CYNICISM MANAGEMENT







"Pendulum Pet"




スロヴェニア出身のプログレッシヴ/オルタナティヴメタルバンドによる2ndアルバム。


本作以前にアルバム、EPをそれぞれ1枚ずつリリースしている辺境出身バンドで、
音楽的にはそこそこモダンなヘヴィさが見られ、プログレメタル的なアンサンブル
聴けつつも全体的にはかなり気だるく退廃的でタル〜いムードに包まれたグランジ、
オルタナ寄りのかったるい感じ
で、ヴォーカルもどうにもやる気無さげな感じに
歌っており、
辺境バンドらしく音質は相当に悪く演奏もどうにも締まりが無いなぁ・・・!

1曲目は早速のチープな音質モッサリしつつもそこそこハードで、なおかつやけに
気だるく淡々としたムード
が放たれグランジ色があるか!?2曲目はこれまた薄暗く
淡々とした感じ
で、3曲目は穏やかなクリーンギターが聴けるがその後はヘヴィにもなるぞ。
4曲目もまた穏やかな感じで、途中からこれまたグランジ的な気だるいヘヴィさが見られるのう・・・!
5曲目は9分以上ある長い曲で、やはり穏やかさが目立ち中性的なVoも登場、
途中から怪しいサイケ感が漂い始めるぞ。6曲目も淡々とした浮遊感が感じられ、
7曲目もやはりマイルドなんだがギターもそれなりに顔を出し、8曲目も大人しい曲だがベースが目立ち
9曲目は久々にハードなギターが顔を出しチープながら軽快さも見られ、スペイシーなシンセも聴けるぞ。
10曲目は再び穏やかさ満点の大人しい曲調となり、11曲目はアンビエントなムードが見られるも
中盤からヘヴィなギターが顔を出すインストだ。


COHEED AND CAMBRIA辺りの路線を狙ったような、プログレメタル要素とオルタナの
気だるさ、退廃ムードを融合させたようなサウンド
となっているが、やはり辺境の
バンド
だけあって劣悪な音質、タイトさと無縁のルーズなアンサンブル、
未熟さが滲み出た単調でタルい楽曲
と、やりたい事にスキルやセンスが追いついていない感じで
アルバムを聴き通すのがしんどい1枚じゃのう・・・!どちらかと言ったらグランジに
近い感じ
なんで、そういうサウンドが聴けるリスナーならまだ楽しめるかもな・・・!
プログレ要素があるとは言え、メタラーにはあまりオススメ出来んアルバムだな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 50% お気に入り曲 Digging Deep







もどる


inserted by FC2 system