BORIS THE BLADE







"The Human Hive"




オーストラリア出身のデスコアバンドによる1stアルバム。


オーストラリアから登場した若手デスコアバンドで、本作が彼らの初のフルアルバムらしいが
本作以前にシングルEPもそれぞれ1枚ずつリリースしている経歴があるようだ。
音楽的にはゴリゴリにへヴィなブルータリティーを発散するデスコアだが、トレモロリフ
交えメロデスメロブラに通じるメロディアスさも部分的に醸し出しつつリズムチェンジ
相当にカオティックさがありテクニックも高いのう・・・!

1曲目は早速のミシンのような高速ドラム、ゴリゴリな硬質リフで突進しグロウルも登場、
ビートダウンを放り込みつつテクニカルなリズムチェンジを多様しつつ何気に叙情的な
リードギター
も顔を出すぞ!2曲目も重々しい重厚なリフ、リズムに加えトレモロリフ
交えつつカオティックなテクニカルさも見せているのう・・・!ビートダウンがまた相当に
重苦しい
が、後半のギターメロディアスさを感じさせてくれるわい!3曲目はイントロから
メロディアスなリードギター
が顔を出すも、その後は重苦しいDjent風ビートダウンになり
凶暴さも目立ちつつテクニカルな面も見られるぞ!4曲目はこれまた重苦しさ満点の邪悪な
へヴィさ
を放つも、ギターはメロディックブラックばりの叙情トレモロを披露しピアノも登場!
5曲目はギターがカオティックさを放ちつつ叙情的なリードフレーズも披露されるが、重苦しい
ビートダウン
もやはり目立っているな・・・!6曲目はダークで怪しげなクリーンギター(?)に始まり暴虐に
吹き荒れるかのようなカオティックなへヴィサウンド
も登場!本作中特に疾走感のある
ファストチューン
変態的なテクニカルさも相当に目立っておるわい!中盤では珍しく
ギターソロ
も顔を出し流麗かつメロディアスさも内包したプレイを披露、その後はビートダウンである。
7曲目も暴虐なカオティックさを放ちつつビートダウンも炸裂、テンポは遅くともドラムは
やはりミシンのような高速刻みを披露しておる!8曲目はこれまたパワフルでアグレッシヴな
印象を放つ極悪デスコア
で、ビートダウンがまた重々しいがこの手のバンドの宿命か
ワンパターンな印象
もあるなぁ・・・!トレモロリフドラマティックメロディアスさもあり、
さらに不穏ながらも叙情性を放つリードギターも聴けるぞ!9曲目はイントロこそメロウなギターが
顔を出すも、
その後はやはり極悪ビートダウン怪しげなギターも登場、総じてギターが
手数の多さを見せている
だろうか!?10曲目はブラックメタルばりに禍々しい邪悪さを放つ出だしから
ビートダウン、爆走パートと続いていく極悪メロディックデスコアである!


重厚で重々しくもテクニカルなリズムチェンジ、叙情的なギターフレーズを導入したデスコアで、
真新しさがある訳では無いんだが適度なメロディアスさ、カオティックさがありある意味
聴き易いデスコア
と言えなくも無いだろうか!?ギターソロは殆ど無いオブリ等のフレーズや
リズムチェンジはテクニカル
で、BRAIN DRILLWHITECHAPEL程ではないが
ドラムが特に手数多く自己主張しまくっており、さらにメロディーが目立っているのは美点だろう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Serpents Crown  Mortal Procession  Atrophy
Malevolent  The Human Hive  Eulogy







もどる


inserted by FC2 system