BEARTOOTH







"Disgusting"




アメリカ出身のポストハードコアバンドによる1stアルバム。


元Attack Attack!のフロントマン、Caleb Shomoが新たに結成した新人バンドで、
音楽的にはデジタル音、ダンサブルな要素メタルコア、ポストハードコアに導入し
今流行りのピコリーモの走りとなったサウンドを披露していたAttack Attack!とは異なり、
へヴィさ、メタリックさは薄いながらもハードコア色濃い無骨なタイトさ、アグレッションを
放つ硬派なスタイル
を見せており、デジタル音シンセも使われておらずバンドサウンド一本で
勝負している
ものの、部分部分で軽快なノリの良さ、リズミカルさを見せたり異様な
キャッチーさを放つクリーンVo
が聴けたりと、ある意味で軽薄なムードは残されているか!?

1曲目は乾いたギター咳払いで始まりハードコア寄りのへヴィな無骨さを放ち
絶叫シャウトも登場、グルーヴィーかつリズミカルさがあり、サビはクリーンVoで
それなりにキャッチーなラインを歌い上げるのう・・・!
途中短いながら疾走する
パート
も顔を出し後半はビートダウンである。2曲目はハードコア色濃いストロングな
疾走感を放つファストチューン
だが、穏やかなテンポユルめのクリーンVoが聴け
妙に胡散臭くもキャッチーなメロディーも聴けるぞ!3曲目はヘヴィなギターリフに
ベース
が唸りワイルドなノリの良さを見せるハードコアらしいアップテンポチューンとなり、
これまたサビ等相当にキャッチーで軽快なシンガロング、コーラスが登場するぞ!
4曲目はミドルテンポで淡々とした印象があり、サビは良く聴くとシンセは使っていないのだが
シンセっぽい音と共にチャラいキャッチーさ、ポップさを放つのう・・・!後半はこれまた
キャッチーさ満点のコーラスである。5曲目はテンションの高いシャウト高音で刻む
信号音のようなギター
が聴けへヴィな印象もあり、6曲目はモダン寄りのへヴィグルーヴを発散し
ワイルドなノリを放つも、ヴォーカルはどこかメロコアに通じる部分もありサビがまた
相当にキャッチー
だな。7曲目はちょいとシリアスな印象のあるギターの刻みが聴け煽るような
シャウト
も登場、その後はメロコアとメタルコアの中間を行くような疾走感を放ち、サビはこれまた
キャッチーさ満点のクリーンVoが聴けるぞ。8曲目はデリデリしたギターが登場し淡々とした
リズム
で展開、アップテンポのパートもあるが基本はミドルテンポで怪しさを見せつつも
やはりサビはキャッチーだな。9曲目はパンクっぽいギターが聴けその後は疾走!
これまたキャッチーさが強く、どこかメロコアに近い部分もあるか!?10曲目はチャラさすら感じさせる
キャッチーなコーラス
に始まり軽快なノリを見せるアップテンポ曲だ。後半はビートダウンになるぞ。
11曲目はメロコア要素の強い疾走感を放ちつつも、ギターリフはヘヴィでアグレッシヴな
勢い
を感じさせ豪快な印象もあるのう・・・!12曲目はノイジーに垂れ流されるギター
嘆くようなヴォーカルが聴け、激情ハードコアのような退廃ムードを放つもそれだけでは無く
メロコア、ハードコア的な印象も残っているか!?


デジタル要素が目立っていたAttack Attack!とは異なりハードコアライクなバンドサウンド
オンリー
で勝負しており、硬派で無骨な印象もあるがそれ以上に目立っているのが
ダンサブルさすら感じさせる軽快なノリの良さ
及び異様なまでにキャッチーな
フックを放つポップなサビメロだろう・・・!
あまりにキャッチー過ぎて曲によってはもうクサさすら
感じさせる程
で、ピコリーモでも無いのに異例のチャラさがあるも意外にもそれが
あざとい感じでは無く、
逆に魅力的に聴こえセンスの凄さが伺えるのう・・・!例えるならどう考えても
男を騙すクソビッチなのに何故か憎めず愛着が沸いてしまうような感じか!?(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 Beaten In Lips  Body Bag  Relapsing
Ignorance Is Bliss  I Have A Problem  Dead







"Aggressive"




アメリカ出身のポストハードコアバンドによる2ndアルバム。


元Attack Attack!のCaleb Shomoによる新バンドで、音楽的にはデジタル音こそ
見られないものの、軽薄さ漂う典型的な今風のチャラいポストハードコアなんだが
その圧倒的なまでにキャッチーでフックあるメロディーラインが話題を呼び、
さながら極悪非道、凶悪なビッチでありながらも何故か愛らしい、バットマンの
(最近じゃスーサイド・スクワッドか)女ヴィラン、ハーレイ・クインのようなバンドである(爆)。
本作は通産2作目で、方向性としては前作の流れを汲んだ、デジタル音に頼らず
ハードなバンドサウンドで攻めるキャッチーなポストハードコアで、
ゴリゴリさは無くグロウルよりもクリーンVoが多く、曲によってはエモや
パンク、メロコア的な印象
も見られるだろうか!?

1曲目は怪しげなVoで幕を開けメタルコアらしいサウンドのミドルテンポで展開、
2曲目は憂いを放ちつつ軽快さのある疾走チューンで、パンク、メロコアに近く
Voにはエモさがあるな・・・!3曲目は軽快なノリの良さが見られ、Voラインは
メロコア寄りのキャッチーさが目立っているな。4曲目はスクリーモに近い印象があり、
淡々としつつも軽快で5曲目はヘヴィ寄りのリフと共に軽快さ、キャッチーさを放っており
6曲目は穏やかなキャッチーさのあるエモ寄りのミドル曲だ。7曲目はハードな勢いのある
アップテンポチューン
で、サビがやはりキャッチーで良く8曲目はハードコア的な荒々しい
勢いのある疾走チューンだ!
9曲目はチャラさ一歩手前の軽快なキャッチーさが見られ、
10曲目はDjent寄りのリフが聴けるがやはり軽快さもあり、11曲目もアップテンポで
軽快な勢いを放ち、サビも例の如く相当にキャッチーだな・・・!12曲目は気だるさ漂う
淡々としたバラード風の微妙な曲だ。


前作の流れを汲んだ、そこまでヘヴィでは無いがハードな勢いのある
バンドサウンドにキャッチーさ満点のVoが乗るポストハードコアで、
メタルコアではあるが上記したよう、曲によってはエモ、スクリーモや
メロコアに近い印象
があるだろうか!?今風である事に違いは無いが、
どちらかと言ったらそこまでヘヴィでは無い一昔前のスクリーモが
好きなリスナー向け
かも知れんな・・・!前作程のインパクトは無いが、
本作も高い水準で楽しめる1枚だと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Hated  Loser  Burnout
Always Dead  Rock Is Dead







もどる


inserted by FC2 system