CHRONOSFEAR







"Chronosfear"




イタリア出身のシンフォニック/メロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


WINGS OF DESTINY、EVENOIRE、SPELLBLAST、SOULGARDIAN等の
メンバーによって2012年に結成されたバンドで、以前にEPを1枚リリースしており
本作はそれに続くデビューアルバムとなっている。音楽的にはキラキラしたシンセ
目立ち、シンフォニックさも見られるイタリアらしいメロディックパワーメタルで、
クサさはあるが全体的にイマイチ派手になり切れないもどかしさがあり、
Voは例によって例の如く、イタリアらしいヘナチョコハイトーンで実に線が細く
プロダクションもイマイチで、Underground Symphonyのバンドらしく
全体的にB級ではあるな・・・!

1曲目は雄大なシンフォニックさが見られるイントロで、2曲目はキラキラした
チェンバロ系シンセ、オーケストレーション
と共に疾走するが、淡々ともしており
Voが物足りないなぁ・・・!3曲目もストリングス系シンセが目立ちクラシカルだが
淡々ともしており、しなやかな優雅さはあるだろうか!?中盤の穏やかなピアノ、
その後の盛り上がるパート等劇的さがあり良いな。4曲目はシンフォニックに疾走
そこそこ勇壮さもあるだろうか!?ギター、チェンバロのユニゾンソロ
お約束だがやはり良いな(笑)。5曲目はストリングスが聴けつつミドル、スローで怪しく
淡々
とした印象があり、出来もしないのにプログレメタルに走ろうとする
イタリアのこの手のバンドの悪癖
が早くも見て取れるだろうか!?(爆)
6曲目はネオクラシカルなギター、シンセが目立ったアップテンポで、淡々とした
部分もありつつシンフォニックな疾走感もあるぞ!7曲目はピアノが聴けるメロウな
バラード
で、8曲目はミステリアスさが見られる、これまた半端にプログレメタル
意識してそうな曲だな。後半はイタリアらしい優雅な叙情性疾走感が見られるが・・・!
9曲目はクラシカルさのあるミドル、アップテンポで10曲目はシンフォニックに疾走し
壮麗さ
があるが、Aメロがやけに淡々としているだろうか!?11曲目はメロウな情緒
見られる泣きのバラードで、こういう曲をやらせるとイタリアのバンドは巧いな・・・!


ストリングス、チェンバロ系シンセを大々的に導入し、シンフォニックな
クラシカルさ、しなやかな優雅さ
が見られるメロディックパワーメタルだが、
やはりそこはイタリア出身、Underground Symphony所属のバンド故に全体的に
かなりB級で、プロダクションの甘さ、Voの弱弱しさはやはりリスナーを
選ぶ
だろうな・・・!楽曲的にも部分的に疾走はするんだが、ギターリフが無い故か
イマイチ派手になり切れない淡々とした印象があり、聴いててもどかしい部分があるな・・・!
メロディーラインももう一頑張りクサさ、フックが欲しい所じゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 Symphonies of the Dreams Untold  The Last Dying Ember
Faces  Revelations







もどる


inserted by FC2 system