CASTILLOS DE CRISTAL







"Fantastic Tales"




メキシコ出身のメロスピ、クサメタルバンドによる3rdアルバム。


過去作がマニアックなクサメタラーの間でウケたらしいが、メキシコ産というだけで
間違い無くB級ヘッポコクサレメタルである事が予想出来るし、案の定そんな感じの
サウンド
を展開しておりある意味期待を裏切らないバンドである(爆)。過去作も本作も
どうやら自主制作らしく、B級クサメタルらしくスカスカな音質だが意外と思った程
酷いサウンドでは無く、キラキラ系のシンセが派手に舞いつつ疾走しており、
Voは英語もあるが基本はスペイン語スパニッシュメタル感を演出、
勿論ヘナチョコ系ではあるが声質もそんな感じクサさを醸し出しておるのう・・・!

1曲目は意外にも怪しく淡々としたイントロで、2曲目はスカスカなプロダクションで
キラキラシンセが舞いつつ疾走!
これまた怪しく淡々とした面もありつつやはりクサく、
3曲目は煌びやかなシンセが聴けつつスローテンポで怪しさを演出、4曲目はチープさ満点だが
ストリングスシンセがクサさを放ち疾走、スペイン語Voもまたヘナチョコながらクサいぞ!
5曲目はこれまた淡々とした微妙なスロー曲で、6曲目もシンセが目立った軽快な
アップテンポ
となり、7曲目は波のSEフィメールVoが聴け、後半でギターソロが顔を出し
8曲目はエフェクト強めのグロウルに始まりスペイン語Voでクサく疾走もするぞ。
9曲目はピアノと共に軽快なノリを見せ、10曲目はヴァイオリン、チェンバロが
クサさ
を放ち、ミドルパートも多いが部分的に疾走し、スペイン語Voもクサいな・・・!
11曲目は優雅なシンフォニックさを放ちスペイン語Voも聴けるクラシカルなバラード風。
12曲目はチェンバロが聴けつつミドルテンポで淡々と展開、スペイン語Voはクサいな。


メキシコ産メロスピ、クサメタルと言う事で相当に劣悪なゴミサウンドかと思ったが、
酷いのは音質だけでそれ以外は思った程悪くは無く、勿論B級である事に変わりは無いが
聴くに堪えないレベルでは無く、キラキラシンセを大量に放り込みクサく疾走する
サウンド
クサメタラーには御馳走じゃろうて・・・!ヴォーカルは勿論ヘナチョコだが
演奏自体はそこまで下手糞というワケじゃ無いのも好印象だな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Survive  Libertad
Estrella Fugaz







もどる


inserted by FC2 system