COGNITIVE







"Cognitive"




ニュージャージー出身のテクニカル/ブルータルデスメタルバンドによる1stアルバム。


THE ADIPTのギタリスト、Rob Whartonらによって結成されたニュージャージーのバンドで、
本作はデビュー作となっており、音楽的には潰れたようなヘヴィさを放つ、昔ながらの
ブルデス要素を押し出しつつもテクニカルなアプローチや僅かにだが
叙情性を放つパートも顔を出し、細かいリズムチェンジはカオティックコア、
テクデスの要素
も感じさせるだろうか!?Voは昔ながらのタフなグロウルである。

1曲目は早速のヘヴィで突進力あるブルデスとなり、細かいアンサンブルに
ブラスト
も交え、中盤怪しい叙情性が見られさらにカオティックさもあるな・・・!
2曲目はヘヴィに潰れたミドル、スロー曲で、テクデス路線の複雑なリズム、
流麗なギターソロも聴けるぞ。3曲目もヘヴィで怪しげかつカオティックな
勢い
が見られ、4曲目もヘヴィなカオティックコアと呼べそうな感じで、
ブラストも目立ち、怪しい浮遊感のあるギターソロも顔を出すのう・・・!
5曲目もカオティックに暴れるデスメタルで、禍々しいスローパートも登場、
6曲目はアコギ、SEによる叙情的な繋ぎで、7曲目は再び邪悪なヘヴィさを発散し
ストップ&ゴーを繰り返すカオティックなデスメタルとなり、8曲目も突進力ある
ヘヴィなデスメタルで、より重苦しさが強いがギターソロはメロディアスだな・・・!
9曲目もブラストを交えた突進力あるヘヴィなブルデスだが、ギターソロはこれまた相当に
メロディー重視
である!10曲目はナレーションを交えたヘヴィかつ細かいミドル曲だ。


禍々しく潰れたような音作りでモダンさとは異なるヘヴィさを漂わせる
邪悪なブルータルデスが基本だが、そこにカオティックコアテクデス
細かく複雑なアンサンブル、無秩序な暴れっぷりを放り込み、さらに一部で
それなりに叙情性も感じさせる音作りでシンプルでは無い、なかなかに
聴き応えあるデスメタル
をプレイしておる!







満足度 80% お気に入り曲 Cut The Fuck Up  Worlds Beneath
Fire From The Sky







"Deformity"




ニュージャージー出身のテクニカル/ブルータルデスメタルバンドによる2ndアルバム。


THE ADIPTのRob Whartonらによって結成されたバンドの通産2作目で、モダンでは無い
潰れたようなヘヴィさ
を放つ、昔ながらのブルータルデスメタルを基本としつつ、
そこにカオティックコアの無秩序な勢い、テクニカルデスの技巧を交え、さらに一部で
叙情的なアプローチも放り込み、メロディアスなギターソロも顔を出す、なかなかに
聴き応えあるデスメタルをプレイするバンドである!本作も前作の流れを汲んだスタイルで
禍々しいブルータルさテクニカルさ、メロウさを楽しめる仕上がりとなっているな・・・!

1曲目はナレーション、台詞のSEブルデスサウンドが聴けるイントロで、2曲目は早速の
カオティックコア色濃い爆走チューンとなり、3曲目はヘヴィなブルデスに接近した感じで
流麗なギターソロが聴けるぞ。4曲目はブラストヘヴィなスローパートが顔を出す
ゴリゴリのブルデスとなり、5曲目はヘヴィかつカオティック寄りの勢いが見られ
クリーン寄りメロウなギターパートも聴けるぞ。6曲目はテクデス寄りの
細かいアンサンブル
が見られるブルデスで、メロディアスなギターソロがやはり聴き所だな・・・!
7曲目はブラスト、細かいギターに珍しく高音スクリームピッグスクィールが聴ける
グラインドコア寄りの曲で、8曲目はグルーヴィーなヘヴィさが見られ、ルーズな
ロックンロールテイスト
があるだろうか!?9曲目はブラックメタルに近い
トレモロギターが顔を出しつつカオティックさもあるヘヴィな曲だ。


基本的には前作の流れを汲んだスタイルだが、ブルデスの邪悪さ、ゴリゴリ感
若干増えた印象で、よりストロングでストイックになった感じだろうか!?
勿論叙情的なギターフレーズも随所で顔を出し、甘くならない程度の適度な
メロウさ
心地良さを感じられるな。前作が気に入ったら本作も楽しめるだろう!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Birthing The Deformity  The Forgotten
Merciless Forest







もどる


inserted by FC2 system