CURRENTS







"The Place I Feel Safest"




ロサンゼルス出身のテクニカルメタルコアバンドによる1stアルバム。


ATILLA、EMMURE、MISS MAY I等が比較対象に挙げられる新人バンドによる
デビューアルバムで、これらのバンドと同じSharptone Recordsから登場したようで、
音楽的にもそんな感じのDjent、テクニカル路線のメタルコアとなっており、
ゴリゴリにヘヴィで硬質なリフがグルーヴィーさを放ちつつ同時に
細かいテクニカルフレーズも顔を出し、基本はスロー、ミドルテンポで怪しげな
浮遊感
も見られるだろうか!?Voはグロウル主体だがスクリーモ寄りの
軽めの歪み
で一本調子な部分もあり、やや物足りない所があるな・・・!

1曲目は早速の不穏でヘヴィなリフが聴け、ヘヴィグルーヴを放ちつつ
細かいギターがテクニカルさを見せDjent要素もあるな。2曲目も不穏なヘヴィさと
細かいフレーズ
が聴けるスロー曲で、クリーンVoのシンガロングも顔を出し
3曲目もヘヴィかつ細かいギターが目立ち、呟くようなクリーンVoによる
浮遊感あるパートも聴けるぞ。4曲目はクリーンVoが多めで浮遊感を見せつつ
ヘヴィさもあり、怪しいギターフレーズも登場、5曲目もヘヴィだがやけに穏やかな面もあり、
珍しくハーモニックマイナーによるネオクラシカルなギターソロが聴けるぞ!
6曲目もヘヴィかつ浮遊感あるお決まりの曲だが、7曲目は何とピロピロギターと共に
勢い良く疾走!
まぁどちらかと言ったらメロコア寄りの疾走感だが、こういう曲が
もっとあると他バンドとの差別化に繋がって良いのだが・・・!8曲目はピロピロギター
本作としてはキャッチーなクリーンVoが顔を出すぞ。9曲目も空間系ギター、クリーンVo
聴けつつヘヴィでもあり、10曲目はより怪しさの強いヘヴィさが目立ち、意外にも
メロディアスなギターソロが顔を出すぞ。11曲目は焦燥感漂うピロピロしまくる
ギターが目立っており、コーラスもかなり怪しげで12曲目はノリの良さも見られ、
ヘヴィながら軽快な印象があるか!?13曲目はサビがなかなかにドラマティック
好印象なヘヴィ&テクニカルチューンだな。


Djent路線ヘヴィでテクニカルなメタルコア、ポストハードコアで、
シンセに頼らずギター主体細かいフレーズをそこかしこに放り込んでおり、
クリーンVoによる穏やかな浮遊感も見られるが、基本的にはグルーヴ重視の
ゴリゴリにヘヴィ
な音作りで細かいピロピロが随所で顔を出す、よくあるタイプの
没個性Djent、ポストハードコアだな・・・!デジタルシンセは見られず
クリーンVoも上記したよう浮遊系ではあってもチャラいポップ路線に走ったりは
しないので、そこは好印象だがやはり個性に乏しく、フックや疾走感も無いので
流石にダレてしまうなぁ・・・!
部分的に顔を出すメロディアスなギターソロ
数少ない個性なんで、そこを磨いて頂きたい所である!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 Night Terrors  Forget Me







もどる


inserted by FC2 system