CAST







"CastArt"




メキシコ出身のシンフォニックプログレッシヴロックバンドによるアルバム。


キーボーディストのAlfonso Vidalesを中心に1978年に結成されたバンドで、メキシコ出身という事で
バリバリの辺境バンドもいい所なんだが、キャリアの長いベテランらしく円熟のクオリティーを見せており
プログレッシャーからかなり高く評価されているようだ・・・!本作は2011年にリリースされた
アルバムで、音楽的にはシンセが目立ったシンフォニック系のプログレとなっており4パートで
構成された大作2曲
を含むボリューム満点の1枚である!曲によってはフルートやハモンド、サックス等も
顔を出しファンタジックな浮遊感を見せつつかなりテクニカルで、それでいて部分的に相当にレベルの高い
美メロ
を忍ばせており、トータルで見てかなりの完成度を誇っておる!

1曲目は7分近くあるインストで、ギター、シンセ、ハモンドが早速の怪しさ、胡散臭さを放つ絡みを見せるが、
その後は軽快なアップテンポフルートも登場、穏やかな中にサックスジャズ的なノリを放ち
ギターソロもバリバリの速弾きで基本的にはテクニカルなんだが、叙情的な面も見られかなり美しいメロディー
顔を出すのう・・・!2曲目は4パートに渡る組曲で、早速ヴォーカルシンセ、ピアノ等と共に顔を出し
シンフォニックかつポジティヴな明るさを見せ、ファンタジックな面も見られつつアップテンポで
焦燥感もあるぞ!続くパートでは穏やかなファンタジックさのあるギター、フルートが牧歌的な空気を演出、
サックスメロトロンも聴け中盤からハードロック寄りのギターとヴォーカルも顔を出すのう・・・!
続いてシンセが唸りギターが細かい刻みを見せる3パートに突入、ベースもスラップで自己主張しシンセソロも聴け、
中盤以降はエキゾチックな怪しさを放つオペラティックなヴォーカルハモンドが登場するぞ!
4パート目は10分もあり、リードギターやフルート、メロトロン明るくファンタジックかつ
シリアスな空気も放っており、中盤からヴォーカルが顔を出し後半は疾走しギターソロも熱いぞ!
6曲目は流麗なクラシカルさのあるピアノに始まりアコギ、フルート、ヴォーカル
怪しくも叙情的な美メロを聴かせてくれる、メロウさ満点のかなり美しいアコースティック曲だな・・・!
7曲目はハモンドハードロック寄りのバンドサウンドプログレらしさを醸し出し
中東メロを披露するサックスも聴ける短いインストで、8曲目は泣きのリードギターに始まり
これまたエキゾチックな空気を醸し出すアンサンブルが聴けアップテンポでテクニカルに展開、
9曲目はまた4パートからなる大作で、まず雄大さを放った後シンフォニックなシンセが
勢いの良さ
を見せ、さらに美麗なフルート、ピアノ泣きのギターも登場しメロディアスさもあるのう・・・!
後半はテクニカルなギター、シンセソロドラム、ピアノ、ハモンドも聴けるぞ。続く2パート目は
ヴォーカルやギターで幕を開け叙情的な泣きを演出、その後は淡々とした雄大さが見られ
シンフォニックプログレらしい空気を放ち、ドラムがまたかなり手数多く
途中からヴォーカルも登場するぞ。3パート目はシンセ、アコギ、ピアノ穏やかな叙情性を演出し
ファンタジックな空気を放つが、テクニカルなバンドサウンドも顔を出しドラムがまた
手数の多いプレイ
を披露しつつシンセ、ギターのソロやフルートも聴けるインスト。4パート目は
ピアノにヴォーカルが乗りリードギター、フルートも登場、穏やかな印象があるも
途中から盛り上がりも見られるぞ。13曲目は細かいギターシンセが聴け、その後はアップテンポで
速弾きしまくるギターソロ
が暴れつつ怪しげな空気も見られ、後半はサックスのソロも聴ける
テクニカルなインスト
である。


基本的にはシンセ、ハモンド、フルート等を導入したシンフォニック系のプログレなんだが、
やはり高く評価されているバンドだけあって演奏には緊迫感があり、それでいて技巧重視に
陥る事は無く
部分的に美しいメロディーを導入、プログレッシャーのツボを巧みに突いた
ベテランの力量
が存分に伺えるレベルの高い仕上がりを見せておる!辺境バンドだけに
流石にプロダクションはイマイチドラムの軽さ等惜しい所もあるが、そういう出自の
バンドだからか
部分的にエキゾチックな怪しさが見られるのも嬉しい部分だな・・・!
明るいだけのタル〜いシンフォニックロックが多い中アップテンポになったりギターが
ハードロック寄り
だったりするのもメタラーには有難いのう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 Duction From The Intro  Return To Same
Selajo  The Rescue







もどる


inserted by FC2 system