DIALECTIC SOUL







"We Are Born From The Pain"




ベラルーシ出身のメロディックデス/ブラックメタルバンドによる4thアルバム。


Сымон-Музыкаなるバンドのメンバーによって2000年に結成された
ベラルーシ出身の3ピースバンドだが、どうやらドラマーがおらずドラムパートは
打ち込みとなっているっぽいな・・・!本作は2014年リリースの通産4作目で、
音楽的にはブラックメタルとされてはいるが、どちらかと言ったらメロデスや
モダンな要素
も強く、細かいギターリズミカルな印象こそあれどあまり
メロディックさは無く、シンセもデジタルな要素が強いだろうか!?

1曲目は早速のエキゾチックで怪しいギターフレーズに始まり、ブラックメタル
言うよりもメロデスに近い印象があり、トランス系のデジタルシンセも登場、
2曲目も細かいギターと共に軽快なノリを見せるも、シタール等が顔を出し
これまたエキゾチックだな。3曲目も細かいギターが顔を出し、その後は
デジタルシンセ4つ打ち風リズムチャラさを演出、一応ブラスト
顔を出し疾走もするぞ。4曲目はそこそこメロデスに近い感じで、シンセ等多少は壮大さもあり
ブラストも交えつつなかなかにテクニカルか!?5曲目はピコピコシンセがプログレと言うか
ゲームサントラ風なフレーズを披露、これまたプログレ寄りな印象があり
6曲目は軽快なノリの良さが見られるアップテンポで、デジタルシンセも顔を出し
7曲目は気だるいリフ、シンセダミ声Vo、低音コーラスが聴けるミドル曲。
8曲目はブラックメタル寄りだがベースのスラップデジタルシンセも登場、
プログレメタル的なアンサンブルも顔を出すのう・・・!


メロディックデスブラックメタルを混ぜ合わせつつも、シンセは
トランス風だし4つ打ち風リズムは顔を出すしでモダンなチャラさがあり、
メロデスシンフォニックブラックを期待すると思い切り肩透かしだろうな・・・!
ブラスト慟哭叙情フレーズも少なく、むしろ中東風のエキゾチックな
フレージング
のほうが多い感じで、全体的に一筋縄ではいかない楽曲が主体で
王道の良さよりも風変わりなバンドを求めているリスナー向けだな・・・!







満足度 73% お気に入り曲 We Are Born from the Pain







もどる


inserted by FC2 system