BLANKFIELD







"Fast Foward To End Of East"




日本の変態テクニカルメロディックデスラッシュミュージシャンの2ndアルバム。


これまた上海アリス幻樂団カヴァーを行うメタルミュージシャンで、
帯タタキには爆走エモーショナルメタルコアなどと書かれているが
実際の音楽性はそういったエモメタル要素はあんま(殆ど?)無く
ブラストビート多用でかなり爆走しまくっており部分的に
トランス系のシンセが聴けたりはたまたMESHUGGAHライクな
変態ミニマルリフ
が登場したりと1曲の中でさまざまなスタイル
目まぐるしく変化させており疾走感を相成ってジェットコースター的な
聴き心地
を感じさせる1枚に仕上がっている!

1曲目はトランス系シンセの音色で始まりブラストビートで
いきなりの爆走!
エモメタルコアと言いつつ音はかなり
デスラッシュ系だが後半でNIRVANAみたいなカッティングが
登場しこの辺がアメリカンな部分なのだろうか!?その後は
トランス化しBLOOD STAIN CHILDのようなトランスメロデスと
なるぞ!2曲目はうって変わってMESHUGGAHみたいな反復
ミニマル変態リフが聴け疾走!
これをやるというのは
かなりの演奏スキルじゃのう・・・!そのまま繋がる3曲目は
シンセが派手に舞いブラストビートで爆走しまくるアグレッシヴな
だがその後大人しいメロウなパートも顔を出し落差を感じさせ
緊迫感あるシンセも登場!ツインリードも印象的だな。4曲目も
テクニカルで複雑な変態リフが聴けるもやはり爆走だ!
ギターフレーズはもろに上海アリス幻樂団フレーズを奏でており
トレモロが聴けるギターソロのバックのリフも良いな。
5曲目は空間系のシンセにへヴィリフが聴けこれまた疾走し
ギターがリフにリードに自己主張しまくっておりプログレ的な
テクニカルフレーズ
も登場!6曲目はこれまたブラスト、派手な
ギターサウンドで爆走しシンフォニックというかアンビエント的な
シンセ
も聴けるぞ。7曲目もうねるシンセ、叩きつける様な
リフ
で疾走するアグレッシヴな曲だ!中盤とってつけたように
クリーンなギターが登場
しそのまま泣きのソロに突入、
ここら辺でエモさを補っているのだろうか!?(爆)


1曲の中にさまざまな要素が詰め込まれておりこれを
カオティックと見るか詰め込みすぎと見るかで評価が
分かれそうなアルバムだがどの曲も超アグレッシヴに
爆走しまくっている
のでファストチューン好きには
たまらんものがあるだろう・・・!全曲同じような
爆走
画一的な部分がありこういうメタルに慣れていないと
聴き疲れを覚えるやも知れんがまぁ収録時間は短いので
それほど疲労感は無いだろう。機械的な質感が強く
帯タタキにあるようなエモさは無いが捨て曲も無い
これまた極めて良質な1枚だ!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







"permutation suicide"




日本の変態テクニカルメロディックデスラッシュミュージシャンの3rdルバム。


非常に優れた技巧、アレンジセンスで極悪変態カオティックテクニカルモダンデスラッシュ
聴かせてくれる上海アリス幻樂団カヴァー、東方アレンジのみをやらせるのが
心底惜しいミュージシャンの1人で、本作は通算3枚目のアルバムに当たり内容としては
MESHUGGAH辺りを彷彿とさせるゴリゴリにへヴィな変態カオティックデスラッシュで、
そこに電子音アトモスフェリックな叙情パート、メロデス的なリフ東方メロディーを
奏でるリードギターが乗る
というもので前作の時点で既にMESHUGGAHタイプとして非常に
クオリティーが高く
メタラーの間でも話題になっていたが本作はさらに演奏のタイトさに加え
ブルータルでアグレッシヴ極まりない良質のプロダクションと全体的にさらにレベルアップしており
ヴォーカル無しの完全インストなれどデスラッシャー、エクストリームメタラーなら
おそらく誰もが納得出来るであろう凄まじいクオリティーを有しているぞ!

1曲目からいきなりカオティックゴリゴリにへヴィかつスラッシーなバンドサウンドと
これまた不協和音的な音色を放つピアノが聴け実に凶悪な変態デスラッシュが炸裂!
だが中盤でシンセ、ハープっぽい音色が聴けるアトモスフェリックな叙情パート
顔を出しアグレッションエモーショナルさが融合されその後はメロディアスな
ハモリのリードギター
も登場するぞ!2曲目はモダンでデスラッシュ的な音作り
なりつつもリードギターが東方フレーズを奏で、やはり聴き飽きたフレーズなんでそこが
個人的に惜しいが途中で電子音も登場しモダンなバンドサウンドに上手く溶け込ませ
今風っぽさを発散、ギターソロは短いながら流麗な速弾きも披露しその後ゴリゴリにへヴィな
ビートダウン
に突入するぞ!3曲目は何故か昔のファミコンのチープな音色ドラクエを
パクった(パロった?)ようなフレーズ
が聴ける短い繋ぎで続く4曲目はそのチープな電子音を
乗せた爆走デスラッシュ
が展開!ショボいファミコン音源モダンでタイト極まりない
デスラッシュサウンドを融合
させ恐れを知らないアレンジセンスを見せ付けるかのようだ・・・!(爆)
5曲目は叙情的なハモリギターがメロディーを奏でドラマティックさを出しつつもやはり
ゴリゴリにへヴィなメタリックさを放ちカオティックな変態パートも聴けるぞ!
中盤でアトモスフェリックなアレンジになりその後はテクニカルかつメロディアスさも
感じさせるギターソロ
が披露されそしてモダンさも放たれる!6曲目はシンセがこれまた
アトモスフェリックなムードを放ち電子音リズムも途中で顔を出す非バンドサウンドの
短い繋ぎ
で、7曲目はブラストで爆走しトレモロリフも聴けリズムは疾走したりテンポが
落ちたり
とせわしなくメロディーはやはり聴き飽きた系の東方フレーズなのが惜しいが
叙情性も十分に兼ね備えたアグレッシヴなエクストリームメタルになっているぞ!
後半ではピアノも聴けラストはシンセによるメロウパートで締めだ。8曲目は比較的
ストレートな疾走
を見せるメロディックデスラッシュで途中ビートダウン的なリフが聴け
そしてちょいと静寂になった後に再びメロディアスに疾走する、本作としては非常に
判りやすいアレンジの曲
になっておるのう・・・!


重々しくタイトな良質のプロダクション、変態的変拍子を見事に決める高度な演奏スキル、
所々にメロウさも兼ね備えたカオティック変態デスラッシュアレンジと、デスメタル、
エクストリームメタルとして非常に完成度が高く
海外のバンドと比較しても何ら遜色無いと
思えるレベル
に到達しているぞ!これでデスVo入りのオリジナルをやってくれたらホント、
何も言う事は無いんだがねぇ・・・!(爆)つくづく東方やらせておくのが惜しい
ミュージシャン
である!WHITECHAPELみたいな超極悪ガテラル系のデスシンガー
ピッグスクィール交えてヴォイヴォイ吼えて欲しいがどうかね!?




オフィシャルで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 Darkness Falls、Border Of Life、Dark Road、
Retrospective City、Wriggle.







もどる


inserted by FC2 system