DESTRAGE







"Urban Being"




イタリア、ミラノ出身のミクスチャーメタルコアバンドの1stアルバム。


ゴリゴリのメタルコアを基本に様々な要素をブレンドしミクスチャー然とした
佇まい
を見せつつコミカルな部分も持ち合わせたファンキーでファニーなスタイル
メタルコア化したレッチリ、マキシマムザホルモン等と称され一部で話題沸騰となっている
新人バンドである!DISARMONIA MUNDIのEttore Rigottiがプロデュースしているという事で
メタル界隈とミクスチャー、ハードコア界隈双方で知られているようだ・・・!

1曲目はライヴのような歓声SE、MCで始まりギターの速弾きで切り込み
アグレッシヴな咆哮、メタルコア然としたリフで疾走しつつもリズムワークは
何気にテクニカルな要素がありパンキッシュな吐き捨て型の歌唱も披露される!
タイトかつ妙にキャッチーでノリが良く後半ではクリーンVoも聴けいかにも
メタルコアというかニューメタルライクな要素もあるのう・・・!ラストは
ハモリのギターで終了だ!2曲目もいきなりのアグレッシヴなバンドサウンド
カオティックさというかブルデスライクなノリを見せヴォーカルは畳み掛けるような
シャウト
でまくし立てそしてミュート気味のリフも顔を出すへヴィな曲。基本的に
かなりアグレッシヴだが後半で妙にメロウで穏やかなパートも顔を出しヴォーカル等の
バックに埋もれているがギターソロは実にレガートである!3曲目もアグレッシヴな
ギターリフ、ブラスト
で始まり重さとノリの良さが目立つがリードギターはまるで
ARCH ENEMYのような泣きを見せメロウな箇所もあるぞ!ギターソロはテクニカルな
カオティックさ
を持ちつつ叙情的なツインリードもあり実に技巧的じゃのう・・・!
4曲目はいきなりクリーンギターがフュージョン的穏やかかつ流麗
ソロを披露しヴォーカルもソフトなクリーンで歌うがその後カオティックさを持った
バンドサウンド
が登場、だがサビはクリーンVoでマイルドな要素が強くへヴィさと
叙情性が極端に分かれつつ融合
しているのう・・・!5曲目は畳み掛ける吐き捨て絶叫
ミクスチャー然としたムードを醸し出すミドルテンポのアグレッシヴなへヴィチューン。
後半付近でやはり穏やかなクリーンギターのパートが顔を出し流麗なソロが聴けるぞ。
6曲目はアグレッシヴでへヴィなサウンドで疾走、ヴォーカルのシャウトはこれまた
妙なノリの良さを出しクリーンVoも登場、ギターソロ付近はメロウな要素もあるが
基本はゴリゴリにへヴィなアグレッシヴサウンドである!7曲目はノリの良さを出しつつも
やはり凶悪なへヴィさが基本のモダンなメタルコアだがヴォーカルはミクスチャーライクな
ノリ
で畳みかけ一瞬ワウをかけたファンキーなカッティングも顔を出すぞ!ギターソロは
やはりメロディアスかつレガートでテクニックある所を見せ付けるかのようだ・・・!
8曲目は出だしから早速爆走しつつもギターが細かいリードフレーズを弾きこの辺は
DISARMONIA MUNDIに通じるムードがあるのう・・・!本作としてはストレートな楽曲
ギターソロもレガートでその後はビートダウンになりラスト間際でクリーンVoも顔を出すぞ。
9曲目はモダンさ全開のリフで始まるもその後クリーン寄りのミュートギター、ウィスパー風の
ヴォーカル
スクリーモ的な風情を醸し出しへヴィパートとメロウパートが交錯する!
10曲目はメタルコア的リフで早速の爆走を見せアグレッシヴに展開、細かいオブリもまた
メタルコアライクでサビは短いがニューメタル系のクリーンVoである!ギターソロは
ワウを効かせたメロディアスなプレイでその後は妙に穏やかなクリーンVoが聴けるぞ。
後半の2ndソロは流麗な速弾きだ!日本盤ボーナスの11曲目はこれまたゴリゴリのへヴィサウンドで爆走しつつ
ヴォーカルは畳み掛けるミクスチャー、パンキッシュなシャウトで実にアグレッシヴで熱いのう!
サビはお約束のようにクリーンVoでニューメタル風になるのう・・・!ギターソロパートは
パーカッションも登場しちょいとカオティックな要素を出しワウを効かせた変態的ギタープレイが堪能できるぞ!


