CALLEJON







"Willkommen im Beerdigungscafe"




ドイツ出身のメタルコアバンドによる1stアルバム。


2002年にデュッセルドルフで結成されたバンドで、多くのアルバムを
リリースしているが、アルバムを重ねる毎に洗練されつつも音楽性が変化し
賛否分かれるスタイルを見せているようだ・・・!
本作は彼らのデビュー作で、
次第にポストハードコア、オルタナメタル化するらしいが、ここで聴けるのは
先輩バンドのHEAVENS SHALL BURN辺りからの影響を感じさせる、叙情メロデス
要素が強く滲み出た俺等好みのメロディックメタルコアではあるが、全体的に
音は軽く演奏も甘さがあり、楽曲構成もいなたい感がかなり漂っており、
良くも悪くもB級な印象があるな・・・!

1曲目はEDM丸出しのエレクトロニカなイントロで嫌な気分になるも、
続く2曲目は音の軽いB級メロデス風メタルコアと言った塩梅で、サビの
クリーンVo
に凄まじく唐突な印象があり、3曲目はタッピングで幕を開ける
叙情メロデス風メタルコアで、演奏はなかなかに強引な危なっかしさがあるな・・・!
4曲目はニュースクール寄りの叙情性が見られ、早口グロウルがチープながら
勢いを見せているか!?5曲目は久々に軟弱なクリーンVoを交えたニュースクール風。
6曲目もナヨナヨした女々しいクリーンVoが目立った叙情ニュースクール寄り
ミドル曲で、7曲目はドイツ語の演説に始まりエキゾチックなトレモロが怪しくも
叙情的な疾走メロデス
となるぞ!8曲目は細かいギタークリーンVoも顔を出し、
9曲目は強引な演奏で疾走しつつ珍しくリードギターが登場、10曲目は叙情的な
細かいギター
と共に疾走するメロデス色濃い曲で、11曲目はニュースクール寄りの
叙情ギター
軟弱ナヨナヨクリーンVoが聴け、タッピングも目立っているな。


近代ポストハードコア、デジタルサウンドに毒されていない、俺等好みの
叙情メロデス要素入りメタルコアで、クリーンVoは少なく大半が絶叫系の
グロウル
で、この手のバンドにしてはブレイクダウンも見られず最早普通に
メロディックデスメタルとして楽しめそうな1枚ではあるが、音は軽く
演奏も危なっかしく、
数少ないクリーンVoもナヨナヨ感が強く全体的に
B級な空気が漂っている
のは否めないなぁ・・・!







満足度 74% お気に入り曲 Erkenntnis  Snake Mountain
...Und Die Sterne Sagen: Es Werde Licht!







"Zombieactionhauptquartier"




ドイツ出身のメタルコアバンドによる2ndアルバム。


後に多数のアルバムをリリースし、方向性も変化していってしまうのだが
初期の頃は叙情慟哭系メロデスの要素を色濃く受け継いだメロディアスで
ドラマティックなメタルコアをプレイしていた・・・
と言えば聴こえは良いが、
その実かなりチープなB級で、音はスカスカで演奏も拙く、絶叫系グロウルは
悪くは無いがクリーンVoはかなりナヨナヨしており軟弱で貧弱、お世辞にも
褒められたレベルでは無い稚拙さ
が目立っていた・・・!通産2作目の本作も
前作の流れを良くも悪くも受け継いでおり、B級ではあるが近代メタルコアの
チャラさ
が見られない、所々に叙情ニュースクール胸を焦がすメロウさ
導入した愛すべきB級メロデスを楽しませてくれるぞ!

1曲目はSE的なイントロで、2曲目はメロデス的ギター、絶叫Voと共に疾走!クリーンVoも
顔を出す辺りがメタルコアで、3曲目は中東ライクなエキゾチックさが見られる疾走曲となり、
メロデスらしさもしかとありサビはクリーンVoだな。4曲目はクリーンVoが主体の
エモメタル路線
だが、5曲目は勢い良く疾走するメロデス寄りの曲に戻り
ブラストも顔を出すぞ!6曲目は正統派HM/HRライクドラマティックさ
醸し出すツインリードが仰々しく、ミドルテンポで展開するが疾走もしており
7曲目はデジタルリズム、クリーンVoによる穏やかなバラードだ。8曲目はシンセ主体で
仰々しいバンドサウンド
も顔を出す繋ぎのインストで、9曲目は細かいギターと共に疾走する
メロデス系の曲となるぞ!10曲目はエモメタル、メタルコア寄りのミドル曲で、
11曲目はアコギ弾き語りバラード。12曲目はストロングな印象もある無骨で
アグレッシヴ
なメロデス風味入りメタルコアだな。13曲目は8分ある曲で、やはりメタルコアに近く
叙情性よりもストロングさがメインで、クサいギターソロも聴けるんだが
途中で何故か唐突にラップが顔を出し正直不要だ。


前作の流れを汲んだ叙情メロデス要素の強いメロディックメタルコアで、
前作と比べると大分演奏がタイトになり、プロダクションもまだまだ軽いながら
良くなった印象があるな・・・!流石にこうなって来るといい加減弱弱しい
クリーンVoが余計にも感じられたりするが、
前作に続いて相変わらず
ブレイクダウンは無く、メタルコアと言うよりもクリーンVo入りメロデスと
思って聴く事も出来るだろうか!?
ただ前作に続いてギターソロらしいソロが
ほとんど見当たらず、
メロデスとしてはそこに不満を感じるな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 Zombiefied  Mein Puls = 0
Tanz der Teufel  Infiziert  Das Ende von John Wayne







もどる


inserted by FC2 system