BLAKFISH







"Champions"




イギリス出身のカオティックハードコアバンドのアルバム。


残響レコードから出てきたツインヴォーカル体制の、デス・ポップと自称する
カオティックコアバンドでその音楽性はTHE DILLINGER ESCAPE PLAN
CONVERGE等の流れを汲む変態的なスタイルを濃く宿しているがバンドサウンドが
メタリックではなくギターの音色がかなりクリーン寄りで、どちらかといえばオルタナ系の
空気
を演出しており激しいコアなパートもあるがthe band apartとかに
通じるジャズ、フュージョン的穏やかテクニカル要素も強く
ヴォーカルは絶叫シャウトと伸びのある高音クリーンVoの両方が出てくるぞ!

1曲目はデリデリしたメタリックさの無いギターがカオティックなフレーズを
放ち変態的空気を演出しヴォーカルは絶叫シャウトを披露、そこまで
やかましくはないが確かにTHE DILLINGER ESCAPE PLAN等に通じる
雰囲気はあるのう・・・!それだけではなくどこか妙なノリの良さ、
キャッチーさ
もあり2曲目なんかやけに伸びのある高音クリーンVoも聴け
後半は穏やかなパートになるぞ!そして3曲目で急にヘヴィさを増し
アグレッシヴな絶叫
が登場するがその後は再び穏やかなクリーンギターが
マイルドに鳴り響くエモいオルタナパート
に突入!the band apart辺りを
思わせる要素
も持ち合わせているな。6曲目は絶叫で始まりようやく
アグレッシヴさ、怪しさが出てくる変態サウンドとなってくれるがやはりヘヴィではなく
例えるなら変拍子、絶叫の混じったARCTIC MONKEYSと言った所だろうか!?
7曲目も何とも怪しい雰囲気変拍子が混ざり変態さを出しているがやはり
へヴィさは無く基本はオルタナ系のバンドサウンドだな。10曲目は変態度を増した
テクニカルなギターフレーズ、絶叫寄りの怒号ヴォーカルが聴けコアさを出し
本作の中でもアグレッシヴなほうだと思うがうやはりへヴィではなくフュージョン風の
雰囲気
もそこはかとなく漂っているな・・・!11曲目も変態的なフレーズから始まり
怪しさもあり非メタルのカオティックコアになってくれるぞ!


変態フレーズ、変拍子は確かにカオティックだが激しさはあまり無く
the band apart系の穏やかフュージョンオルタナの要素が濃く
THE DILLINGER ESCAPE PLANやCONVERGEみたいなエクストリームサウンド
期待するとかなり肩透かしだろう!これならカオティックコアとは
名乗らずオルタナ方面にアピールしたほうがいいかも知れんな・・・!
ちょいと明るすぎる、爽やかすぎるのもマイナス点か!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Economics、I Saw A Car On Fire There Once、
9th Base、Scotland's Worst Invention







もどる


inserted by FC2 system