BATTLASH







"Die by Die"




日本の正統派スラッシュメタルプロジェクトの1stミニアルバム。


主にM3でアルバムをリリースするメタルミュージシャンだがその音楽性たるや一切の奇を
てらう事の無い王道を行く極めてストレートなスラッシュメタル!
ベースの自己主張が
激しい
のが特徴だが超がつくほどの正統派スラッシュでこの手のシーンに良くある女性シンガーが
ヴォーカルを取るような事はなくいかにもスラッシュメタルな吐き捨ての男Voとなっており
一切の媚びは無い!なぜM3とかで活動するのか判らんほどに剛直な硬派スラッシュメタルをプレイしておる!

1曲目から早速のアグレッシヴなスラッシュメタルで意外とプロダクションも悪くなく
ベースもバックで唸り疾走、ヴォーカルは吐き捨てタイプの典型的スラッシュメタルスタイルだが
稚拙さがあるのは否めず苦しさが感じられるな・・・!ギターソロはなかなかに流麗ベースソロも
顔を出すぞ!
2曲目もリフがカッコいいパワフルで剛直なスラッシュメタルでギターソロは
多少のメロディアスさを見せつつもやはりスラッシュメタル然とした速弾きである。
3曲目はパンク的な軽快なノリを持ったスポーティーなアップテンポ曲でライヴでスラムダンスを
誘発するタイプの曲
だな。ギターソロはハモリで急にドラマティックになりメロディアスな
プレイを披露するぞ!4曲目はイントロから期待感を煽り当然のように疾走、さらにギターが
メロデスというかVOLCANOに通じるドラマティックなツインリードを披露、その後ヴォーカル、
リフはなぜかパンク/ハードコア、メロコア風になるがアグレッシヴな疾走感が衰える事は無い!
ツインリードから始まるギターソロも速弾き主体の劇的さがあるのう・・・!5曲目はベースで
幕を開けパワフルなアップテンポになる
どちらかといえば正統派メタルに近い曲。ベースが
実に唸りまくっておるのう・・・!サビ(?)にあたるパートはテンポダウンしバックのギターが
これまたVOLCANOっぽいメロディーを弾いているぞ!


ギタープレイにVOLCANOっぽい部分があり一部で高速メロコア風になったりベースが
やけに自己主張している
点を除けば奇をてらう事もしなければギークに媚を売る事もしない、
ただただ硬派で剛直な、ストレート極まりない王道を行く正統派スラッシュメタルをプレイしている!
「萌え〜、萌え〜」が基本概念のアキバ・ギークがメインの客層のシーンで活動するには厳しいが
普通にメタルシーンでアピールすればなかなかにいい線行きそうかも知れんのう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 Cursed beast、Die by Die、Far other side、Fang and blood







"Metal Disorder"




日本の正統派スラッシュメタルプロジェクトの2ndミニアルバム。


一切の媚びが無い質実剛健、剛直極まりない硬派なオリジナルのスラッシュメタルをプレイし
メタルヘッズにアピールするプロジェクトの2作目のミニアルバムである!どうやら普段はELECTRIC RED名義で
東方アレンジ/上海アリス幻樂団カヴァーエクストリームメタルアレンジ
行っているようだがその一方でしかとオリジナルをやりたい欲求も本プロジェクトで満たしているようだ。
この傾向は良いのう・・・!音楽的には当然前作と変わらずVOLCANOっぽいギターを部分的に取り入れ
ベースが自己主張しまくる正統派のスラッシュメタルだが今回さらにギターが屍忌蛇氏のプレイに
接近しており
全体的にVOLCANO・・・というよりはGARGOYLEに近い雰囲気が発散されており
より我々好みのスタイルに接近しているぞ!

1曲目から早速イキのいいストレートなスラッシュメタルが炸裂!プロダクションは1stと比べて
向上しており
ドラムの音などまるで80年代メタルライク懐かしい気分にさせてくれるのう・・・!
ヴォーカルは変わらんが熱い野郎シンガロングも聴けるぞ!ギターソロはスラッシーながら
メロディー重視のプレイも披露しており好印象だな。2曲目は早速のギターソロで幕を開ける
剛直なスラッシュメタルでヴォーカルはやはり弱いがシンガロングは熱いぞ!後半のギターソロは
どこかエキゾチックなメロディーを弾いているのう・・・!3曲目はドラムで始まりパワフルな
リフ
と共に疾走開始、ギターのオブリがドラマティックでやはりVOLCANOっぽい所があるな・・・!
4曲目はヴォーカル、シンガロングが猥雑な絡みを見せるストレートなスラッシュメタルだがバックの
リードギターがやはりVOLCANO風・・・いやヴォーカルが吐き捨て系なんでこれはGARGOYLE風と
言ったほうが正しいか!?
ギターソロもメロディアスで大きな聴き所だと言えよう!5曲目は珍しく
アコギがメロウさを演出する繋ぎのインストで6曲目はドラマティックなリードギターが大仰さを
演出しそしてパワフルなリフ、リズムで疾走するストレートな硬派スラッシュメタルだ!
中盤のリフもドラマティックでたまらんのう・・・!ギターソロもワウをかました泣きの風味が強く
慟哭の領域まであと一歩の所まで来ておるのう・・・!


前作以上にVOLCANO的なギタープレイが増しておりリフもカッコよく非常にクオリティーの高い
メロディアスなスラッシュメタル
に仕上がっておるのう!前作にあったパンク的な曲も無くなり
より本格派に接近した感があるがさらに本気でスラッシュメタルとして活動したいのならば
この弱弱しいヴォーカルが課題だな・・・!まぁだからといって特に上手いシンガーを必要とは
していないジャンル
なんで今後どうなるかは判らんのだが・・・!(爆)まぁそれはともかく、
リバイバル的流れを常に感じさせつつもメタルコア、デスコア等に押されエクストリームメタルとしては
斜陽なスラッシュメタルをここまでストレートにプレイしてくれるバンドはある意味貴重(?)なんで
今後も音楽性を変えず硬派に活動していってもらいたいモンじゃて・・・!VOLCANO風味を
増すのは個人的には物凄く嬉しいがな!(爆)





オフィシャルサイトで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system