メタルコアと言うよりはデスコアに近い凶暴なアグレッシヴさに加え時にSlipknot、
STONE SOURのコリィ
を思わせるニューメタルライクなクリーンVoを披露しカオティックコアに
通じる変態的アレンジ
も登場、ロックンロール的ノリの良さ、キャッチーさも混ぜさらに
穏やかなフュージョン要素もドッキングし新人、若手としてはかなりの演奏スキルの高さがあるな!
楽曲としてはそこまで変態的に様々なスタイルが混ざっていると言うわけではなく基本はゴリゴリの
へヴィサウンド
なんでIWRESTLEDABEARONCEWrath & Raptureのような終始展開が
変わりまくるせわしない音作り
ではないんで逆に聴き易いと言えば聴き易いか!?リフの音が
デカくソロが引っ込み気味だったりプロダクションは良くは無くクリーンVoパートはニューメタル風なんで
メロディーにフックは無いんだが細かい事はあまり気にせず楽しめる
良質のミクスチャーモダンメタルコアバンド
である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 Trash For Sale、Self ID Generator、
Infinite Dump System Circle、Digital Abuse、Urban Being







"The King Is Fat 'n' Old"




イタリア、ミラノ出身のミクスチャーメタルコアバンドの2ndアルバム。


DISARMONIA MUNDIのEttore Rigottiがプロデュースし彼のレーベルCORONER RECORDSから
リリースされ最重要バンドとして扱われているらしい変態コミカルミクスチャー
メタルコアバンド
による2作目のアルバムである!ゴリゴリにへヴィでアグレッシヴな
メタルコアスタイル
を基盤としそこに様々な要素を混ぜ合わせ妙に軽快でノリの良い
ファンキーな部分
も顔を出しメタルコア化したレッチリ、マキシマムザホルモンと呼べそうな
スタイルは本作でも勿論健在、ドラムの音はスカスカだがプロダクションも良くなり
前作では弱かったクリーンVoパートのメロディーも強化されているぞ!

1曲目は妙にノリの良いシンガロングに始まり非常にカッコいいリフ、咆哮シャウトが聴け
アップテンポでへヴィかつ軽快に展開、オブリが一部カオティックさを出しつつもストレートな
アレンジ
になっておりギターソロ後はちょいとテクニカルなアンサンブルも顔を出すぞ!
2曲目はスパニッシュギターで幕を開けモダン系のへヴィなバンドサウンドが登場、
ノリの良さアグレッシヴさを同時に放ちクリーンVoはいかにもニューメタル風だが
前作よりはキャッチーさが増しているか!?中盤再びアコギがスパニッシュなムードを
醸し出し
ラストはマシンガンのようなリズムが聴けるぞ!3曲目はどこかキャッチーで
ノリの良いリズム
電子音は無いのにダンサブルさを醸し出しその後は疾走開始!
ヴォーカルはミクスチャー然とした畳み掛けるような吐き捨て歌唱でクリーンVoパートも
妙にダンスミュージックライクなアレンジが施され人力ダンスミクスチャーと呼べそうな
メタルコアとしては非常に風変わりな雰囲気が放たれる!ギターソロがこれまたトリッキーな
プレイ
を披露しておりその後はアコギのストロークも聴け後半は疾走、ラストのソロが
これまた流麗かつ変態的で実にテクニカルじゃのう・・・!4曲目はメロウかつキャッチーな
アコギ
で始まりへヴィでアグレッシヴなバンドサウンドが登場するもクリーンVoのサビは
ギターも含め非常にキャッチーでフックがあり中盤はアコギが再び顔を出し穏やかなムードを
演出するぞ。ギターソロがこれまた流麗だな・・・!5曲目はいきなりのアグレッシヴさ
熱く勢いを感じさせデスVoは絶叫に加えガテラル風味の咆哮も放ちクリーンVoはキャッチーさの
強いニューメタルライクなメロディー
を歌いモダンなビートダウンも顔を出すへヴィな曲だ。
中盤ではクリーンギターがメロウで叙情的かつブルージーなノリを醸し出しその後のギターソロも
エモーショナルじゃのう・・・!後半はブラスト気味の爆走だ!6曲目はタッピングで始まり
マシンガンのようなアグレッシヴなビートが炸裂するモダンでパワフルなへヴィチューンだ!
高音吐き捨て絶叫Voも強烈だがその後メロウで物静かなパートも短いながら顔を出しこの落差の
演出
恐れ知らずの今時のバンドらしい所だ(笑)。後半で爆走パートに乗せて再びタッピングソロ
登場し相変わらずのテクニカルさである!7曲目はどこか叙情的なリフで始まり泣きのリードギターが
ARCH ENEMY的なムードを放ち疾走、クリーンVoパートはこれまた哀愁漂うメロディー、アレンジが
聴けるぞ。中盤の高速リフテクニカルな印象を放ちつつソロは技巧的要素の中にしかと
泣きのフィーリングを込めており短いのが気になるがその後アコギ、クリーンVoによる穏やかなパートも登場!
ラスト間際はブラストで爆走しノリの良いリフも聴けるぞ!8曲目はナレーション(?)で始まり
トリッキーなギター、マキシマムザホルモンを彷彿とさせる早口吐き捨て絶叫スクリーモライクな
タッピングオブリ、アコギ
も顔を出し変態ミクスチャー要素の強いノリの良い曲調となるぞ!
奇妙なギターフレーズに続きタッピングを駆使した変態的技巧派のソロが顔を出しこの辺の
非凡なスキルが若手とは思えん部分じゃ・・・!9曲目はアコギ、ドラムがフェードインしていき
退廃的なムード漂うバンドサウンドが登場、アコギもエモーショナルさを放つ
パワーバラード風と言えなくも無い曲調でヴォーカルもクリーンで歌うぞ。
ギターソロも速弾きを交えつつ泣きのメロディアスなプレイを見せているのう・・・!10曲目はイントロから
いきなりアグレッシヴ
でまるでRACER Xのような速弾きハモリも登場!クリーンVoも
目立ちメロディアスな要素も強いがテクニカルさも濃くギターソロはこれまた高速ユニゾンだ!
11曲目はモダンな印象の強いへヴィなイントロから速弾きで切り込みアグレッシヴながら妙にノリの良い
軽快なリズム
で疾走!ギターは細かいリフ、オブリを放り込みヴォーカルも吐き捨て絶叫
ミクスチャーライクなムードを演出、デスVoシンガロングも熱いぞ!ギターソロはテクニカルかつ
軽快なロックンロール風のプレイ
ジャジーな変態的技巧も発揮され非メタルな
引き出しの多さ
が何気に凄まじいのう・・・!


