BRYMIR







"Breathe Fire To The Sun"




フィンランド出身のシンフォニックメロデス/ヴァイキングメタルバンドによる1stアルバム。


2011年にSpinefarmからデビュー作である本作をリリースし、輸入盤ながらに
当時クサメタラーの間で騒がれた期待の新人で、2作目で日本デビューも決定し
勢い付く若手
である!キーボーディストのヤンネ・ビョルクロートがBATTLE BEASTにも
参加しており、そういう部分でも知名度が上がって来ているが、音楽的には
BATTLE BEASTとはまったく異なり、メロデス大仰なオーケストレーション
導入したシンフォニックデスとなっており、意外と音は軽くチープさ、B級臭さ
あるんだが、勇壮なクサさはペイガン、ヴァイキングメタルに通じるムードも強く、
EQUILIBRIUMに近い印象があるな・・・!

1曲目は大仰かつ壮麗なオーケストレーションによるイントロで、2曲目は細かいギターに
オーケストラが聴け疾走!音は軽めだが大仰さはあり、クリーンVoコーラスも聴けるぞ。
3曲目も大仰なオーケストラが目立ち、勇壮さ、壮大さが見られるペイガン系で、
途中ブラストと共に爆走するぞ!4曲目はスローテンポ雄大さを演出するが、
その後疾走するぞ。5曲目はメロデスに近いリフが聴け疾走、ホーン系の音色が目立ち
シンフォニックさもあるな・・・!6曲目もまた大仰さが見られペイガン的に疾走、
7曲目はシンフォニックさ、ペイガンさの強いミドル曲で、8曲目もまた勇壮で大仰な
アップテンポ
となり、9曲目はストリングス類が壮麗さを演出するが、その後はシリアスに疾走し
シンフォニックブラック
に接近するか!?10曲目は8分ある長尺曲で、やはり他の曲同様
大仰さ、壮大さの目立ったエピック、シンフォニックなペイガンメタルだな。


シンフォニックなメロデスかと思っていたが、蓋を開けてみたらかなり
エピック色濃いペイガン、ヴァイキングメタル寄りの音楽性で確かに
クサいと言えばクサいし、大仰なシンフォニックさも目立っているが
個人的には叙情、慟哭メロデスのほうが好みじゃのう・・・!全体的に
オーケストレーションは壮大さがあって良いが、バンドサウンドは軽くまだまだ
チープさも強くB級以上A級未満な印象があるか!?似たような曲
並んでいる印象もあるが、この手のエピックでシンフォニックな
ペイガン/ヴァイキングメタル
が好きなら楽しめるだろうな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Unconquerable  Burning Within
Retribution







"Slayer Of Gods"




フィンランド出身のシンフォニックメロデス/ヴァイキングメタルバンドによる2ndアルバム。


何やらクサメタラー達がこぞって「2016年の目玉!」と騒いでいるらしい、
フィンランド産シンフォメロデスバンドによる通産2作目のアルバムで、前作は
Spinefarm Recordsからリリースされていたが、本作はSpinefarmの創設者である
リク・パアッコネンが新たに立ち上げたRanka Kustannusからのリリースとなったようだ。
音楽的にはシンフォニックなオーケストレーションを導入し勇壮さと共に
民謡的なクサメロを聴かせ疾走するヴァイキングメタルで、前作同様
EQUILIBRIUMに近い印象があるだろうか!?

1曲目は重厚さ漂うシンフォニックなイントロで、2曲目は早速ブラストで疾走
勇壮なギターフレーズも登場、ヴァイキング、フォーク的フレーズが目立っており
3曲目はオーケストラ、クワイアがシリアスさを放ち疾走!4曲目はホーン系シンセが大仰さを見せ、
クワイアも交えつつ疾走、ギターはメロデス的な面があるか!?5曲目も勇壮に疾走しており
細かいギターも目立ち、ギターソロは流麗なシュレッドだな。6曲目はピアノ、チェロによる
クラシカルな繋ぎのインストで、7曲目は壮麗なストリングスと共に疾走しており、
大仰さ漂うホーンやクワイアも目立つぞ。8曲目もシンフォニックに疾走し
ブラスト、トレモロ
も登場、9曲目も壮大なオーケストレーションが聴ける疾走チューンで、
中盤クリーンVoが聴けるのう・・・!10曲目は細かいリフと共にこれまた疾走しまくっており、
クリーンVoにブラスト
も登場!その後は穏やかになりクワイアが幽玄さを放つぞ。
11曲目もやはりクワイア、オーケストラが目立ち疾走しているな。12、13曲目は日本盤ボーナスで、
前者は珍しく牧歌的フォーク要素が目立った能天気な疾走曲となり、後者は
オーケストレーション雄大さを放つインストである。


前作同様の壮大で壮麗なオーケストレーションを大々的に導入し疾走する
勇壮なヴァイキングメタル
で、よくあるフォークメタルのようなほのぼの感が無く
終始シリアスな空気が漂っているのが好印象だな・・・!前作に続いてやや音が軽く
そこが惜しいものの、クサいメロディーシンフォニックさ、ドラマティックさがあり
ヴァイキングメタル好きのクサメタラーにとっては確かにたまらんバンドじゃろう!
俺も10年前なら今よりもっと高く評価し、年間ベストに数えたかも知れんな(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system