CLANDESTINE







"The Invalid"




アメリカ出身の女性ヴォーカルプログレモダンメタルバンドの1stアルバム。


韓国人女性シンガーをフロントに擁したアメリカのバンドで、音楽的にはそこまで
ゴリゴリではないが適度にへヴィなモダン系バンドサウンド気だるさのある
女性ヴォーカル
が乗りEVANESCENCE辺りを彷彿とさせる音作りを見せているが彼等は
そこにプログレメタル的なリズム、フレージングを導入しておりシュレッドソロが
延々と続く
ようなテクニック重視の姿勢は見せていないがタイトな変拍子を随所に
盛り込んでおり
他のモダンメタル、嬢メタルモノとは一線を画していると言えよう・・・!

1曲目はデジタルシンセで幕を開けボリューム奏法によるギターも聴け漂うような
ムード
を演出、スクリーモ寄りのギターフレーズも顔を出しドラムはツーバスを連打し
モダン寄りのへヴィさを持ったバンドサウンド
が登場!女性Voは気だるさのある声質
今風ながらもバッキングはプログレメタル的な雰囲気を放っておりベースもなかなかに
目立っている
な・・・!2曲目は緊迫感あるいかにもプログレメタル的なリードギター
モダンなへヴィリフが聴けヴォーカルもデスVoを披露!その後のAメロはムーディーさのある
淡々とした展開
になるがやがてプログレメタル的音作りになりつつもヴォーカルメロディーは
なかなかにキャッチーさがあるな。インストパートは変拍子シンセソロが登場しテクニカルな
部分も見せているぞ!
3曲目はデジタル音にソフトな女性Voが気だるいマイルドさを演出、
ベース、ドラムも顔を出しリズミカルさを見せギターも登場、バラード系の曲でヴォーカルは
そこそこキャッチーさがあるのう・・・!ギターソロは泣きのフレーズを紡いでおり
ここも聴き所だな。
4曲目は一気にモダンなへヴィさが放たれつつやはりプログレメタルの
音作り
になっておりヴォーカルはクリーンメインだがデスVoも披露する!中盤は電子音に
スキャット
が聴けこの辺もまたモダンな部分だな。5曲目は怪しげなシンセの音色
穏やかなアレンジを見せ女性Voバンドならではのアッサリ感を演出しているのう・・・。
メロディー重視のギターソロプログレ的リズムも顔を出すぞ。6曲目はモダン
バンドサウンドがタイトなプログレ的変拍子リズムを見せつけるテクニカルな曲
怪しげな電子音シンセも聴けフィメールスキャット絶叫シャウトも途中で登場する!
7曲目はドラム、ベースデジタル音が聴けパワフルに吐き捨てるVo、へヴィリフも
顔を出し
リズムはやはりプログレメタルらしさがあるな。8曲目は穏やかなベース
幕を開けデジタル音、ドラムも聴け淡々としたムードを醸し出すが途中からモダンな
バンドサウンド
も登場するぞ。9曲目はアンビエント、アトモスフェリック的な出だしから
気だるいウィスパーVo、ミュートギター、時計の音の刻みで淡々と展開、そして2分を過ぎてから
バンドサウンドも登場しモダンなムードを放ち始めるぞ!絶叫シャウト女性らしさを残しつつ
なかなかに凶暴じゃのう・・・!ギターソロは無理をしている感がありつつも結構テクニカルなプレイ
披露しているな。ラスト付近ではシンフォニックなシンセも聴けるぞ!10曲目はピアノ、ベース、
クリーンギターが淡々としたマイルドなオシャレ感を見せるライトな曲だがプログレメタル的な
ギターフレーズ
も顔を出しさながら女性VoのDREAM THEATERとも言えそうな部分があるか!?


EVANESCENCEタイプの女性Voラウドロックの流れを受け継ぎつつも適度なプログレメタル風味が
楽曲にフック
を持たせつつ個性にも繋がっている有望なバンドである!プログレ要素は
味付け程度でギターソロは少なく本格的なテクニカルさを求めると肩透かしになるし
個人的にももっとプログレ的変態さを前面に押し出してもいいと思うがアンサンブルは
タイトさがあるな。もうちょいキャッチーさが欲しいが今後が期待出来る若手バンドじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 Disappear In You  Philistine  Dead To The World







もどる


inserted by FC2 system