DAWN OF DESTINY







"Begins"




ドイツ出身のフィメールシンフォニックメタルバンドの1stアルバム。


かつて一部のマニアの間で局地的に話題になったのを俺も
記憶しているドイツ産の女性ヴォーカルを擁したシンフォニックな
メロパワバンド
で、音楽的にはNIGHTWISHEDENBRIDGE、初期の
DARK MOOR
とかと比較されているフィメールVo入りシンフォ系
メロパワ
なのだがギターの音がやけに重く潰れておりモダンさを
感じさせる部分もあり
よく言えば個性になるやも知れんが
正直曲調にマッチしているとは言いがたいのう・・・!

シンフォニックなイントロに続く2曲目から意外にもギターリフが
モダン
で驚かされるも、メロパワ的な疾走部分
オペラティックではないがしなやかなソプラノ系のフィメール
Voはヨーロピアンメタル側のそれでサビはコーラスと共に
キャッチーに疾走するぞ!3曲目はさらにメロパワ、
メロスピ寄り
のファストチューンである!だがギターの
音はやけに潰れた感じテンポが落ちるパートも多く
モダンさも残っている。ギターソロはリフの質感と相まって
スラッシュメタルのようにも聴こえるな。その後はなぜか
デスヴォイスも登場しこの辺がゴシックメタルの流れを汲んで
いる部分であろうか!?6曲目はピアノが主体のバラード
こういう曲はヴォーカルがより生きてくるな。7曲目はパワフルな
モダンリフ
で疾走するデス声も出てくるアップテンポチューンだ!
9曲目はダミ声男ヴォーカルも聴けるやけにモダンな曲に仕上がって
いるのう・・・!サビはキャッチーで流麗だがかなりゴリゴリである!
10曲目はタッピング風にピロピロするギターも聴けるメロパワ系。
中盤から後半で聴けるピアノと女性Voは美しいのう・・・!


最近出た2ndアルバムで株を上げた感があるがこの頃はまだ
駆け出しのバンドでアレンジも曲構成もまとめ切れていない
未熟さ
があるな・・・!モダンさが必要かどうか判らんし無駄に長い曲
ありでB級の領域を抜け切れていないのだが女性Voの声質は
特徴があって滅茶苦茶上手いわけではないが魅力的である!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 Healing Touch、Alone at Night







"Rebellion In Heaven"




ドイツ出身のフィメールシンフォニックメタルバンドの2ndアルバム。


シンセがシンフォさを演出しキャッチー極まりない
女性ヴォーカルを聴かせつつもギターなどがやけに重く
モダンでパワフル
なドイツ産のフィメールシンフォニック
メロパワバンド
の2作目で音楽的には前作と同様の
スタイルを踏襲しておりやけにモダン寄りなリフに強引な
曲展開、
そしてキャッチーで清廉な女性ヴォーカルが
自己主張しておりNIGHTWISHEDENBRIDGE
思わせる部分があるな。

ストリングス系シンセに幕を開け前作同様のパワフルなリフ
登場しピアノも聴け男女コーラスで疾走する1曲目から
待ってましたのシンフォニックなメロパワだ!ユニゾンで
クラシカルなフレーズを弾くギターソロも良いな。
2曲目はミドルテンポながらもバックのシンセが重厚で
ヴォーカルメロディーがやはりキャッチーだな。
ピアノと男女ツインVoになる中盤から後半にかけての
パートも面白いがその後思い切りモダンになるのが判らん!(爆)
3曲目は非常に清らかでキャッチーなヴォーカルで始まり
パワフルに爆走するシンフォメロパワだ!デスヴォイスも登場し
ルーツにゴシックメタルがあることを主張しているかのようだ・・・!
後半のピアノとギターによるシャッフルリズムが妙に浮いているな(笑)。
5曲目はついに本格的なモダンへヴィネスと化し冷たいピアノと
女性ヴォーカルがEVANESCENCEっぽい雰囲気を出すが疾走し
ブラストが聴けるパートもある。6曲目はホーン系の音色が登場する
アップテンポ曲。やはり展開が強引じゃのう!7曲目はストリングスが
流麗さを出しこれまたキャッチーなヴォーカルが聴け疾走!サビの
コーラスはSONATA ARCTICAの“The Cage”を思わせるな。
8曲目はヴァイオリンの音色で幕を開け疾走するクラシカルさを持った
メロパワ
である!この曲はリフも良いな。10曲目はモダンリフで
爆走、
デスヴォイスも登場しデスメタルの領域に足を突っ込んで
来た感があるが妙にせわしないコーラスDARK MOORっぽさが
あり個性的である!と思えば11曲目は産業ロックやメロハーの要素が感じられる
キャッチー極まりない曲調だ!ヴォーカルのおかげでこういう曲は
かなりの強さを見せるな・・・!どこか憂いを帯びた
メロディー
一般受けも期待できよう!12曲目はモダン寄りだが
途中のソプラノ確かな実力を感じさせてくれるぞ!
地味に目立つベース、泣きのギターも印象的だ。13曲目は
やはりモダンだが疾走感、ストリングス、メロディーがかなり強烈じゃのう!


クサいと言うよりはキャッチーと表現したほうがよさそうな、
ポップス畑に通じるかのようなヴォーカルが非常に魅力的なのだが
まだ弱点もありギターがモダンさを出してやけにパワフルな
割には肝心のリフが面白くないということとオリジナリティーを
出したいのであろうが展開がやけに強引でメロウで美しいパートの
直後にいきなり面白みの無いモダンなパートが顔を出したり前作に
引き続いて必要性のあまり無いデスヴォイスが出てきたりする点が
まだまだB級止まりのバンドたる所以であろうな・・・!メロディーや
女性ヴォーカルはかなりの武器だけにそこが惜しいのう・・・!
変態的なカオティックコアなら強引過ぎる展開も味のうちでアリだが
こういうメロディアスでドラマティックなスタイルのメタルでそういう
展開をされても困るだけだからなぁ・・・!ヴォーカルのおかげで
ミドル、スロー曲が捨て曲になっていないのは良い部分だ。



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Angel Without Wings、Save Us、
Lost、Unexpected Guest







もどる


inserted by FC2 system