DEAFENING SILENCE







"Edge Of Life"




フランス出身のメロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


フランスで95年に結成された何気にキャリアのあるバンドで、95年のフランスと言えば
HM/HRがろくに無かった頃でまさに辺境バンドもいい所なんだが、本作は2003年に
リリースされた彼等のデビューアルバム
となっておる!音楽的にはモロにジャーマンな
メロディックパワーメタル
なんだが流石に当時メタル後進国だっただけあってか音は
非常にチープで相当にスカスカ
だし、ヴォーカルも例によって例の如く相当に線の細い
ヘナチョコハイトーン
B級クサメタル臭をプンプンに放っているんだが、楽曲自体は
なかなかに良く
フランスらしさはあまり感じさせないが、まさに王道を行くストロングな
疾走感を見せるジャーマンメタル、メロパワ
をプレイしておりメロディーもなかなかに
キャッチーさ
があり演奏自体もそこまで悪くは無いのう・・・!

1曲目はジャーマン色漂うストロングなリフワークと共に疾走!ヴォーカルは相当に
線の細いハイトーンで実にヘナチョコさがあり、当然のようにプロダクションも
スカスカ
なんだが曲自体は立派なジャーマンメロパワである!ギターソロが何気に
メロディアスなのも好印象だな。
2曲目もまたストロングなキャッチーさを放つ
硬派なジャーマンメロパワ
となり、3曲目はアップテンポで正統派ライクなムードを
演出
し、ベースラインも結構目立っており軽快さもあるな。ギターソロもメロディー重視である。
4曲目はスカスカ、ヘナチョコなりに頑張ってジャーマンらしいストロングな剛直さ
放とうとしている正統派寄りのアップテンポチューンとなるぞ!ギターソロはこれまた
メロディー重視
だな。5曲目はミドルテンポ正統派メタルの無骨さを放ちたいのであろうが、
ヴォーカルがヘナチョコ過ぎるのでそういう良さが微塵も無く実にアカンなぁ・・・!(爆)
6曲目は哀愁漂うリードギターメロウなクサさを醸し出すシャッフルリズムの
軽快な曲
で、サビもまたヘナチョコVoクサいメロディーを歌っておりいかにもB級なんだが
そこが良いな(笑)。7曲目はキャッチーなノリを放つアップテンポチューンで、
いかにもジャーマンな明るさを感じさせるのう・・・!中盤は結構クラシカルなシリアスさを
感じさせるギター
が聴け、その後のギターソロもメロディー重視だな。8曲目はメロディアスなフックを
内包したリードギター
で幕を開けジャーマン的に疾走開始!コーラスのポジティヴさ
またジャーマン的で好印象である!9曲目は正統派メタルらしいシンプルな無骨さを見せる
ミドルチューン
で、10曲目は叙情的な出だしに続きストロングな正統派メタルのリフが聴け、
その後はジャーマン的な疾走感を見せる7分越えの長い曲である!


フランス出身ながらも一切の奇をてらわない王道のジャーマンメタルを貫いており、
スッカスカでチープ極まりない音質、線の細すぎるヘナチョコハイトーンVoこそ
大きな欠点だがそれ以外は普通にまっとうなジャーマンメロパワを貫いており、辺境地の
B級ヘナチョコクサメタルを愛する層に喜ばれそう・・・
と言いたい所ではあるが、本作は
キラキラシンセとかシンフォニックさとか、そういった要素は皆無であくまでも正統派の
延長線上にあるジャーマンメロパワ
なんで、キャッチーではあるがその手のクサさを
求めると肩透かしになる
だろうな・・・!ジャーマンメタル好きクサさと同時に
パワフルさ、剛直さ、タイトさをも求める
んだが、そういった要素は本作には微塵も
無い
のでそういう視点でも肩透かしになるだろうなぁ・・・!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 Deafening Silence  The Black Swansong  Eden
Save My Soul  Terror And Despair







もどる


inserted by FC2 system