BLAZBLUE







"BLAZBLUE ORIGINAL SOUNDTRACK"




日本のメタル系ゲームサントラの2枚組アルバム。


かつてうちのサイトでもサントラをレビューした、BGMが
完全メタルXの“紅”のリフをパクった事でも知られている(?)
日本の格闘ゲーム“ギルティギア”と同じゲーム会社の手がけた
ゲームのようで俺はもちろん知らん。あっち同様サントラでは
あるがその中身は純然たるメタルである!まぁ元々ゲームの
サントラというのは成立の過程でプログレを通過しており
同じようなジャンルに見せかけてあくまでも映画の流れを汲んだ
アニメのソレとは異なり十分にこっち側の音を出していると
言えるがここまで本格的なメタルが取り揃えられると
やはり嬉しくなっちまうのう!(笑)演奏も生のようで
腕のいいスタジオミュージシャンを起用したのか実に
タイトに纏まっているな。バタついていた“ギルティギア”の
サントラのほうとは大違いである!

シンフォニックな出だしから疾走メタルと化す1曲目に始まり
ギターがリードメロを奏でるノリの良いアップテンポの
ロックンロール風メタル
となる2曲目、ピアノで幕を開け
シンセがポップな質感を放つメロハー系の雰囲気を感じさせ
ギターが様式美ライクなフレーズを聴かせる煌びやかな
3曲目、ベース、打ち込み音が唸りインダストリアルな
質感
を放ちつつもストリングス系のシンセが舞い
クラシカルさ、シンフォニックさを感じさせツインリードも
なかなかにクサめなフレーズを奏でる4曲目、ベースがエグく唸りを上げ
ファンキーなカッティング、モダンへヴィネス系の
リフ
が聴けグルーヴィーさを出すもなぜかストリングス系の
シンセがシンフォニックさを放ち途中のホーン等が
サントラ的な風情を醸し出しギターソロも奥に引っ込んでいるが
登場するスローな5曲目、どこかオシャレなピアノ、ハモンド
ジャジーな質感を放ち非メタルな雰囲気のアップテンポとなる
6曲目、ヴァイオリンのピチカートで始まりキラキラチェンバロ
登場しバックでオルガンも鳴りクラシカルに展開、優雅さを
感じさせギターソロで疾走する様式美メタルチューンの7曲目、
シンフォニックなオーケストレーションで始まりノリの良い
ロックンロール風のモダンメタルとなりピアノも聴け
ツインリードも飛び出しこれまたシンフォさも感じさせ
ギターソロも聴ける8曲目、タイトなリフで幕を開けキラキラした
ポップス系のシンセも聴けるが基本はギター
オリエンテッド
な、聖飢魔Uでありそうな
キャッチーさを持ったアップテンポチューンの9曲目、琴、ストリングスが
というか中華な雰囲気を放つもすぐにノリの良い
メタルリフ
が聴けファンク風のカッティングも混ざる
ミクスチャー色を感じさせタッピングソロ
登場する10曲目、ウッドベース、ピアノがジャジーな雰囲気を放ち
その後メタルサウンドも登場、ジャズのサウンドにメタリックな
リフ
が乗ったアレンジとなりストリングスシンセ、ハモンド、
ギターソロも聴ける11曲目、チャーチオルガンで幕を開けギターも
登場し明るめのアップテンポチューンとなる12曲目でアルバム1枚目は
幕を降ろし、2枚目の1曲目は枯れたストリングスで幕を開け疾走するメロパワとなる!
ギターがクサめの主旋律を奏でタッピングによるソロも登場!2曲目はこれまた荘厳な
オーケストレーション
で始まりクラシカルなストリングスが勇壮さを演出、
ティンパニ等パーカッションも暴れそしてツインリードが登場!メロパワ、
メロスピ的な疾走
を見せるぞ!クワイアも登場しこの曲もクサいのう・・・!
3曲目もシンフォさ満点のイントロ、チャーチオルガンが聴け今度は
様式美的な色合いを醸し出しリズムは変拍子だ!そしてこれまたクサい
クラシカルなツインリード
が聴け途中ストリングス、
チェンバロ
のパートも顔を出しますますクサい!(爆)
4曲目はギターで始まりドラムが暴れアップテンポで展開する正統派寄りの
メタル
だがギターフレーズはどこかフュージョンっぽい
明るい雰囲気があるのう・・・!5曲目は和の雰囲気満点
イントロに続きモダンさのあるメタルとなるぞ!陰陽座がやらない和楽器と
メタルの融合
である!ワウをかましたギターソロも聴けその後は
シンフォニックサウンドと和楽器が入り混じる!6曲目は
ダークなオーケストレーションが聴ける短い繋ぎの曲で続く7曲目はクワイア、
ソプラノVo、
そして打ち込みのトランス系リズムがしばらく続き
そしてようやくギター、バンドサウンドが登場!ソプラノとともに疾走するが
そこまで本格的なラプソ系エピック・シンフォニックメタルではなく
インダストリアルゴシックの色合いも混ざっているな。
笛によるメランコリックでクサいフレーズも後半で登場しオーケストラも
盛り上がりを見せるぞ!
8曲目はパワフルなリフが聴け疾走する
スラッシーな曲で加工に頼ってはいるが一応デス声(?)らしきヴォーカル、
シンガロングも聴けるぞ!まぁかなり稚拙で素人臭いのだが・・・!(爆)
ワウをかましたギターソロも熱くまさにこの曲はモダンスラッシュメタルだ!
9曲目はツインリードが聴けシンセも登場するが基本的にギター主体の
疾走チューン
ヴォーカルの代わりがギターってな塩梅になっている。
飛翔感のある明るめのメロパワ風正統派メタルだな。速弾きソロも登場するぞ!
10曲目は暗めのチェロ、ヴァイオリン音、ピアノ、笛、クワイア
チェンバーミュージック的なクラシカルさを演出する
メランコリックな曲。メタルでは無いがこのダークさはゴシック的か!?
途中から勇壮さが出てくるな。生のオーケストレーションで聴きたかったわい・・・!
11曲目も笛の音、ストリングス、クワイアが聴ける物静かなシンフォニック曲。12曲目は
クラシカルなチェンバロがストリングスと絡みかなりシンフォニック
盛り上がるも打ち込みリズム、ギターが顔を出しインダストリアル風に変化する曲。
クサめではあるが展開の変化に乏しくそこが惜しいな・・・!
13曲目以降はNAPALM DEATHが様式美メタルやったような短い
効果音
的なトラックになる。最後はガメオベラ(GAME OVER)や〜(笑)。


