BIRDS IN ROW







"You, Me, & The Violence"




フランス出身のカオティックハードコアバンドによる1stアルバム。


2009年にラヴァルで結成された3ピースバンドで、2011年にDeathwish Inc.
契約し翌年にデビューアルバムである本作をリリース、LOMA PRIETA、TOUCHE AMORE等と
ツアーを回り、後に来日公演も果たすバンドで、音楽的には粗雑で猥雑なラフさ、
勢いを重視したゴチャゴチャ系のカオティックコアだが、ただ爆走するのみならず
ミドル、スローパートも多く、初期のエモやメロコア、激情ハードコア等の要素も
感じられ、Voも絶叫のみならずパンク的な呻く様な地声も多様しているな・・・!

1曲目は早速の粗雑でラフな爆走カオティックコアになるが、途中でテンポダウンし
激情ハードコア的にもなるぞ。2曲目も猥雑な音作りだが、ミドルテンポで初期の
エモ
的な要素があり、3曲目もエモに加え昔のメロコアにも通じる1分の短い曲。
4曲目もミドル、スローテンポ怪しさを漂わせており、5曲目はエモ的な情緒
見られつつ猥雑なヘヴィさも見られるぞ。6曲目はノイジーなクリーンギター
淡々としたメロウさを漂わせ、歌い上げるクリーンVoも聴けるぞ。7曲目は久々に勢い良く
爆走するカオティックコアになるが、叙情パートも見られるな・・・!8曲目はスローテンポで
激情ハードコア的な空気を発散、9曲目はヒップホップ的なノリになるが、
10曲目はノイジーで禍々しいブラスト、トレモロで爆走!11曲目も激情ハードコア的かつ
カオティックコアらしい疾走感があり、12曲目は13分近くある大作だが、
終始淡々としたノイジーなポストロック風でダレるな・・・!この手のジャンルの開祖である
CONVERGEの“Jane Doe”みたいな事をやろうとして失敗しているような感じだな(爆)。


粗暴で粗雑なカオティックコアを基本としつつも、初期の怪しいエモ、メロコア
激情ハードコア等の要素も持っており、メロディーは無いが叙情性、憂いがあるな・・・!
それ故に疾走感は少なく、スロー、ミドルテンポが多く爆走を求めると肩透かし
なるかも知れんが、ただ凶暴なだけでは無い、ある意味聴かせるハードコアと言えるだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 81% お気に入り曲 Pilori  You, Me and The Violence
The Illusionist  Police & Thieves







もどる


inserted by FC2 system