美的なムードを放つインスト。中盤以降のギターソロはKOUTA氏らしいペンタトニック系の
フレーズ
エモーショナルな泣きを見せているぞ!6曲目はチャラいシンセ、アニソン女性Voに始まるも
その後はメロデスらしいリフワークで爆走!そのままへヴィなスローパートも顔を出し
叙情的な慟哭を放っているが、サビはアニソン丸出しであたかもメロデス、アニソン解釈の
マキシマム ザ ホルモン的な様相を呈しておる!(爆)
ベースに続くギターソロがまたエモーショナルかつ
クッサイメロディー
を奏でており聴き所じゃのう・・・!7曲目はメロデス、デスラッシュ的なモダンさを放つ
リフワーク無骨さを放ちオブリを入れつつ疾走!本作中最も無骨でストロングな印象があり
初期IN FLAMESの叙情ギターAT THE GATES、SOILWORK硬派なパワフルさを取り入れた
NOシンセ、NO女性Voストレートなメロディックデスラッシュである!ギターソロも
ドラマティックでたまらんわい!8曲目もまたストロングなリフワークで疾走する
メロデスラッシュ
だが今度は淡々とした加工女性Voが顔を出しサビはキャッチーに
歌い上げておるのう・・・!
中盤のギターソロがまた相当にエモーショナルな泣きを見せており、
メロディー自体もDragon Guardianタイプのクサさがあるぞ!9曲目は哀愁漂うメロウなアコギ
実にクサく叙情的なムードを醸し出すアウトロのインストである。


THOUSAND EYESDragon Guardian足して2で割ったかのような音楽性かと思いきや、
意外とイマドキっぽいデジタル系のシンセを取り入れたモダン系メロデスも多く、
最近のナウなヤング(死語)にも喜ばれそうなサウンドを見せているが、やはり個人的には
シンフォニックな様式美系のクサさが好みである!
そういう欲求にもしかと答えてくれる
キラーチューン
も当然のように取り揃えられており何気に幅広いリスナーにアピール出来るのではなかろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Symphony Of Tyrant  The Battlefield  Sacred Cross
Burned future  Child Of God  Dawn Of Eternal Sorrow







"Prayer For The Sad Stories"




THOUSAND EYESのKOUTA氏とDragon Guardianの勇者アーサー氏によるプロジェクトの2ndアルバム。


THOUSAND EYESのギタリスト/中心人物であるKOUTA氏Dragon Guardianの
中心人物、勇者アーサー氏
による実力派同士のコラボレーション企画として、
なかなかにジャパメタシーンを賑わせたプロジェクトによる待望の2作目である!
何とTHOUSAND EYES、Dragon Guardianの新作と同時リリースとなっており
ジャパニーズクサメタラーの財布と涙をそっくりカツアゲしに来る寸法だが(笑)、
気になる音楽性は前作が基本的にTHOUSAND EYESとDragon Guardianを足して2で割ったような
スタイルとなっており、シンフォニックになったTHOUSAND EYESとも、メロデス化した
Dragon Guardian
とも言えそうな音を見せていたのに対し、本作はデスVoがほぼ消滅し
女性Voが大半を占めており、メロディーラインやアレンジ等かなりDragon Guardian寄りなんだが、ギターソロは
ネオクラシカルな要素が強くヘヴィかつ流麗でエモーショナルな辺りが流石はKOUTA氏である!

1曲目はデジタルサウンドストリングスメランコリックさを演出するイントロで、
続く2曲目はネオクラシカルなギターキラキラシンセも聴け疾走!女性Voは勇壮な
声質
で歌っておりメロディーライン等かなりDragon Guardianの要素が強いが、
ギターリフはヘヴィなストロングさがあるな。ラストのリードギター、ピアノもまた
相当にクサい哀愁を放っておるのう・・・!3曲目はデジタルシンセが登場するが、
その後は流麗なギターも聴けサビはストリングスと共にクサく疾走するぞ!
ギターソロがまたネオクラシカルじゃのう・・・!4曲目はメロデス然としたハモリリフ
デジタルシンセ今風な空気を演出、5曲目はアコギメロウさを醸し出し
泣きのギターも聴けるインストだ。6曲目はイントロからシンセ、ギターがクサさを放ち疾走!
この曲もDragon Guardianに近く、オーケストレーションもバックで大仰さを放っているぞ!
7曲目は前作収録曲のリメイクで、ヘヴィなギターに再びデジタルシンセが目立ち
道元氏によるデスVoも登場!8曲目は荘厳なオーケストレーションが顔を出し
ダークなゴシカルさを醸し出すスローテンポだが、中盤はブラストも顔を出し
ヘヴィに疾走
するのう・・・!9曲目もまた大仰なオーケストラが登場しクサく疾走!
女性Voは低音で朗々と歌っており、ギターソロもポジティヴなクサさが目立ち
ツインリードも相当にクサいぞ!
10曲目は叙情的極まり無いアコギ2本が
メランコリックさを演出するアウトロ的なインストである。


