ArsMagnA







"PhantasmagoriA T"




日本のシンフォニックゴシック系プロジェクトのメンバーが集った1st企画アルバム。


-LostFairy-、Ariabl'eyeS、Seraph、ネクロフィリカ等と言ったここ最近頭角を現してきた
シンフォニックゴシック系のプロジェクトが一堂に集った新たなプロジェクトで、
本作は1作目にあたるコンピレーションアルバム的な立ち位置となっておりそれぞれが
提供した楽曲が全7曲収録されている。
そんなわけで音楽的には言わずもがなだがHM/HR要素を持った
バリバリの女性Voシンフォニックゴシック系のスタイルを見せておりこういうサウンドを
好むリスナーならばガッツリと楽しめるであろう!

1曲目は-LostFairy-による曲でハープの音色に女性Voが乗りメロウかつファンタジックな
ムードを演出、
そしてバンドサウンドチェンバロが顔を出しヴァイオリンと共に
アップテンポで展開、
ギターリフは音は良くないがハードロック要素がありチェンバロが
クサさを出しているな・・・!Aメロはリフが無くなりV系的展開を見せるがシンセは
オブリを放り込み
Bメロから疾走感を増しサビ付近ではオルガンの音色もバックを
固めておるのう・・・!
インストパートはチェンバロに始まりヴァイオリンが舞い
メロディー重視のギターソロ
が聴けヴァイオリンとも絡み合うぞ!2、3曲目はSeraphによる曲で
前者は煌びやかなシンセ、女性Voに始まりチェンバロ、ヴァイオリン、
ハードロック的ギター
も顔を出すが非常に怪しげでシアトリカルなムードが漂っており
ヴォーカルメロディーはキャッチーでクサいのう・・・!インストパートは
ヴァイオリンのソロと共に疾走し
これまたクサさを見せているぞ!後者はどこか
アトモスフェリックな空間系の音作りを見せるイントロからトランス系のデジタルサウンド、
デジタルビート
が顔を出しつつもヴォーカル、ピアノはやはりゴシカルだな。結構ベースが
目立っておりサビはそれなりにキャッチーさがあるがもう一歩踏み込んだクサさが欲しいか!?
4、5曲目はネクロフィリカの提供曲で前者は軽快なノリのギターリフが聴けつつも
オルガン、シンセがやはりダークでシリアスなゴシックムードを放ち疾走感も見せるが
女性ヴォーカルは抑揚の無い淡々とした低音怪しさを出しているのう・・・!
後者はチャーチオルガンが重厚さを見せ音は軽いモダン寄りのギターリフ、
手数多いドラム
が動き回りストリングスも登場しカオティックな絡み合いを見せ
ヴォーカルはヴィジュアル系スタイルの怪しい男Voでどこかあさきを彷彿とさせるか!?
インストパートはストリングスリフピアノ不協和音で絡みまさしくヨーロピアン
シンフォニックメタル化したあさき
と言えそうな曲調である!ラストはツーバス連打で
疾走するぞ!
6曲目はAriabl'eyeSの曲でピアノが穏やかなムードを醸し出し
クリーンギターも登場、その後はリードギターが明るめのメロを弾き女性Voも顔を出し
妙にほのぼのとした平和的な曲調となるゴシカルさ、ダークさの一切無いポジティヴな
スローチューン
である!ギターソロはメロディアスでブルージーさも感じさせるフレーズを紡いでいるが
もうちょい泣きの感情表現が欲しい所だな・・・!7曲目はこれまたピアノで幕を開けバンドサウンドも登場、
ストリングスキラキラしたシンセポップス的ながらもどこか様式美風か!?
二人の女性シンガーによって歌われるヴォーカルメロディーは民謡調ともクラシカルとも
言えそうで言えない(?)クサいキャッチーさがあり良いのう・・・!中盤のシンセ、ストリングス、
コーラス
もまたクサくこういうポップスなら大歓迎である!


