CELESTE







"Infidele(s)"




フランス出身のブラックメタル/ハードコアバンドによる6thアルバム。


フランスの激情ハードコアバンド、MIHAI EDRISCHのメンバーによって結成され、
その後ロシアのポストメタルバンドREKAのメンバーが合流して現ラインナップ
完成したバンドで、HEAVEN IN HER ARMS招聘で来日公演も行った経歴があるようだ・・・!
本作は2017年にリリースされた通産6作目のフルアルバムとなっており、
音楽的には激情ハードコアが根底にありつつも、ブラックメタルドゥーム、
スラッジ
要素が大々的に導入されており、ノイジーなトレモロ劇的さを放つ
ギター
は完全にブラックメタルだが、基本的にスローテンポスラッジ感もあり、
ハードコア畑のバンドだがメタラーのほうが喜びそうだろうか!?

1曲目は早速のノイジーで粗雑なリフ淡々としたドラム、絶叫Voが登場、
ハードコアでありつつブラックメタルにもかなり近く、ブラストも顔を出すが
基本はスローテンポである。2曲目もかなりブラックメタルに近い音作り
スローだがギターがドラマティックさを見せており、3曲目は退廃的な壮大さがあるな・・・!
4曲目はようやく疾走感も見られ、カオティックコア寄りの混沌とした空気が漂い
中盤以降はスローでダレるな・・・!5曲目はブラストで爆走し、ブラックメタル感
強烈に放つ待ってましたのファストチューンだ!6曲目は細かいギターが聴けるスローだが、
ブラストも途中で顔を出し、7曲目は退廃路線ダークで荒廃したスローテンポの
インストだな。8曲目はブラストスローテンポを交えたブラックメタルで、
9曲目もダーティーなスラッジ感漂うスロー曲だが、ブラックメタル要素も見られ
10曲目はかなりブラックメタルしている疾走曲である!


激情ハードコア胸を焦がす情緒ブラックメタルダークな
シリアスさ、ドラマティックさ
を内包した、退廃的かつ劇的で重厚なサウンドは
かなりエクストリームメタル好きの琴線に触れる空気を放っており、雰囲気に浸れる
極めて高品質なバンド
ではあるんだが、同時にスラッジ、ドゥーム要素も強く、
スローテンポオンリー
終始淡々としているのが惜しい部分だな・・・!
これで疾走、爆走パートバランス良く交互に顔を出すスタイルだったら
より緩急がついてドラマティックさが増しただろうに・・・!雰囲気が良いだけに
そこが実に惜しいバンドだな。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Comme Des Amants En Reflet  A La Gloire Du Neant
Sotte, Sans Devenir  Entre Deux Vagues  Sans Coeur Et Sans Corps







もどる


inserted by FC2 system