BabyDollSymphony







"THE CODE OF ALCHEMY"




日本のテクニカルヴィジュアル系オルタナバンド(プロジェクト?)のアルバム。


彼等もまたネット上で活躍するかなりのバカテクプレイヤー揃いのようで、本作は日本の
アニソンのカヴァー
らしいが俺は例によってサッパリである!(爆)まぁ2曲だけ知っている
曲があるがそれも勿論曲しか知らん(笑)。見た目こそヴィジュアル系だが音楽的には女性シンガーを
擁したオルタナ寄りのロックスタイル
でギターソロはHR/HM要素が濃くシンフォニックな
要素を見せる曲、パート
もあるが女性Voの気だるくも張りのあるエモーショナルな声質
相まって天野月子(現・天野月)を彷彿とさせる雰囲気が強くよくあるメタルとは一線を隠した
ムードを持っており
それが個性に繋がっておるのう・・・!ただ何故かは知らんが
ゴシック様式美カヴァー等と自称しておりそれに釣られ騙された(俺のような)メタラーも
多い
だろうに、そういういい加減な売り方は勘弁して頂きたいのう!(爆)ちなみに
メンバーの中にこくまろみるくと名乗る者がおるが快楽音楽堂の別プロジェクトとは
何ら一切関係ない、同姓同名の赤の他人だと思われる。

1曲目はヴァイオリンのピチカート、フルート系の音色がシンフォニックなムードを醸し出し
ピアノも登場するイントロで続く2曲目は壮大なムードを保ったままそこそこメタリックな
バンドサウンド、女性Vo
も登場しプロダクションはかなりスカスカだがゴシカルな退廃ムードを
醸し出すスローチューン
EVANESCENCE、WITHIN TEMPTATIONを辺りを彷彿とさせる
フィメールシンフォゴシック系の曲である!3曲目はスラップをかます
テクニカルなベース
で始まりシンセソロも登場し軽快なアップテンポで展開、ハモンドの
音色
も顔を出すライトな曲HR/HMというよりはオルタナ系に通じるムードもあるな。
中盤でまたシンセソロも顔を出しその後のギターソロはドラマティックなツインリードである!
4曲目はポップかつやはり退廃的な気だるいムードを感じさせる叙情オルタナで
ピコピコしたシンセ、ベースライン
も目立ちサビのメロディーはキャッチーで良いな。ギターソロは
アメリカンHRをテクニカルにしたような感じでバックでベースもスラップを決め
その後はストリングスがシンフォニックに盛り上がりただの轟音オルタナに終わらない
ドラマティックさがあるのう・・・!5曲目はSE、鐘の音、ピアノ、シンセストリングスが
ダークなゴシカルさを演出する短い繋ぎのインストで続く6曲目はそのままシンフォニックな
ゴシック要素
を保ち語りからハモンド、バンドサウンドが登場しアップテンポになるぞ!
かつてサンホラフォロワーとして一部のクサメタラーの間でも知られた
“雪、無音、窓辺にて。”
のカヴァーである!まぁアレンジとしては無難な印象もありテンポが
落ちている
のが気になるのう・・・!もうちょい爆走させたり大仰シンフォ要素を増したりして
クサメタラーを唸らせるようなカヴァーにして頂きたかったなぁ・・・!7曲目は何とALI PROJECTの
“跪いて足をお嘗め”
のカヴァーで、人を食ったようなヴォーカル、退廃的な雰囲気
かなり原曲に忠実だが打ち込みのピコピコ電子音が主体の原曲と比べバンドサウンドで
展開
しているので我々のようなリスナーにはこっちのほうがとっつき易いだろう!まぁどうせなら
“聖少女領域”“亡國覚醒カタルシス”みたいな超絶クサクサシンフォキラー
やって欲しかったと言うのが大半のクサメタラーの総意だ(爆)。8曲目は軽快なバンドサウンド、
打ち込みのデジタルリズムが聴けるライトなポップチューン。ハモンドも顔を出しベースラインが
目立つもギターの音がスカスカなのがやはりオルタナ系に感じられる部分か・・・!
ギターソロはエモーショナルな泣きのタッチでメロディー重視のプレイを披露しているぞ。
9曲目はどうでもいい楽屋ノリ(爆)のイントロが長々と続き極めてダサい、昔の歌謡曲のような
ナレーションからこれまた昔の歌謡曲的なダサさがプンプンと放たれる曲調でヴォーカルも
なぜか下手な女性Voが顔を出しこれまた歌謡曲的である!(爆)アコギ、アコーディオンのソロは
悪くないが9mm Parabellum Bulletとかとは明らかに異なる、歌謡曲の悪い部分が前面に押し出された
悪意すら感じさせるアレンジに仕上がっておりラストも台詞、楽屋ノリだ!(爆)


HR/HMでもなくプログレでもないスカスカさの薄いオルタナ寄りのバンドサウンド
様式美カヴァーなどと言う触れ込みの割にはそういった要素は一切無く正直詐欺と言える
内容だが(爆)、
そこかしこでテクニシャンである事を明らかにするようなプレイが顔を出し
どちらかと言えばスタジオミュージシャン気質が感じられるアルバムに仕上がった感があるな。
メタルだろうがジャズだろうがフュージョンだろうが何でも出来るプレイヤーがとりあえず
バンドサウンド、オルタナ系に落ち着いてみました
的な印象があり鳴り物入りで
シーンに出てきた
割にはちょいと・・・いやかなり無難な感じで個人的には演奏もアレンジも
もっと調子こいて良かったと思えるのう・・・!値段の割には微妙な1枚だが(爆)天野月子というか
女性Voになった流田Projectと呼べそうなムードがありそういった音が好きなら聴いてみる価値はあるかも知れんな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 67% お気に入り曲 天樂、奈落の花







もどる


inserted by FC2 system