DELUHI







"Surveillance"




日本のヴィジュアル系メタルバンドの1stミニアルバム。


今は脱退したようだが前までGALNERYUSベースをプレイしていた
YU-TOがギタリストとして率いている新進気鋭のヴィジュアル
メタルバンド
である!かねてよりV系シーン以上にメタルシーンで
話題
のバンドでうちのサイトにもタレコミが来る事10回を超え
いいかげんDELUHIのタレコミを断ち切るためにも
ここいらでレビュー上げんとイカンのう!(笑)

音楽的にはまさに最近とみに増えてきているヴォーカルだけ
V系
でバックはテクニックも含め殆ど・・・完全にメタル
言い切れるスタイルだがVERSAILLESのような様式美クサメタルではなく
モダンへヴィネスの流れを汲む重低音にヴィジュアル系ならではの
クサキャッチーさを融合させたスタイルでこれだけ聞くと
前からあったDir en greyタイプのバンドのように思えるかも知れんが
あそこら辺のバンドとの大きな違いはバンドサウンドがなんちゃって
似非メタル
ではない、ホンマモンのメタルの演奏スキル
楽曲面もかなり正統派・・・エクストリームメタルの雰囲気を保っているのが
特徴である!イントロに続く2曲目がまさに彼らの持ち味が存分に
発揮されたファストラウドテクニカル
キャッチー極まりないキラーチューンである!サビのダサい歌詞(爆)
気にならなくなるほどの凄まじさじゃのう!3曲目はV系寄りのヴォーカルが聴け
デスヴォイスも登場しバンドサウンドはへヴィだがメロディーはキャッチーだ。
4曲目はデジタル系のアトモスフェリックな音で始まりこれまた
へヴィ寄りのバンドサウンドが聴けるもそのプレイ、リフ等は
まさしく海外のモダンメタル勢を思わせるものだ!全体的には
パワーバラード寄りだな。5曲目はピアノで幕を開け
へヴィリフでスラッシーに爆走、ブリッジで絶叫タイプの
憎憎しさ満点のデスヴォイス
も顔を出しサビはやはりクサキャッチー
ギターソロも本物のメタルテクを見せてくれるぞ!流石に以前より
ヤングギターで取り上げられていただけの事はある!泣きの
メロディー
を奏でる2ndソロもたまらんのう!


メンバー全員のスキルが非常に高くヴォーカルもこの手のバンドと
してはかなり上位のほうにランクインする実力を持っているぞ!
ちょいと鼻にかかったV系スタイルだがヘナチョコさは無く
声量もあり
そのためデスヴォイスも本格的である!(聴き手の)好みの
差はあれど楽曲面、演奏スキル共に言うこと無しだがあとは
ミニアルバムではなくフルレンスアルバムを、適正価格
リリースしてもらいたいもんじゃ・・・!V系ボッタクリ価格
まったくもって御免である!(爆)ちなみに本作はもう廃盤のようだ。









満足度 84% お気に入り曲 Two Hurt、Recall







"Yggdalive"




日本のヴィジュアル系メタルバンドの2ndミニアルバム。


ウチのサイトにタレコミが来た回数ダントツでナンバーワンの、
今話題沸騰中のヴィジュアルメタルバンドである!
同じメタルスタイルのV系でもVERSAILLESMoi dix Mois等のような
様式美クサメタルではなくモダンへヴィネス、メタルコア、
正統派メタル
の要素が濃くそれでいてヴィジュアル系
高品質で貫くシーン屈指の実力派だ!下手糞な
3流Dirフォロワーバンドが多いシーンの流れを変えられる
可能性すら感じさせる稀有なバンドでもある!

打ち込みトランスリズムとクワイアが聴けるイントロに
続く2曲目はモダンなリフで疾走し正統派メタルの
質感も感じさせるがヴォーカルはV系という彼らの王道的な
スタイル
の曲だ!ブリッジはメロトロン風のシンセ
メロウさを出しサビはテンポダウンで壮大な広がりを見せ、
リフといいサビといいメタルコアの雰囲気が濃いな・・・!
まぁデスヴォイスはごく僅かだが・・・。ギターソロはやはりテクニカルで
プログレメタル的な要素も感じられるぞ。そのまま繋がる
3曲目は何とブラストビートでいきなり爆走しヴォーカルも
デスヴォイスでシャウトしモダンへヴィネス的な
エクストリームサウンド
を聴かせるがサビはV系ライクな
クリーンVo
が聴けるぞ。途中打ち込みリズムが一瞬顔を
覗かせただのモダンメタルでは終わらないアレンジが施されている。
4曲目はこれまたゴリゴリしつつも練られたリフが聴け
デスVoも登場、その上で打ち込みリズム、トランス的な
シンセ
も聴けBLOOD STAIN CHILD等を思わせるメタルと
トランスの融合
みたいな曲調になっているな。ギターソロは
プログレ的なテクニカルフレーズ、変拍子である!5曲目は
モダンというかインダストリアルな雰囲気を持っており
サイバー色濃いへヴィリフ、電子音要素が濃いな・・・。
ラストで聴けるギターソロはワウをかましどこかファンク風でもある。
6曲目はギターリフこそ今風なれどシンセが明るく壮大な
雰囲気
を演出し最近のD`espairsRayに通じる雰囲気を持っているな・・・。
7曲目はテクニカルかつモダンな要素を持ったバンドサウンドで
疾走しヴォーカルはデスVoを披露しアグレッシヴさを放つが
クリーンVoは一気にポップさを演出し個人的(クサメタラー的)には
クサさを演出して欲しかったのう・・・(笑)途中リズム落ちの
モッシュパート
もあるがそこでも打ち込みサウンド、
スクラッチ音
が目立っている。8曲目は繋ぎの短い曲で
続く9曲目はクリーンギター、デジタルリズムが聴けるバラード。
メタリックさは無くこれまたごく普通の穏やかなバラード
なってしまっており抜きん出たものは無いな・・・!


プロダクションは悪くヴォーカルもV系としてはかなりの
実力者
だがやはりデス声がどこか弱い気がするのう・・・!
へヴィさは健在だがトランス系のシンセ、リズム
目立つようになりメロディーもクサさよりポップさが前面に
押し出されて
いたりテクニカルなギターソロの減退、
前作の“Two Hurt”のような超絶キラーが無くなった
いうのもどうにも気になるわい!このまま毒にも薬にもならない
駄菓子
のようなつまらないバンドになってしまうのではないだろうか!?
せっかくの優れた才能を無駄にせぬようセルアウトに背を向け
高品質ヴィジュアルメタルを追求してもらいたい
ものじゃ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 G.A.L.D、REVOLVER BLAST、
FOLLOW THE FUTURE







もどる


inserted by FC2 system