DARK SUNS







"Everchild"




ドイツ出身のプログレッシヴメタルバンドによる5thアルバム。


当初はドラムヴォーカルのNiko Knappeによるソロプロジェクトで、音楽的にも
メタリックな方向性だったらしいが、前作辺りから脱HM/HRしサイケデリックで
アヴァンギャルドな路線
に向かい始めたようで、通産5作目となる本作は
音楽的には一応はプログレッシヴメタルとされてはいるが、どちらかと言ったら
オルタナに近いノイジーさ漂うギターに呟き、ダミ声Vo、サックス等を多用した
アダルトかつアンビエント、アトモスフェリックな空気が漂うサウンドで、
最早メタリックさは微塵も無く、サイケデリックでアヴァンギャルドかつ
オルタナティヴなスタイルに仕上がったと言えるだろうな。また1曲1曲が
やけに長く大作志向で、穏やかさも強くリスナーによってこの雰囲気に浸れるか
ただダレるかのどちらかかも知れんのう・・・!

一応曲によってはハードなギターが顔を出したり、HM/HRに接近したギターソロ
聴けたりテクニカルな演奏が見られたりもするんだが、全体的にかなり穏やかで
マイルド
かつアダルトなムーディーさが強く、サックスが多用されているのも相まって
メタル要素はほとんど無いと言ってしまっても良さそうだな・・・!ヴォーカルも
ウィスパー系の呟きが大半を占めており、長尺でプログレ要素を持ったほの暗い
アンビエント、アトモスフェリック
な雰囲気モノのオルタナティヴロックで、
プログレ「メタル」を求めて聴くと思い切り肩透かしじゃろうて・・・!


最近のOPETHやKATATONIA、ANATHEMA等が比較対象に挙げられているが、
そういったバンド同様元はHM/HRだったが、脱メタルしプログレもしくはアンビエントな路線に
走ったという共通点があるな・・・!まぁ過去作は未聴なんで偉そうな事は言えんが、
HM/HRリスナーでもタイプによって本作の評価は真っ二つに分かれるだろうな。
HM/HRに様式美、王道路線を求めるタイプの保守派メタラー(頭の固いオタク野郎とも言う)には
まったく理解出来んだろうが、同じメタラーでもALCESTDEAFHEAVEN等を絶賛する、
オルタナ寄りの感性を持った先進的リスナー(斜に構えたサブカル気取りとも言う)には
喜ばれるであろうバンドだな。ちなみに俺はバリバリの前者なんだが(笑)、まぁ一応
プログレも聴くんでまったく理解出来ない程では無いか!?とは言えこういうユル過ぎる
音作り
は流石にダレるんだが・・・!メロディーにフックは無く、あくまでもこの
穏やかかつほの暗い雰囲気に浸るためのバンドだろう。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Codes  Everchild







もどる


inserted by FC2 system