CROMARTY







"Rebellious"




日本のメロコアバンドによる1stミニアルバム。


ジャリバンドの登竜門、閃光ライオットから頭角を現してきた滋賀県出身の4ピースバンドで、
本作がデビューミニアルバムらしく、閃光ライオット出身と言う事で青臭く大した事の無い
メロコア、青春パンク
かと穿った目で見てしまうも、その音楽性は意外な事にタフさ、骨太さを
持ったハードロック的な音作り
で、ギターは普通に手数の多いソロを披露しベースもスラップをこなし、
若手パンクバンドらしからぬテクニカルさを持ち合わせておる!ただヴォーカルだけがよくある
オルタナ系の弱弱しい声質
足を引っ張っていると言えるだろうな・・・!

1曲目は軽いドラムに始まり古臭い微妙な音が聴けるも、その後はノリの良いハードな
曲調になり
何とギターが勢いのあるシュレッドを早速披露!ヴォーカルこそ弱々しい
オルタナ系
だがベースはバキバキにスラップをかまし、閃光ライオットから出てきた
バンドとは思えぬスキルを見せ付けているぞ!
2曲目はメロコアらしい勢いのある
疾走感
を見せるが、バンドサウンドがハードなんで重厚感があるのう・・・!サビは
それなりにキャッチーさがある
在り来たりでもあるな。ギターソロも結構目立っているぞ。
3曲目もギター、ベースが勢いを見せ疾走開始!ヴォーカルの語りみたいな歌い方が
かなり微妙
だがノリの良さはあり、ギターソロも手数の多さを見せているな。
4曲目はハードながらにメロコア、青春パンクっぽいノリのギターが聴け淡々と展開、
それなりにはキャッチーだが売れ線っぽい青さも強いなぁ・・・!エモっぽいギターも顔を出すが
中盤以降のラップ風ヴォーカルイラッとさせられるのう!(爆)5曲目はクリーンギターに始まり
ハードなギターも聴けるが、スローテンポでちょいと激情ハードコアっぽい所もありつつベースが
タッピングやスラップでファンキーなテクニカルさを見せるぞ。サビはちょいとキャッチーだな。


とりあえずはメロコアの流れを汲んだバンドだろうが、その音作りは実にハードで
説得力がありこの手のバンドらしからぬテクニカルさ
も見せておる!ただ欠点もあり、
ヴォーカルの非力さに加え重厚な音作りの割には没個性で在り来たりな
メロコア、J-ROCKの域
を脱し切れておらずメロディーもそこまで良くは無いのがアカンな・・・!
この辺を克服出来ればかなり良いバンドになりそうだが、売れ線バンドに成り下がる
恐れもあり
この辺が非HM/HR畑の信用ならないバッドな部分じゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 コクイマ







もどる


inserted by FC2 system