サントラによくある1〜2分で終わるただのBGMではなく
多くの曲が4分くらいありちゃんとメタルとして構成
されている
のが良いな!ギターソロもキチンとあり
思った以上にメタルしておる!インストだが知らない
人間が聴いたら普通にメタルだと思うだろう・・・!
一部メタルじゃない曲、捨て曲も混ざっておりリフはあまり
練られておらずメロディーも弱さがあるもシンセ等の
アレンジがしっかりしておりそのおかげであまり
気になるものではないな。ゲームは今じゃすっかり
ご無沙汰
だがこういうLOUD PARKに出れそうな(?)
ゲームが出てくるとはまだまだ捨てたモンじゃないのう!
LOUD PARKとコラボして物販の横とかに並べといたらええのに(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Calamitytrigger、Lust SIN、
Bullet Dance、Queen of rose、Under Heaven Destruction、
Imperial Code、White Requiem、Awakening The Chaos、
Black Onslaught、Blood Pain、Limited Again







"BLAZBLUE ORIGINAL SOUNDTRACK〜Consumer Edition〜"




日本のメタル系ゲームサントラの2ndアルバム。


上記したゲームサントラの皮を被った本格的メタルアルバム
続編というべき2ndアルバムである!今回は1枚でヴォーカル曲
2曲収録されそのうち1曲はLOUDNESSの前身バンドとして
知られるLAZYでかつてヴォーカルを取っており今はJAM PROJECT
活動するアニソン/メタルシンガー影山ヒロノブが参加しておる!

1曲目はキャッチー極まる正統派のHR/HM影山ヒロノブの
熱いヴォーカル
が乗ったもろJAM PROJECTな曲(爆)。
分厚いクワイア系シンガロングもまさにそんな感じである!
2曲目は前作の1枚目の4曲目に女性ヴォーカルが入った曲。歌唱力は
正直弱く途中何とも恥ずかしい語りも登場するが
それでもキャッチーなメロディーが聴けるなかなかの曲。
ここまではいいが続くインスト曲は前作のようなしっかりとしたメタルではなく
打ち込みのオーケストレーションが主体でたまに電子音
出てくるごくごく普通の、ありふれたただのサントラに成り下がって
しまっており正直かなり微妙だと言わざるを得んのう・・・!
前作で見せたあのメタル魂はどこへ行ってしまったんだ!?
18曲目でバンドサウンドがようやく出てくるも曲調はたわけた
ただのポップスで気に食わん!(爆)



