BLACK MAJESTY







"Stargazer"




オーストラリア出身のメロディックパワーメタルバンドによる5thアルバム。


オーストラリア出身ながら極めてジャーマンライク骨太系メロディックパワーメタル
プレイするもなかなか垢抜けずB級の領域から脱し切れないバンドである!(爆)本作は
通算5作目のアルバムで、初期の頃から音楽性は変わっておらずジャーマン系の
B級メロパワを聴かせてくれるが
意外と爆走しまくりでは無くミドルテンポの曲も
結構目立っており、ソフトな音作りヘナチョコ極まりない線の細いヴォーカル等
ショボさの残ったFREEDOM CALL
と言えそうな感じで煮え切らなさがあるもB級好きの
マニアにはこういう音こそご褒美だろう(笑)。


1曲目はシンセで幕を開けどこかポジティヴさのあるジャーマン系の音作りになり
勢いを見せるが意外にもAメロは淡々とした感じでヴォーカルも低音でディープに
歌い上げておるのう・・・!
その後はいかにもなキャッチーさを放ちジャーマン化、
ヴォーカル
非常に線が細く頼りないがそこもまたB級メタルライクよ!(爆)
2曲目はどこか叙情味あるキャッチーさを放つ曲調で、疾走はせずミドルテンポで
マイルドさ
もあるがギターやドラムはそれなりに正統派寄りだな。3曲目はいかにも
ジャーマンなムードを放つ疾走チューンでギターもピロピロ鳴りヴォーカルも音程を
外しながらヘロヘロと歌い上げておる!(爆)
途中からテンポダウンするがキャッチーさが
目立っており良いな。
4曲目はまた正統派寄りのミドル曲勇壮な部分もあるがやはり
ヴォーカルが足を引っ張っておるのう・・・!5曲目もキャッチーさのある
ミドル曲
ある意味80年代HM/HRに近い感じか!?6曲目は待ってましたの
ジャーマン系ポジティヴ疾走メロパワ
で、ツインリードキャッチーな明るさを見せ
途中でやはりテンポダウンするが後半また疾走するぞ!7曲目は淡々とした
マイルドなバラード
なんでこの稚拙極まりない下手糞ヴォーカルの
厳しさ
倍加されてしまっておるわい!途中から雰囲気が変わりプログレメタルに
通じるムードの正統派メタル
と化すぞ。8曲目は勢い良く爆走するジャーマンメロパワで
ギターフレーズ
も実に勇壮さがありFREEDOM CALLっぽいムードを感じさせるのう・・・!
9曲目は勇壮さの中にキャッチーさを感じさせるギターフレーズが聴けるミドル〜アップテンポ曲で、
10曲目はボートラ扱いアコギマイルドなヴォーカルが聴けるバラード。
ハイトーンで無ければ意外と悪くなくちゃんと歌えておるのう・・・!


ジャーマン系メロパワと見せかけておいて意外と正統派寄りのミドル曲が目立っており、
流石に5作も重ねているだけにB級メタルとしては音質は悪くないほうかも知れんが
やはりこのヘナチョコさ満点の貧弱ヴォーカル人によっては受け付けないだろうなぁ・・・!
声量が無く音程も怪しく実にショボいのだがかつて輸入盤を漁りまくってきた
B級クサメタラー
なら全然許容範囲だろう!ギターもどうにもモッサリ気味で
全体的に上手いとは言い難いバンド
である(爆)。もしこれで上手いシンガーに変わったら
相当に大化けしそう
だが、その一方でいつまでも愛すべきヘナチョコでいてくれ!という
ボンクラ意識も働いてしまう罪なバンドじゃわい!(爆)曲は悪くないので個人的には
マジに上手いシンガーに加入してもらいたいモンだ(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 Falling  Voice of Change  Holy Killers
Edge of the World







"Cross of Thorns"




オーストラリア出身のメロディックパワーメタルバンドによる6thアルバム。


極めてジャーマン的なパワーメタルをプレイするオーストラリア産のバンドで、
何気にキャリアは長く15年近くは活動しているようだ・・・!本作は彼等の
通産6作目で、どうやらリズム隊がチェンジしているらしいが音楽性の変化は無く、
ツインギターにシンセ入りのジャーマンメタル
を本作でもプレイしており、
バンドサウンド自体はそこそこパワフルで演奏もモッサリ気味でイモ臭いながら
それなりには聴けるレベルなんだが、相変わらずヴォーカルが相当に弱弱しくヘナチョコで、
相変わらずピッチも甘くまずシンガーを変えて貰いたいんだがどうだろうか・・・!(爆)

1曲目は早速のジャーマン的な疾走感を放つストロングなパワーメタルで、シンセも
交えつつ相変わらずヴォーカルが頼り無いなぁ・・・!2曲目もシンセがなかなかに
目立ちつつ勇壮なギターも登場、ミステリアスさもありつつアップテンポで展開しており
3曲目は怪しげなシンセに始まりシリアスな空気を放つミドル〜アップテンポになるぞ。
4曲目はアコギ、シンセが聴ける穏やかなバラードだが、途中からバンドサウンドが顔を出し
ミドルテンポのパワーメタルとなるぞ。5曲目はこのポジションで何故かゲイリー・ムーアの
有名曲“Out In The Fields”のカヴァー
で、ベタなチョイスといい半端な位置と言い
いかにもB級じゃのう・・・!(爆)ヴォーカルが下手糞な事以外は原曲に忠実だな。
6曲目はストレートに疾走するメロパワ、メロスピチューンとなり、リフの刻み等いかにも
ジャーマンな印象があるな。7曲目はエモーショナルな泣きのギターが聴ける
パワーバラード風のミドル曲。中盤でテンポアップツインリードが
メロディアス
で良いな。8曲目は正統派寄りのパワフルさが見られるアップテンポで、
ヴォーカルが上手ければかなりの良曲に化けただろうなぁ・・・!9曲目はストリングス系のシンセ
バックで舞うミドル曲。10曲目はストロングな印象のあるアップテンポのパワーメタルで、
ベースが唸りつつポジティヴなサビがまた王道メロパワ、メロスピな感じだな。
ギターソロがやけにモタついており下手なのが気になるが・・・(爆)。


前作とそう大差無い、煌びやかなシンセ勇壮なツインギターを擁するジャーマン系の
メロパワ
をプレイしておりこの手のHM/HRを好むリスナーに喜ばれるサウンド
展開しているんだが、ヴォーカルの弱さも健在でジャーマン系の無骨なパワーメタル
この細っちいヘナチョコ系ハイトーンはマッチしておらんなぁ・・・!ハイトーンに拘らず
馬力系のパワフルで骨太なシンガーにすれば一気に垢抜けると思うんだが、
この頼り無いB級ムードがたまらん!というマニアックなクサレメタラーも多いか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 75% お気に入り曲 Phoenix  Misery  One Life  Escape







もどる


inserted by FC2 system