Carbonic Acid







"カウントダウン"




日本のテクニカルギタリストによる1stオリジナルアルバム。


Unlucky Morpheus等でサポートギターを担当するテクニカルギタリスト、炭酸氏によるバンドで、
過去作ではカヴァー、アレンジを手がけていたようだが、脱二次創作に成功したUnlucky Morpheusに
シンパシーを感じたのか
本作は完全オリジナルとなっており、さらにヴォーカルも向こうと同じ
天外冬黄嬢
が参加しており、どうしてもUnlucky Morpheusが比較対象になってしまうのは
否めない所だな・・・!相手が悪過ぎる気もするが、何のこっちも負けず劣らずの
高品質テクニカルメロパワ、メロスピ
に仕上がっておる!

1曲目は怪しげなデジタルサウンド淡々としたムードを放つイントロで、続く2曲目は細かい
ギターリフ、シンセと共に疾走開始!
やはり相当にUnlucky Morpheusっぽい感じでメタラーの
期待に答えてくれるメロパワ、メロスピチューン
となっており、当然ながらヴォーカルもあっちと
同じ
メロディーラインにも共通点が見られるな。3曲目はハモンドを交えポップさを
醸し出す軽快なHM/HR
となり、ヴォーカルの影響アニソン的な空気も漂っているぞ。
4曲目もまたアニソンポップス然としたHM/HRで、ラストは疾走もするぞ。5曲目はオルタナ寄りの
デリデリしたギター
フュージョンライクなリードフレーズが乗るインスト。
6曲目はシンセと共に疾走する待ってましたのメロパワ、メロスピである!ギターソロも
テクニカルかつクサいぞ!
7曲目はアメリカンHMライクな明るいリフが聴ける
ポップ寄りの曲。途中でメロコアのように疾走するのう・・・。8曲目は正統派HM/HR然とした
ワイルドなリフ
と共に疾走する硬派なファストチューンである!


Unlucky Morpheusまんまな音楽性で向こうがザ・シンプソンズならこっちは
ファミリー・ガイみたいなモンだろうと思っていたが、いざ実際に聴いてみると
爆走主体の向こうと比べてこっちはアニソン寄りのポップ曲とか明るい曲、正統派HM/HR寄り等
意外と幅広いスタイルの曲
が収録されており差別化は図られているのう・・・!まぁそれでもやはり
クサメタラー的にはUnlucky Morpheusまんまでもいいから疾走チューンオンリーで攻めて貰いたかった
部分はあるな(笑)。Unlucky Morpheusの土俵(つまり爆走メロパワ路線)で向こうと異なる個性が見に付けば
相当なモンに化けそうだが、だからと言って安易にチャラい今風デジタル路線に走るのは
やめて頂きたいモンじゃて・・・!クサメタルにデジタルシンセは不要じゃ!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Resolution  Desire  私の犬になりな







もどる


inserted by FC2 system