DEVIOUS MINE







"Exilium"




イタリア出身のメロディックメタルバンドによる1stアルバム。


言わずと知れたイタリアのB級、C級クサレメロスピ専門レーベル、
Underground Symphony
から新たに登場した、シンセ奏者を含む5人組の
バンドで、2006年に結成されたようで本作は2018年リリースの
デビューアルバム
となっている。音楽的にはいかにもなイタリアの
B級メロスピ、クサメタル
らしいスカスカなプロダクション、
朗々としつつも線が細くヘナチョコなVo、お世辞にも巧いとは言えない
演奏
が聴けるんだが、楽曲自体は意外と疾走メロスピでは無くむしろ
メロハーに近い印象があり、音がB級なんだから普通にクサく疾走する
メロスピ
をやってもらいたかったわい!

1曲目はメロウなピアノ、シンセオーケストレーションによるイントロで、
続く2曲目はいかにもなイタリアンクサメタル感漂うヘナチョコな音作りだが、
曲自体は意外にもメロハー路線で、後半はシンセソロがややプログレ風の
空気
を醸し出すぞ。3曲目も軽快さのあるミドル〜アップテンポとなり、
4曲目はチープだがそこそこ勇壮なリードギターが登場、シンセも聴け
それなりに疾走感もあるぞ!5曲目はピアノ、ヘナチョコVoによるバラード。
イタリアらしいしなやかさが見られつつ、途中からバンドサウンドがキャッチーさを放つぞ。
6曲目はシンセと共に疾走する明るいメロスピとなり、どことなくディズニー的な
クサさ
も見られ、こういう方向性をメインにして貰いたいのう・・・!7曲目は疾走感も見られる
軽快なメロスピ寄りで、B級らしさも強いな。8曲目もアップテンポで軽快な
ノリの良さ
を見せているが、イマイチフックに欠ける仕上がりではあるな。
9曲目もアップテンポで軽快さを見せているな・・・!


Underground Symphonyらしいスカスカでチープなプロダクション、
キレの無い演奏、ヘナチョコVo
と、B級イタリアンメロスピの条件を
全て満たしていながら肝心の楽曲がメロスピ、クサメタルでは無く
むしろメロハーに近い感じなのが解せぬ!普通メロハーと言ったら
もっと洗練されてて巧くなきゃダメだろ!B級メロスピの音作りで
一流のスキルを要求されるメロハーやられても困るわい!とは言え
テクも無いのにプログレに走って大コケされる同系統バンドよりかは
まだ聴けると言えなくも無いんだが、やはりこういうヘッポコバンドには
愚直にクサく爆走して貰いたい!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Soldier of the Noble War  Struggle of Hope
The Last Hope







もどる


inserted by FC2 system