同人ゴシック系新陳代謝が進みこうやって新たなユニットやプロジェクト
バンバン顔を出すようになって来ておりシーンの活性化に繋がっているな・・・!本作を聴く限りだと
まだまだプロダクションやヴォーカル、演奏で弱い部分がある楽曲アレンジ、メロディーは
良質
でしかと先人達の跡を継ぐに十分なセンスは見せてくれていると言えるだろうか!?
あとはそれぞれに個性があればもっと良くなるじゃろうて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Worldend Prelude  眠れる森の魔女  リクエスト『離反』  Bottle Gourd







"PhantasmagoriA U"




日本のシンフォニックゴシック系プロジェクトのメンバーが集った2nd企画アルバム。


-LostFairy-、Ariabl'eyeS、Seraph、ネクロフィリカの4組が在籍する、ある意味インディーズレーベル的な
立ち位置のプロジェクト
による通算2作目のオムニバスアルバムである!本作もまた上記の
4組が楽曲を提供しており、それ以外に7曲目が各プロジェクトがコラボした楽曲となっているようだ・・・!

1曲目は-LostFairy-の楽曲で、ピアノ系シンセ女性Voで幕を開け軽めのバンドサウンド
共に軽快なキャッチーさを演出するもシンセの使い方はやはりゴシカルさがあるな・・・!
ギターソロメロディー重視のプレイである。2曲目はAriabl'eyeS提供曲となっており
クワイア系シンセ、チャーチオルガンゴシカルなクラシカルさを放ち疾走開始!
まさしく王道を行く同人クサゴシックメロスピと言った塩梅なれど、気だるさを持った
女性Vo
が顔を出すと共にテンポダウン一昔前のヴィジュアル系的な側面も見られるか!?
3曲目はSeraphの楽曲で、怪しく唸りつつもクラシカルさ漂うシンセ、4つ打ち系の
デジタルリズム
ストリングス、様式美系のクサメロが聴けるALI PROJECT色濃い
楽曲
になっているな・・・!続く4曲目もSeraphの楽曲となっており、怪しげなムードを漂わせる
ストリングス、女性Vo
ダークなゴシカルさを演出しベース、デジタルサウンドも登場、
サビはクラシカルに盛り上がりつつもシンセはテクノ要素が強いのう・・・!5曲目はネクロフィリカの曲で、
本作としては最もHM/HRに近いバンドサウンドが聴けるも雰囲気的にはイトケンに近い部分もあり、
ヴォーカルは低音で怪しげかつ大仰に歌うヴィジュアル系男Voである。サビは歌謡曲的な面もあるか!?
6曲目もネクロフィリカの曲で、クラシカルなピアノ、ストリングスで幕を開け音は軽いがへヴィ寄りの
バンドサウンド
も登場、ギターは相当にドゥーミーな印象もあるスローテンポで今後は女性シンガー
ヴォーカルを取るがどうにも弱めだな・・・!中盤以降で語りも顔を出すぞ。7曲目は各プロジェクトの
コラボナンバー
となっており、ガットギターのような音色、女性Voコーラスで幕を開け
一昔前のサンホラっぽいクサメロが登場しそのままストリングスを纏い疾走開始!
まぁAメロ以降はテンポダウンしてしまうが、クサさはキープされサビは盛り上がりを見せるぞ!
中盤のヴァイオリンシンセ、ギターソロも良くこの曲が本作中最もクサいと言えるやも知れぬ・・・!


全プロジェクトが同一の方向性を向いている中で各々が個性を出そうとしているのが
見て取れるが、やはり基本的に全員同じタイプなんでそこまで格差を出せているとは
言い難い
かも知れんな・・・!ガチのHM/HRでは無いと言うのもあるが総じて音質が
スカスカ
バンドサウンド等弱さが目立っているが、メタルでは無くヴィジュアル系の
流れを汲んでいる
と捉えれば抵抗も薄れるだろうか!?何だかんだでクサさはしかとあるので
クサメタラーならば本作も楽しめるだろうな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 Arlequin 〜美しき闇に咲く花〜  Sacred Sky
久遠の果てに  Angraeeum







もどる


inserted by FC2 system