DIVINO DISTURBO







"Op I: Choose Your Side"




スペイン出身の女性Voシンフォニックメタルバンドによる1stアルバム。


ALBOREA、SARATOGAのメンバーを擁する、2010年にマドリードで結成されたバンドの
デビューアルバムで、音楽的は淡白なソプラノ寄りの女性Voをフロントに据え、
ストリングス等の煌びやかなシンセを大々的に導入したシンフォニックメタル
なっており、ギターチェンバロ等はかなりネオクラシカル様式美な印象があり、
聖歌風クワイアもかなり目立っており、日本のMoi dix Moisからブラックメタル要素を
排除し、女性Voにしてより壮麗さを増したような感じだろうか!?ちなみに歌詞は
スペインのバンドでありながら英語詩となっているぞ。

1曲目はストリングスシンセによるイントロで、2曲目はネオクラシカルなシンセ、
ギター
に始まる様式美系のアップテンポ曲で、聖歌系クワイアも顔を出し壮麗かつ
荘厳な雰囲気があるな・・・!3曲目もチェンバロ等がホーリーなクラシカルさ
醸し出し、その後はXのようなドラムが聴けキラキラしつつ疾走!4曲目はギターが
メロディーを奏でバックでシンセが彩る短いインスト。5曲目はファンタジックな印象のある
淡々としたシンフォニックメタルだが、途中プログレメタル風になり後半はデジタルシンセ、
ヘヴィリフ
が顔を出し、こういうアレンジは不要だな・・・!6曲目はシアトリカルな
オペラ、ミュージカルをメタル化
させたような怪しい曲調で、7曲目は久々にネオクラシカルな
ギター、チェンバロ
が聴ける様式美クサメタルとなり、8曲目はホラーテイスト
醸し出すダークなミドル曲で、ベースがバックでそこそこ目立ちアップテンポにもなり、
途中ファンタジックなシンフォニックさが見られるぞ。9曲目はトラッド風の出だしから
なかなかに勢いのあるシンフォニックメタルとなるが、やはり半端に
プログレメタルっぽさ
もありそこは素直に疾走せいや!と言いたくなるわい!
10曲目は4曲目のアコースティックアレンジでVoも入っており、11曲目はホラー寄りの
重厚な暗さ
が見られるサントラ風インスト。12曲目はここに来てブラストも顔を出す
シリアスな疾走シンフォニックメタルとなるぞ!


女性Voがやや弱く、プロダクションも軽めで難が見られるが、それ以外はかなり
クラシカルでコテコテかつホーリーな壮麗さが漂う、かなりクサめの
大仰で美麗な疾走シンフォニックメタル
となっており、クサメタラー的には
喝采モノのバンドだろう・・・!ただ曲展開にやや唐突さがあり、急に曲調やテンポが
変わったり半端にプログレ風な面を見せたりしており、そこに強引さが感じられ
折角のクサさ、大仰さが途中で止められてしまう
感覚を覚えるのも確かだな。
ネオクラ様式美一本に絞って頂きたいモンじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Lux Aeterna  Nirmia  Layla
Oniria (Prelude to Op II)







もどる


inserted by FC2 system