DEAD BY APRIL







"Dead By April"




スウェーデンのエレクトロニカメタルコア/スクリーモバンドによる1stアルバム。


メタルコアがまだかろうじてメロデス要素を保っていた時期に登場したバンドだが、
今聴くと現在のメタルコア、ポストハードコアをかなり先取りしていた印象のある
極めてイマドキなチャラいデジタル要素、ポップさ、キャッチーさを持った
バンドである!本作は彼らのデビュー作で、音楽的にはまさしく近代的な要素満点
エレクトロニカ系デジタルシンセにクリーンVoがまるでアイドルポップスのような
ティーン向けのチャラいキャッチーさ、ポップさ
を放っているんだが、それでも
一応エクストリームな面も見られ、疾走感があるのは一昔前のバンドらしい部分か!?

1曲目は早速今風シンセに始まりチャラい印象が強く首を傾げてしまうが、
続く2曲目はエレクトロニカ要素を見せつつもグロウルと共に疾走しており、
サビはやはりアイドルポップスばりである(爆)。3曲目はピアノが北欧らしい
冷たさ
を放ちヘヴィさも見られ、4曲目も淡々としつつヘヴィさもあり、
サビは完全に売れ線オルタナアイドル風である。5曲目は北欧らしい
シンフォニックな叙情性があり、クリーンVoに目を瞑ればまだ聴ける
仕上がり
だろうか!?6曲目はこれまた淡々としたオルタナポップス寄りで、
7曲目はピアノが北欧らしいヘヴィかつポップなスロー曲。8曲目もヘヴィだが
シンセ等軽快な印象もありつつメロウでエモいバラード風でもあるな。
9曲目も北欧らしい冷たい情緒エモさが同居したパワーバラードだ。
10曲目はヘヴィな軽快さがあり、泣きのギターソロも聴ける辺りが一昔前の
メタルコアらしい美点
か!?11曲目はアコギ、シンセが北欧らしいメロウさを放ち
盛り上がるエモ系バラードと言えそうなスロー曲。12曲目はピアノ、シンセ
ヘヴィリフが聴け淡々と展開、北欧らしい憂いあるキャッチーさが良いな。
13曲目もヘヴィかつピアノが美麗なエモバラードである。


2009年リリースの1枚で、当時はまだこういうサウンドが新鮮だった事もあり
ハイプ気味の人気が出てLOUD PARK 09にも参戦、俺もチラッと見た記憶があるんだが、
改めて聴いてみると思っていた以上にイマドキなチャラさが強く、当時はもっと
好印象だった気がするんだが、今聴くと流石に売れ線過ぎて引くのう・・・!
まぁそれでも北欧、スウェーデン出身らしく冷たい叙情性があり、そういう点では
まだ俺等好みの音かも知れんが、デジタルシンセは百歩譲るとして、クリーンVoの
メロディーラインがあからさまにティーン向けアイドルポップスばりに軽薄で、
そこが硬派なメタルヘッズには厳しい部分だな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 Erased  In My Arms  A Promise







もどる


inserted by FC2 system