BENIGHTED







"Necrobreed"




フランス出身のグラインドコア/ブルータルデスメタルバンドによる8thアルバム。


1998年にフランスで結成されたバンドで、本作は通産8作目となっており
どうやら本作でNECROPHAGIST、AGRESSOR、IMPERIAL SODOMY等の
ドラマーであるRomain Goulonが加入したようだ・・・!音楽的には
グラインドコア的な要素もあるブルータルデスとされているが、
全体的にはアグレッシヴでハイテンションなデスラッシュに近い感じで、
あまりドロドログチャグチャな印象は無く、むしろ勢いの凄さ
押していく、聴き心地の良いエクストリームメタルとなっており、
ブラストを多用するドラムに高音スクリーム、低音グロウルから
ピッグスクィールを聴かせるVoに加え、意外とギターがメロディーを
奏でている
のも好印象だな・・・!

1曲目はノイジーなベース、語り子守唄のイントロで、2曲目はいきなりの
絶叫&爆走で凶暴な勢いを放つハイテンションなファストチューンだが、
意外とギターはメロディーもあり3曲目もテンションの高い
ブラスト
で爆走しまくるぞ!4曲目も勢いある疾走チューンだが、途中怪しいベース、
シンガロング
も登場、5曲目も勢いあるブラストが目立ち、ピロピロギターも聴け
途中怪しいパートも顔を出すぞ。6曲目は禍々しいダーティーさのある疾走チューンで、
7曲目も勢い良く疾走する短い曲で、7曲目はギターが荘厳さすら感じさせ、途中で唐突に
怪しいオルゴールも登場、音質の良いブラックメタルとも形容出来そうだな・・・!
9曲目も勢いある疾走チューンで、ストロングなノリも見られ10曲目もテンション高めの
爆走ブルデスである。11曲目は禍々しさを感じさせる出だしに続きこれまた疾走!
ハードコアテイストがあるだろうか!?12曲目はシンガロング
ブラストが聴け、早口グロウルも印象的な怪しい曲だ。


グラインドコア/ブルデスと言うよりはデスラッシュに近い、終始勢いに
満ち溢れたハイテンション極まりない爆走エクストリームメタルで、
上記したようドロドログチャグチャな印象は皆無で、むしろ爽快さすら
感じさせてくれる疾走感
はどちらかと言ったらデスラッシュ
近いのかも知れんな・・・!疾走曲ばかりメロディアスなギター
顔を出し、それでいて楽曲構成もなかなかにしっかりしており、
ただ勢いがあるだけで無くちゃんと「聴かせる」デスメタルをプレイしているのが良いな。
似たような曲ばかりかも知れんが、プロダクション、演奏も良くVoも技巧派の
スキル
を発揮しており、全体的にハイレベルなデスメタルと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system