DECEMBER EVERYDAY







"December Everyday"




日本のメタルコア/ポストハードコアバンドによるミニアルバム。


2010年に仙台で結成された5ピースバンドで、本作以前に自主制作でEPを
リリースした
経歴があるようで、音楽的には近代的なメタルコア、ポストハードコア
基本とするヘヴィグルーヴ重視の今風エクストリームメタルなんだが、一部の曲で
前時代的な、90年代ラウドロック、ミクスチャー的なスタイルを導入しており、
曲によってはスクラッチ音ハードコア要素等を見せているのう・・・!

1曲目は早速のヘヴィでストロングなグルーヴィーさが放たれ、Voもパワフルな
グロウル
を披露するが速攻でフェードアウトし、続く2曲目は何とも前時代的な
スクラッチ音入りの90年代ラウドロック、ミクスチャー
となり
ブレイクダウンも目立っているな・・・!3曲目は近代ポストハードコアに接近した
ヘヴィグルーヴが見られ、4曲目はここに来てようやく疾走しており、
メタリックさのある80年代ハードコア
な印象があるか!?5曲目は再びヘヴィグルーヴ重視の
重苦しいミドル〜スロー曲で、6曲目は激情系の退廃ムードを放ちつつ
ひたすらにヘヴィでゴリッゴリなスローチューン。7曲目もとにかくヘヴィだが、
ワイルドなノリの良さも見られ、8曲目もまた重苦しさ満点のグルーヴィーな
ヘヴィさ
が目立ち、後半ではあまりカッコ良くない日本語の煽りも登場、
続いてピッグスクィールも顔を出すぞ。9曲目もいちいち重苦しいブレイクダウン主体の
ゴリゴリなミドル〜スローチューン
で、途中からノリが良くなるのう・・・!


90年代ラウドロック、ミクスチャー的な要素を持ったバンドとの触れ込みだが、
実際にはやはりイマドキらしいブレイクダウン、ヘヴィグルーヴ重視の
ゴリッゴリに重苦しいメタルコア、ポストハードコア系のバンド
である!
とは言え昔ながらのスクラッチ音が飛び出す曲や80年代ハードコア的な疾走曲もあり、
古き良きを由とするHM/HRであれば前時代的なのは大歓迎だが、新しいモノが
由とされる
この手の90年代以降のラウドロック、ニューメタルシーン
この一昔前の要素は果たしてどう受け入れられるのであろうか!?
日本のバンドだが良くも悪くも日本人らしさは薄く、叙情的な要素は無く
基本的にイマドキらしいポストハードコア、メタルコア
ヘヴィグルーヴ重視なんで、この手のワルな音を好むイマドキ系
激ロックキッズ
以外へのアピールは難しいだろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Burn Knuckle







もどる


inserted by FC2 system