BEYOND THE THRONE







"Scriptures Fade"




アメリカ出身のメロディックデス/メタルコアバンドのアルバム。


あまり情報の無いバンドだがおそらく新人本作がデビューアルバムだと思われる。
音楽的にはまさしく奇をてらわない王道中の王道を行く北欧メロデススタイルの
メタルコア
で、いかにもそれ系のリフワークにこれまたそれ系の咆哮、絶叫、
サビでテンポダウンしクリーンVo登場
メロディー重視のギターソロと実に
没個性な(爆)サウンドを出しているがリードギターのメロディーはやはり何というか
初期IN FLAMES臭プンプンなれどなかなかに良いフレーズを紡いでおり音は軽めで
迫力は無く
デスVoも平凡でそこまで爆走しているわけでも無くミドル〜アップテンポ
メインとなっておりへヴィ過ぎる極端なビートダウンも無くかなり聴き易いと言えるかも知れんな。

1曲目は鼓動のようなSEにアコギが登場しメランコリックなムードを演出、そしてバンドサウンドが
顔を出しメロディアスなリードギターも聴けそして疾走!極めて王道を行くメロデス、
メタルコア
でヴォーカルは咆哮と絶叫の2パターンでサビはダミ声クリーンVoのコーラス
なるのもまさしく定番中の定番!リードギターもメロディーを紡ぎソロもまたメロディアスな泣きを披露しておる!
2曲目はこれまた初期IN FLAMES直系のリードギターに始まり疾走はせずミドルテンポで
メロデス色濃いメタルコアを展開、
ギターフレーズがなかなか良くギターソロがまた
初期IN FLAMESまんま
で嬉しくなるな(爆)。3曲目もやはり北欧メロデス臭プンプンの出だしから
疾走しリフも実にメロデスそのまんまだが勢いがありバックのリードギターがまた良いぞ!
4曲目はモダンなへヴィさを感じさせるビートダウンで幕を開けサビは野蛮なダミ声が
男臭さを放つ
のう・・・!ギターソロはかなりメロディアスな泣きを見せておりこの辺は
オリジナリティー皆無ながらセンスを感じさせるな。5曲目はそのままメロディアスな
ギターソロ
から幕を開け疾走、サビは御馴染みクリーンVoいかにもメタルコアだが
後半では女性Voも顔を出すぞ。6曲目はダウンチューニングリフモダンなムード
醸し出すも基本はメタルコアでクリーンVoも聴けギターソロはやはりメロディアスな泣きだ!
7曲目はドラマティックなギターが盛り上がりを見せるもその後はスロー、ミドルテンポで
どうにも地味さがあるなぁ・・・!
ギターソロはやはり良くラストはへヴィになるぞ。
8曲目はこれまた印象的なギターが聴けどこかつんのめるようなリズムで展開、
サビのバックのリードギターがメロディアスで良くソロも聴き所だ!9曲目はミドルテンポの
出だしから久々に疾走!サビはテンポダウンし定番のクリーンVoも登場、2度目のサビ前は
ビートダウンになり中盤はクリーンギターがメロウさを演出、穏やかな
フュージョン風味
を醸し出しそしてメロディアスなソロに突入、多少は個性を出してきたか!?
ラストは本格的なビートダウン邪悪さを演出するぞ。10曲目はクリーンギター
幕を開けスラッジ風の引き摺るようなギターも登場、そしてスローテンポで
叙情的なリードギター
が顔を出す退廃的な哀愁を感じさせるがその後も展開し
大きく曲調が変わる事は無いが様々な表情を見せる長いインストだ。


メタルコア絶頂期に多くのバンドがやっていた北欧メロディックデス、初期IN FLAMES
スタイルを踏襲した王道以外の何者でもないメタルコアをプレイしており個性、
オリジナリティーはまったくもって皆無
なのだがリードギターのメロディーが
なかなかに良く
こういうスタイルを愛するリスナーなら十分に楽しめるだろう。
演奏技術に頼るタイプの音楽性ではなく
シンセも無ければ重さも無く全体的に地味に
感じられる
かも知れんがこういう叙情性を捨ててモダンになっちまったのが
今のIN FLAMES
とかなんで彼等みたいなバンドはシーンを盛り上げる意味で
ある意味必須なんだろうなぁ・・・!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 75% お気に入り曲 I Am The Lion  ...And You Are The Lamb  An Arsenic Vacation  
Alone At The Alter







もどる


inserted by FC2 system