DIMLIM







"Chedoara"




日本のヴィジュアル系デスメタル/デスコアバンドによる1stアルバム。


D.I.D.、DEVILOOFの元メンバーによって新たに結成されたV系デスメタルバンドで、
NOCTURNAL BLOODLUST以降チラホラ見られるようになった、DIR EN GREYからの
影響から逃れた新世代V系エクストリームメタル、デスコア系の流れを踏襲した
話題の新人である!どうやらメンバーチェンジがあってからのフルアルバムで、
いきなりのコンセプト作らしく、音楽的にはV系デスコア勢ながら大分DIR EN GREY
影響が強く残っている感じで、特にVoがかなり最近の京に影響されており、今風なグロウル、
ガテラル
に加えホイッスルボイスを多用、その一方でクリーンVoもかなり目立っており、
これも最近の京のように高音で歌い上げてはいるんだが、どうにもピッチが不安定
デビュー当時は相当にヘッポコな印象があった・・・!本作ではまだまだ怪しいものの
大分上達し、癖の強さは好き嫌い分かれるだろうがDEVILOOFよりかはマシだな。
曲もエクストリームメタル、デスコアの要素はあるが、全体的に昔のDIR EN GREY・・・
90年代V系のダークな怪しさ、こけおどし感
が強く、DEVILOOFのような
ガチのデスコアを求めると肩透かしになりそうだな・・・!

1曲目はノイジーなイントロで、2曲目は意外にも淡々としたバラード風だが
途中エクストリームメタルとなり、バラードパートは昔のDir、デスメタルパートは
最近のDIRの影響が強く、3曲目は今風デジタルシンセが目立ちつつ微妙な
クリーンVo
が登場、一応デスメタル化するがサビはクリーンで、4曲目はデスコアの
要素
がありつつこれまた最近のDIR EN GREY要素もあり、サビはこれまた微妙なクリーンだ。
5曲目はV系特有の安っぽい怪しさ、胡散臭さが見られつつやはりDIR EN GREYな感じで、
クリーンVoは頑張って高音を歌い上げているな。6曲目はデジタル系の短い繋ぎで、
7曲目はヘヴィなノリの良さを放つモダンな曲。サビは唐突に爆走するんだが
やはりクリーンVoが微妙だなぁ・・・!8曲目もデジタル要素入りのモダンな曲で、
グロウルと共に疾走もしており、よくある曲調だがクリーンVoが無いので楽しめるな。
9曲目はメタルコア、デスコアに接近した疾走チューンで、クリーンVoも多くギターソロは
穏やかな流麗さがあるが、メロディーの組み立て方はやはり今風だな。
10曲目はヘヴィさがありつつバラードと言えるスローテンポで、11曲目はJ-ROCK風の
カッティング
悪い意味でオシャレ感を漂わせ、マスロック的技巧
あるにはあるが俺の好みからは遠いな・・・!12曲目は暗く淡々としたV系バラード。
好みでは無いが、クリーンVoの成長がしかと感じられるな。


DEVILOOF、D.I.D.人脈のバンドだが、前者のようなデスコア、後者のようなテクデス、
プログレメタル
要素よりも昔のDIR EN GREY、90年代のダークなV系の要素が強く、
そういった要素を好むV系側の人間には嬉しいだろうが、ガチのエクストリームメタル、
デスコア
を求めるとかなり微妙に感じられるだろうな・・・!俺は勿論後者なんで
やはりあんまピンと来ない1枚である(爆)。まぁそれでも一応はエクストリームメタル、
デスメタル要素
もあるし、グロウル、ホイッスルボイス等は大分クレイジーな感じで
個性として楽しめる
だろうか!?クリーンVoはハイトーン系で頑張りは認めるものの、
やはり癖が強く不安定さも残っており、そもそもメロディーに魅力が無く
どうしてもクリーン不要に感じてしまうわい!折角テクニックがあるんだから、
生半可にV系やらずガチのデスメタル、デスコアをやって欲しくなるのは
俺がメタラーだからだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Mad [K]  シガラミ - CHEDOARA MIX -







もどる


inserted by FC2 system