正直前作でガッツポーズしたメタルヘッズにはとうてい
オススメできんアルバムになっちまったなぁ・・・!
軟弱化したジャケの通りの内容はホンマモンのサントラ
好む層にならば愛されるやも知れぬがだったらオーケストラを
生にせん事には始まらんわい!
これならFF久石 譲
聴いたほうがいいかもなぁ・・・!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 67% お気に入り曲 お前の鉄槌に釘を打て、
Love so Blue〜蒼の鼓動〜







"BLAZBLUE SONGACCORD#1 with CONTINUUM SHIFT"




日本のゲームサントラメタルの3rdアルバム。


楽曲が完全にこっち側(つまりメタル)な事で知られる
へヴィメタルゲーム(!?)の最新アルバムで、様式美
シンフォメタル
の影響が濃い1stこそ良かったものの
続く2ndでは脱メタルしてしまい多くのメタラーを
ガッカリさせた・・・そして続く本作の方向性は
ちゃんとメタルに戻っており一安心である(笑)。
ちなみに今回は1stアルバムに収録された楽曲にヴォーカルを
加えて
装いも新たにした、どちらかといえば企画盤的な
色合い
を持った1枚となっている。

シンフォさもあるが正統派メタルライクなイントロの1曲目に
続き上手くは無いがメタル寄りと言えなくも無いなかなかに
熱い男Voが聴ける正統派メタル然としたアップテンポの2曲目、
シンフォニックなイントロに続きそこまでメタリックでは
ないがリードギターが聴けヴァイオリンもバックで
聴けつつ女性Voが歌い上げ、シンセストリングスが盛り上がり
ヴァイオリンソロも聴けその後ギターソロに繋がりさらに
チェンバロが聴けるクッサイ様式美系の展開
持っていく3曲目、和の雰囲気プンプンなイントロに続きノリの良い
リフ
が聴けラップ風の早口女性Voが登場するもやはり全体的に和風な、
Kagrra.を思わせる平安京メタルの4曲目、そして本作中最強レベルの
クサメロ
を聴かせる、まるでALI PROJECTがメタル化したかの
ような女性Voクサクサ様式美シンフォニックメタルを展開する
5曲目までがヴォーカル入りで、あとはラスト曲を除きインストとなっており
モダン寄りのリフにオルガン音が入りアップテンポでピアノが
軽やかなジャジーさを出しつつも根底はHR/HMな6曲目、
ヴォーカル曲で唯一1stに収録されていなかった3曲目の
インストヴァージョンの7曲目、これまた乾いたモダンなリフ
始まりシンフォニックなシンセも登場、ドラマティックなツインリード、
荘厳なオルガンが響き渡るシリアスなミドルチューンの8曲目、
メランコリックなストリングス、笛、クワイア音のシンセが聴け
シンフォニックに盛り上がり、その後ハードロック然とした
バンドサウンドでアップテンポとなり泣きのギター、ピアノ
メロディアスさを演出する湿り気を帯びた9曲目、
ストリングスがモーツァルトレクイエムのフレーズを奏で
シンフォニックに盛り上がりモダンなインダストリアル系の
リフで疾走、
ギターが主旋律を奏でシンセ、ピアノ、チャーチオルガンも
クラシカルに鳴り響きギターソロも聴き所の10曲目、
デジタルリズムにストリングス、ピアノが聴け途中でバンドサウンドも
挿入される穏やかなメタルバラード系の11曲目、
リリカルなピアノ、アコギが聴け媚び気味でイマイチな女性Voが聴ける
ポップスバラードの12曲目と、軟弱極まる
ミーハージャケ
とは裏腹にケツを除いて中身は見事に
本格派のメタルがカムバックしており我等メタル者が
胸を撫で下ろせる仕上がりとなっているぞ!


ヴォーカル入りとはいえ楽曲が1stと重複するので
そこの点で評価は分かれそうだがヴォーカルが入った事でクサい部分が
より目立っており
初めて聴くならかなり満足できるのでは
なかろうか!?だがまぁシンガーが全体的に上手くないって事も
リスナーによっては厳しいジャッジを下しそうだがクサメタルなんて
みんなこんなモンさ!(爆)
特に5曲目は一人でも多くの
クサメタラーに聴いてもらいたい
がこの1曲だけが飛び抜けて
クサく
それ以降のインストが悪くは無いがやや地味に
感じられてしまう
所も欠点か・・・!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Condemnation Wings 〜Cry Camellia…〜 、
Queen of rose 〜真紅の傍観者〜、Nightmare Fiction、Endless Despair







もどる


inserted by FC2 system