へヴィさ重視のメタルコアサウンドにニューメタル要素、ダンサブルさ、ミクスチャー的ノリを
大胆に導入しそれ以外にも部分部分で様々な要素を導入しており前作以上にメロディーの良さや
引き出しが増えた感
があり着実にクオリティーアップしているのが伺えよう・・・!本作によって
日本でも本格的に注目を集めブレイクしそうな予感がするし今後が楽しみである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Double Yeah、Neverending Mary、Back Door Epoque、
Collateral Pleasure、Panda Vs Koala、Wayout







"Are You Kidding Me No"




イタリア、ミラノ出身のミクスチャーメタルコアバンドによる3rdアルバム。


メタルコア、カオティックコアミクスチャー的な雑多要素、お笑いとすら言えそうな
ファニーさをブチ込んだイタリア産変態バンドによる待望の3作目である!以前にジブリの
ネタカヴァー
幅広い層にアピールする事に成功し、次なる動向が期待されていたが
本作もまたエクストリームメタルに留まらぬ幅広い素養を存分に発揮しておる!

1曲目から早速ギターによるテクニカルなピロピロが顔を出し、やけにカン高い喚きVoに
グロウル
が登場、かなりカオティックなムードを醸し出しており、意外と音作りは軽いが
カオティックコア
ならこれ位が逆に聴き易いか!?中盤はクリーンギターテクニカルかつ
穏やかな空気
を醸し出し、後半はオーケストレーションが大仰さ、壮麗さを放ちつつ
アジテーション的Vo、テンションの高い高速ドラム
も聴け、そのままデジタルビートが暴れる
テクノ、トランス系と化すぞ!
2曲目はメタルコア的なリフ、リズムに始まるもその後は
FAITH NO MORE的な怪しげなテンションを見せマイク・パットンに通じるセンスを感じさせるのう・・・!
中盤は怪しくも穏やかな場末感を演出、ギターソロがまた流麗なシュレッドを披露しており
さらに変態的なアヴァンギャルドさを見せてくれるぞ!3曲目はドラムが暴れまくり
THE DILLINGER ESCAPE PLAN
に通じるムードを醸し出すカオティックコアとなり、妙にワイルドで
ノリの良いアメリカンロック的な面
も見せるぞ。後半もまた相当にテクニカルである!4曲目は本作としては
ヘヴィ寄りの印象
がありつつこれまたアメリカンHM的な面を披露、5曲目はCACOPHONYを
髣髴とさせる変態テクニカルギター
で幕を開けるも、その後はこれまたアメリカンなグラムメタルに接近し
中盤はデジタルサウンドが聴けギターソロ、ドラムソロも顔を出すぞ。6曲目はアコギ、シンセが
叙情的なバラード風の空気
を演出するが、その後はバンドサウンドが登場しブルージーな
ニューメタルと言えそうな曲調
になるのう・・・!ストリングスも聴けつつ後半はテクニカルな
プログレメタル要素
も出てくるぞ。7曲目はやけにテンションの高いパンキッシュさ
同時にテクニカルさも放たれるアップテンポ曲で、8曲目は穏やかさの中に
不穏さを放つ出だし
からバンドサウンドが登場、これまたあまりヘヴィでは無く
パンキッシュなノリ
を見せており、ギターソロはクリーントーンテクニカルなシュレッド
披露しthe band apartを思わせるか!?9曲目はTHE DILLINGER ESCAPE PLANに近い
テンション
人力テクノ、トランス風味を放ちつつモダンメタル要素もあるな。
途中で穏やかさのあるテクノとなりつつ後半は怪しげなヘヴィリフ、リズムが聴けるぞ。
10曲目は軽いギターに始まりカオティックなテクニカルサウンドと共に高いテンションで疾走!
これもTHE DILLINGER ESCAPE PLANに近い印象があり、中盤は何とホーンマカロニウェスタン風の
フレーズ
を披露しつつリズムはスカで、その後の展開もまた相当に胡散臭くシアトリカルな印象があるか!?
後半で延々と続くギターフレーズがまた面白く聴き応えあるのう・・・!


