Contranote







"Anthems of Dark Confederate"




日本のメタルコア/ポストハードコアプロジェクトによる1stアレンジアルバム。


どうやらオリジナルヴォーカロイド関係もプレイしているらしいプロジェクトだが、
本作は日本の有名ゲーム、ファイナルファンタジーの楽曲をメタルコア、ポストハードコアに
アレンジ
しており猫も杓子も相変わらず東方、東方ばかりのシーンに一石を投じておる!
過去にも何枚かアルバムをリリースしており精力的な活動を行っているようだ・・・!

1曲目は怪しげなムード漂うアトモスフェリックなシンセモダンなリフ、重厚な
オルガンの音色
が響き渡る荘厳なイントロで、続く2曲目はなぜかチープ極まりない
シンセ
に始まり音は悪いがヘヴィなリフが登場、リズムはこれまたショボい打ち込みで
ろくに聴こえない
んだが(爆)ベースも唸りリードギターはモロに打ち込みな音色である・・・!
3曲目もいかにも打ち込みな音作りで、アレンジはそこまで悪くは無いがどうにも
チープさ
が強くメタルコア、ポストハードコアと言うよりもインダストリアルだと思って
聴いた方がいいかも知れんのう・・・!(爆)
4曲目もヘヴィなアレンジなんだがやはり
打ち込みサウンドがチープで惜しいのう!中盤は淡々としたアレンジになるぞ。
5曲目はストリングス風のシンセも顔を出し多少のシンフォさも見られるか!?
6曲目はシンセの音色やアレンジ等どこかフュージョンライクなムードを醸し出し
打ち込みバンドサウンドながら緊迫感も見られるのう・・・!


音質は悪くヘヴィさはあるが音割れ気味で、ギターはいかにも打ち込みな音色で
ドラムも殆ど聴こえず
アラも多いが、何より東方じゃないというのが嬉しいな(爆)。
昔はこういったファイナルファンタジーやら何やらの様々なレトロゲームアレンジが
大量にあった
んじゃよ・・・!知らんゲームの曲が多々ありオリジナル気分で楽しめた
モンじゃて・・・!
それはともかく、本作はメタルコア、ポストハードコアアレンジだけに
やはりバンドサウンド・・・百歩譲ってギターが生じゃないのが厳しいのう!だが曲は
流石に天下のファイナルファンタジーだけに良く、聴き覚えある懐かしき独特の
クラシカルなフレーズ
を堪能できその点は満足じゃわい!




オフィシャルで見てみる





満足度 60% お気に入り曲 バトル1(W)  戦闘(W)  







"Cynothoglys"




日本のメタルコア/ポストハードコアプロジェクトによる2ndアレンジアルバム。


アレンジモノをやる一方でヴォーカロイドによるオリジナルもプレイするプロジェクトの
FFアレンジとしては2作目にあたる1枚で、本作もまたファイナルファンタジーのアレンジだが
それ以外のゲーム曲・・・CHRONO TRIGGERなるゲームの曲も1曲収録されておる!

1曲目は相変わらず打ち込みなれどプログレ的なアレンジを披露、スペイシーなシンセや
オルガン
も顔を出しメタリックなFFの曲とはまた異なるムードを醸し出しておるわい!
2曲目は焦燥感漂うイントロからFFらしい独特のギターフレーズが顔を出しシンセも
大仰さを放つぞ!
3曲目もまたシンセが大仰なフレーズを聴かせてくれる荘厳な曲で、
アレンジ次第
では本格シンフォニックメタルと化したであろうに・・・!4曲目もまた
大仰なシンセアレンジが施された、アレンジ次第では高品質シンフォメタルに化けたで
あろう1曲である!
5曲目もまたイントロから大仰なシンセワークが炸裂しつつも
ギターフレーズは怪しげなムードがあるな。ピコピコしたシンセも顔を出し中盤は
シンフォニックながらも緊迫感あるプログレメタル風になるか!?


本作もやはりバンドサウンドは完全打ち込みチープさは強いが、多少はこなれてきた感があり
これが生のバンドサウンドだったら評価はさらに上がっただろう・・・!昔から個人的に
バンドサウンドが打ち込みなのは好きじゃないんでなぁ・・・!ましてやこういった
メタルコア・・・エクストリームメタル系であれば尚更である!シンフォニックさが増した
印象
もあるがどちらかと言ったら原曲の良さに助けられている感じなのも歯がゆいのう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 67% お気に入り曲 PUPILLA  MALA  LINGUA







"Sephira"




日本のメタルコア/ポストハードコアプロジェクトによるアレンジシングル。


完全打ち込みながらもメタルコア、ポストハードコアの流れを汲んだアレンジを見せる
プロジェクトによる2曲入りの最新シングルで、本作もまたファイナルファンタジー
楽曲をプレイしており東方だらけのシーンに物申しておる!そんな本作だが、何と
FF屈指のシンフォニックメタル大作である“片翼の天使”異なる解釈で
2曲分アレンジ
しており思い入れの強さが伺えるのう・・・!

1曲目は打ち込みながらも叩きつけるような重厚なリフワーク怪しげな
シンセ
が舞いオルガン、さらにクワイアも登場!ギターフレーズも緊迫感があるぞ!
2曲目も打ち込みながらもゴリゴリにモダンなヘヴィリフ、クワイアが顔を出し
THERIONっぽさの強いアレンジを披露、スローテンポで淡々としているが
緊迫感はあり
この辺はポストハードコア的な素養だろうか!?


実質1曲のみのシングルだがこれまでのアルバムの中で最も実験的な要素が強く、
やはり原曲の良さに救われている感がある上に本作もまた完全打ち込みなのが悔やまれるが、
THERIONのようなクワイア入りゴシックメタル、あるいはポストハードコアの
スローな緊迫感
が好きなリスナーなら楽しめるであろう仕上がりを見せておる!




オフィシャルで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Sephira - α







もどる


inserted by FC2 system