上記したよう道元氏のグロウルは僅か1曲のみで、それ以外は完全に女性Voのみ
なっており賛否分かれるかも知れんが、未だにクサメタラー及び同人メタラー
デスVoを苦手とする者も多いので、そういう点ではより間口が広がった感じだろうか!?
全体的にヘヴィかつテクニカルなギターがフィーチャーされたDragon Guardian
言えそうな雰囲気が強く、シンフォニックなキラーチューンが光る一方でデジタル音が
目立った今風の曲
も多く、当然ながら個人的にはシンフォニックチューンのほうが好みだが
クサさは共通しており、THOUSAND EYESのアグレッションよりもDragon Guardianの
メロディアスさ、クサい哀愁を好むクサメタラー
に喜ばれる1枚である!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 Crimson Blood  龍神の獄炎  Distant Cry
邪神の瞳  End Of Innocent







"Forsaken Gods"




THOUSAND EYESのKOUTA氏とDragon Guardianの勇者アーサー氏によるプロジェクトの3rdアルバム。


何気にDragon Guardian本隊よりも早いペースでアルバムを重ねている、勇者アーサー氏と
THOUSAND EYESのKOUTA氏によるコラボレーションプロジェクトの通産3作目である!
Dragon GuardianのシンフォニックさとTHOUSAND EYESのアグレッションを融合する形で
登場したユニットだけに、当初はエクストリームメタル要素が強くVoもグロウルが
普通に目立っていたんだが、2作目でそういったデスメタル要素は減退し、
ギターがメインのDragon Guardian
と言えそうな方向性にシフト、本作もそういった
方向性を踏襲した、テクニカルかつ泣き、ドラマティックさを伴ったギタープレイが
前面に押し出された劇的極まりないメロパワ、メロスピとなっており、語りがあって
ギターソロが無い本家Dragon Guardianよりもメタラー的には嬉しいプロジェクトに
なった感があるか!?(爆)
Voも前作同様ほぼ女性Voとなっているが、ゲストで
Bleed OutのShin氏が参加しており、昔ながらのデスメタル的吐き捨てデスVoを披露しているぞ。

1曲目は勇壮さ漂うギターによる疾走感あるイントロで、続く2曲目もクサさ満点の
ギターフレーズ、オーケストレーション
と共に疾走する女性Voメロスピとなり、
中盤の笛に続くギターソロがドラマティックネオクラ要素もあるのが良いな!
3曲目もまたクサさ漂うギターが聴ける劇的な疾走チューンだ!ギターソロはブルージーな
味わい
があり、この辺はKOUTA氏のセンスだろうか!?4曲目はアグレッシヴさが
強調された疾走曲で、ヘヴィなギター昔ながらの吐き捨てグロウルも登場、
5曲目はネオクラシカルなギター、シンセのユニゾンが聴ける疾走チューンだ!ソロパートも
ギター、シンセソロが様式美マナーを踏襲しているか!?6曲目は民謡的な出だしから
無機質さを放ち、オーケストレーションに続いていく繋ぎのインスト。
7曲目はこれまたクサさ漂う疾走メロパワ、メロスピチューンとなり、ブリッジのピアノが
メロウな空気を演出しているな・・・!8曲目はちょいとメロデス、メタルコアに接近したような
リフが聴けるが、決して今風のチャラさは無くキチンとHM/HRしているぞ!ギターソロがまた
構築されており良いのう・・・!9曲目はアコギ、ピアノが美麗さを放つ美麗なバラード。
アコギソロに続く泣きのギターソロが聴き所だな。10曲目は勇壮さを放ち疾走しつつ
ストロングなリフアコーディオンが登場、ポジティヴなサビ
かなりDragon Guardian要素が強い曲だな。ギターフレーズがまた相当にクサくたまらんわい!


前作同様ギター主体のDragon Guardianと言えそうなパワフルさのあるメロスピ、
メロパワ路線
を踏襲しており、女性Voも媚びの無い勇壮なジャパメタ歌唱で好感が持てるな・・・!
過去作にあった今風のデジタル&ヘヴィチューンはやはり不評だったようで、
本作ではそういった捨て曲を切り捨てクサメタラー好みの疾走チューンのみで
固めて来ており、いい意味で金太郎飴状態のキラーチューンで構成された良盤に
仕上がっておる!これだ!これでいいのだ!俺たちにチャラいオシャレ気取りの
ヒップなサウンドなど不要!
幾らダサいと揶揄されようとも、これが俺たちの価値観だ!
文句あっかチャラ小僧ども!タマ舐めやがれ!!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 89% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system