過去作と比べ明らかに演奏スキルは向上しており、変態的アヴァンギャルドさの中に
異様に流麗なシュレッドを放り込んだりカオティックコアまんまなハイテンション
テクニカルリズム
を存分に見せ付けており実に凄まじいが、音作り自体はやけに
軽くなった
ような印象がありメタルコアと言うよりもパンキッシュな軽快さ、ライトな
ノリの良さ
が目立っておりアメリカンHM、グラムメタルでありそうな雰囲気も強く、
この辺で評価、好みが分かれて来そうだな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Destroy Create Transform Sublimate  My Green Neighbour
Are You Kidding Me? No.







"A Means to No End"




イタリア出身のミクスチャーメタルコアバンドによる4thアルバム。


異様にハイテンションでありテクニカル、それでいてシリアスさ以上に
ファニーさ、ユーモアをたっぷり放り込み、ある意味お笑いバンド、
コミックバンド的
でありながら圧倒的センス、クオリティーの高さを見せる、
イタリアが生んだド変態カオティックミクスチャーメタルコアバンドによる
待望の4作目である!メタルコア、ポストハードコアと呼ばれるジャンルが
形骸化して久しい昨今にあって個性を放つ実力派で、
前作の流れを汲んだ変態要素満点の如何わしくもテンション高め
メタルコアと言うかポストハードコア、スクリーモ
アリーナロック的キャッチーさ、パンク的ライトさを持ち込んだ
音作りとなっており、コミカルなファニーさ、ユルさもかなり目立ち
ある意味メロコアにも近いかも知れんな・・・!

1曲目はアコギやシンセがトライバル的な怪しさを醸し出しVoも顔を出す
イントロで、2曲目は早速のプログレ要素入り変態スクリーモと言えそうな
空気が漂っており、3曲目は早速テクニカルなピロピロが目立ち疾走!
後半はスローテンポでマイルドさがあるな。4曲目はカオティックな
不穏さ
が見られつつスリージーメタル的なバッドなキャッチーさが感じられ、
中盤以降でちょいと雰囲気が変わり、ラスト付近でブラスト、トレモロが登場!
5曲目はテンション高めのテクニカルなピロピロサウンドが自己主張しており、
淡々としたパートにも焦燥感があるな・・・!6曲目はハードコア的なラフさを
発散する疾走曲
だが、コーラスはかなり穏やかでアダルトな感じである!
7曲目もまたマイルドな穏やかさがあるインストで、8曲目もマッタリ気味だが
テクニカルなドラムも聴け、9曲目は細かくもワイルドなノリの良さがあり、
サビのクリーンVoはキャッチーを通り越してオシャレ感すらあるか!?
10曲目も細かいリフで軽快さが見られ、11曲目は怪しげなムーディーさを放つ
スローチューンだが変態的なピロピロギターも登場、12曲目は穏やかかつ
かなり怪しげなアコギ、コーラスが暗さを醸し出しておりハモリギターも登場、
13曲目は怪しさ、胡散臭さと共に変態性を演出、これまた大人しい
パート
もあるがハードな盛り上がりも見られるスロー曲だ。ギターソロは
スウィープを披露しておりテクニカルさがあるな。


基本的に前作の流れを汲んだサウンドで、ハイテンションかつ
テクニカル
なプログレメタル的アンサンブルでカオティックさ
存分に発散、音作りはそこまでゴリゴリでは無く、メタルコア
言うよりもスクリーモに近い印象で、そこにアリーナロック的な
キャッチーさ、スリージーメタル的なバッドボーイ要素を
感じさせる仕上がりだな・・・!
ただ前作と比べてそこまで
インパクトが強いわけでは無く、穏やかでマイルドな面もより目立ち始め
パンク的なノリの軽さはメタルの重厚さ、シリアスさとは相反しており
そこに違和感を感じるリスナーもいるだろうな。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Symphony of the Ego







もどる


inserted by FC2 system